オーストリア共和国は、ヨーロッパにある連邦共和制国家で、首都は、いわずと知れた、
音楽の都ウィーン。 約650年もの間、中央ヨーロッパにおいて、ハプスブルク家の帝国
として君臨し、第一次世界大戦前までは、イギリス、ドイツ、フランス、ロシアと並ぶ欧州
五大列強国とされていた。 1918年、第一次世界大戦での敗戦、並びに、革命により、
1867年より続いたオーストリア=ハンガリー帝国が解体し、共和制となった。

かつては、多民族国家であった旧帝国のうち、支配的な民族であったドイツ民族が多数を
占める地域のみにおおむね領土が削られ、現在に至っている。 1938年には、ナチス・
ドイツに併合され、敗戦後の1945年から1955年に掛けては、連合国軍による分割占領の
時代を経て、1955年に独立を回復した。 EU加盟以降は、同言語同民族でありながら、
複雑な国家関係が続いていたドイツとの距離が再び縮まりつつあり、一部では、ドイツ
民族至上主義が台頭している。



ドイツ語での国名、Österreich は、『東の国』という意味であり、フランク王国の頃にオスト
マルク東方辺境領が設置された事に由来する。 オーストリアは、しばしばオーストラリアと
間違われるが、オーストラリアは、ラテン語で『南の地』を意味しているため、オーストリア
とは語源的にも無関係である。

日本では、オーストリア大使館とオーストラリア大使館を間違える人もおり、東京都港区
元麻布のオーストリア大使館には、同じく港区三田の『オーストラリア大使館』への地図が
掲げられている。

flat550x550075f

オーストリアとオーストラリアの国名の混同は日本だけではなく、英語圏の国にも広く
見られ、聞き取りにくい場合には "European" (ヨーロッパのオーストリア)が付け
加えられる場合がある。 2006年10月に、駐日オーストリア大使館商務部は、
オーストラリアとの混同を防ぐため、国名の日本語表記を『オーストリア』から
『オーストリー』に変更すると発表した。

オーストリーという表記は、19世紀から1945年まで使われていた『オウストリ』という
表記に基づいている。 発表は大使館の一部局である商務部によるものだったが、
署名は、当時のペーター・モーザー大使とエルンスト・ラーシャン商務参事官の連名で
行われ、大使館および商務部で変更を検討し、オーストリアの国名の全面的な変更を
思わせるものであった。
 
20061115-01

しかし、2006年11月、大使は、国名表記を決定する裁量は日本国にあり、日本国
外務省への国名変更要請はしていないため、公式な日本語表記は『オーストリア』の
ままであると発表した。 ただし、オーストリーという表記が広まる事により、
オーストラリアと混同される事が少なくなる事を願っているとされた。
 
その後、大使館商務部以外では、大使館、日本の官公庁、マスメディアなどに
『オーストリー』を使う動きは見られない。 昨年度から、旧ソ連邦構成国家であった、
グルジアが、『ジョージア』と改名されたが、こちらもその名前が、どれほど定着する
のか、かなり懐疑的である。

オーストリアのドイツ語は、ドイツのドイツ語とは差異が大きく、ドイツ語の一方言とする
のか、または、別言語とするのか、言語学的に見ても、かなり難しいところ。 民族と
言語はドイツと同じだが、国家とその歴史がドイツとは異なるのがオーストリア。 国が
異なれば、言語も別であろうとするウクライナとは対極を行っている国。 普段は、
100%オーストリア・ドイツ語だけで話しているが、基本的に、標準的なドイツ語も喋れる
のがオーストリア人。

>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
にほんブログ村