オーストリア国内には、以下の6つのハイパフォーマンススポーツに対応した
ナショナルトレーニングセンターがある。

キャンパススポーツ・チロル・インスブルック
 (チロル州 インスブルック市) 国立インスブルック大学

ザルツブルグ・リフ (ザルツブルグ州)
   国立ザルツブルグ大学とザルツブルグ州の共同出資施設
   ※施設内に軍スポーツセンターもある

フォアアールベルグ(フォアアールベルグ州 ドルンビルン市)

 スポーツランド・オーバーエスタライヒ
  (オーバーエスタライヒ州 リンツ市)

ケルンテン (ケルンテン州 クラーゲンフルト市)

ウィーン・シュメルツ(ウィーン特別市) 国立ウィーン大学

10_2018

1999年にオーストリアでは、ハイパフォーマンススポーツの包括的な
支援を目的とした「オリンピックセンター」の公募が始まり、オーストリア・
オリンピック委員会による4年のオリンピック周期での施設指定制度が
導入され、2013年11月27日以降、国内にあるこれら全てのハイパフォーマンス
施設では、アスリートに対するスポーツ科学、心理学、医学、パフォーマンス
診断、理学療法、栄養科学、キャリアプランニング等のサポートが保障されて
いる。 これらの候補施設の中には、各種スポーツ施設、大学トレーニング
センターや軍施設等が含まれている。

オーストリア・オリンピック委員会による「オリンピックセンタ―」
としての評価基準

オーストリア・オリンピック委員会は、ある一定の基準を満たした
パートナーと「オリンピックセンター」としての協定を結んでいる。
この名称は、各オリンピックサイクルに合わせて、最大で4年間、一時的に
与えられるものであり、予算配分は地域のスポーツ施設からは独立している。
オリンピックセンターとしての評価基準は、オリンピック/ハイパフォーマンス
スポーツに対応しているかが最も重要視され、オーストリア・オリンピック
委員会は、オリンピックセンターの指定数を制限する権利を有している。

1. ガイドライン
● オーストリア・オリンピック委員会が定める各項目が満たされているか
2. 公募と評価
● 4年周期で施設指定のための公募を行い、オーストリア・オリンピック
   委員会が審査を行う
3. 全体的なシステム改善計画
● 施設やトレーニング方法等を含む指定による予算獲得後に改善出来る
   項目を提出
 
【過去のオリンピックセンター】

【軍スポーツセンター】
● ウィーン/ズュートシュタット
リンツ
● グラーツ
インスブルック
● ファーカーゼー
● ザルツブルク
ドルンビルン
● ホーフフィルツェン
● ゼーベンシュタイン

【HPスポーツ対応大学施設】
ウィーン
● ザルツブルク
● リンツ
インスブルック
クラーゲンフルト
● グラーツ
● レオーベン
ザルツブルグ・リフ
 
※赤字の都市は同一都市のため、同一施設、あるいは、近隣施設の可能性あり

各スポーツセンターは、スポーツ省から融資を受けており、通常はスポーツ
競技における何らかの専門性があることを特徴としている。 オーストリア
国内の7大スポーツセンターは以下の通り。

● ハイパフォーマンス スポーツセンター ズゥートシュタット
● 国内9州全てのサッカーアカデミー
● ノルディックトレーニングセンター アイゼネツ
● スキースクール シュラドミング
● 卓球トレーニングセンター シュトッケラウ
● バスケットボールトレーニングセンター クロスターノイブルク、
   ザンクト・ペルテン、ウィーン
● ハイパフォーマンスセンター ザンクト・ペルテン

olympiazentrum

【オリンピックセンター】
8482e2e387addd84d8c66aec0e3967fd-0

2011年1月1日、オリンピック機能センター・チロル・インスブルックの
暫定的な運用が開始された。 これは、チロル州、インスブルック市、
インスブルック大学の3者が連携した施設であり、ハイパフォーマンス
スポーツのサポートを目的としてインスブルック大学スポーツ科学研究所
(ISW)トレーニングセンターが2002年から行なっているサポート部門が
拡大されたものである。 2011年9月1日にはオーストリア・オリンピック
委員会から「オリンピックセンター」の指定を受けた。

8482e2e387addd84d8c66aec0e3967fd-1

この施設では、チロル州、インスブルック市、インスブルック大学が連携
することにより、ターゲットが明確化され、最適な環境作りの一環として、
ハイパフォーマンススポーツのシステム向上を目指している。 この
オリンピックセンターは、インスブルック大学スポーツ科学研究所(ISW)が
運営しており、インスブルック大学では、この他にも、オーストリア国内でも
有数の高度を誇るスキー場であるキュータイ(12月から5月まで滑走可能)に
ある高地トレーニングセンターとも連携しており、標高2,000mでの
トレーニングを行うことが出来る。

8482e2e387addd84d8c66aec0e3967fd-2

インスブルックは、既に3回の冬季オリンピックが開催された地であり、
1964年と1976年にインスブルック冬季オリンピック、2012年1月には、
第1回冬季ユースオリンピックが開催された。 この施設には11名の従業員が
働いており、理学療法士、栄養士、心理を担当する4名の外部ドクターが居る。

8482e2e387addd84d8c66aec0e3967fd-3
8482e2e387addd84d8c66aec0e3967fd-4
8482e2e387addd84d8c66aec0e3967fd-5

オーストリアでは、政府がスポーツ組織を統括しており、オーストリア
スポーツ機構(BSO)、オーストリア・オリンピック委員会(ÖOC)、
その他、協会や団体がある。

政府機関では、公共サービス・スポーツ省、防衛省、内務省がスポーツに
おける部門担当となっており、これとは別に、個々の特定分野は、他の省庁の
担当とすることが出来る。 

連邦スポーツ振興法2017(BSFG)に則り、Bundes-Sport GmbH (BSG)
(連邦スポーツ社)が資金配分機関として国家予算で設立され、法律的な
問題を解決するために国内に9つの地域スポーツ総局が設置された。

Bundes-Sportは、法律に基づく予算管理、その他補助金の取り扱い、競技
大会の推進活動、更には、大規模国際イベント(オリンピック、パラリンピック、
世界選手権、欧州選手権、オーストリア各地の主なイベント)の実施、女性
アスリート推進事業、科学的分析、障害者を含むハイパフォーマンススポーツの
推進活動を行なっている。

Bundes-Sportの監査役員は、スポーツ省とオーストリア スポーツ機構(BSO)
それぞれから1名の2名で構成されている。 非政府機関では、オーストリア
スポーツ機構が統括組織となっており、関連政府機関との調整業務を
行なっている。

オーストリア・スポーツ機構の正式メンバーは、オーストリア・スポーツ協会、
オーストリア・総合スポーツ協会、スポーツ連盟、オーストリア障害者スポーツ
協会、オーストリア・オリンピック委員会、オーストリア・パラリンピック
委員会等、現在60の業界団体がある。 特別会員には、オーストリア企業
スポーツ連盟、軍事スポーツ連盟等がある。

正式メンバーは、オーストリア スポーツ議会、オーストリア スポーツ協議会、
スポーツ専門家連盟の各委員会で投票する権利がある。

>>トップページに戻る





クリックをお願いします☆
にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
にほんブログ村