東京通詞 ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の多言語翻訳『東京通詞』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:ウラル山脈

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    ハンガリー語(自称はマジャール語)は、ウラル語族のフィン・ウゴル語派に
    属している言語で、同じ語族には、北欧で話されているフィンランド語や
    エストア語などがあります。 ウラル諸語の中でも系統的にハンガリー語に
    一番近い言語は、ロシアのシベリア地方で話されているウゴル語派の
    ハンティ語とマンシ語となっている。 しかし、同じ語派の仲間とは言う
    ものの、語彙も文法もかなり違っており、今では互いに全く通じない。

    19世紀末には、ハンガリー語の系統をめぐり、『ウゴル・トルコ語戦争』と
    呼ばれる大論争が起きた。 ハンガリー語は、フィン・ウゴル語と同系統だと
    主張する学者達との間で激しい議論が戦わされた。

    この背景には、ハンガリー語の語彙の中に少なくない数のチュルク系の語彙が
    含まれていること、母音調和という音現象があること、文中での文法関係を
    語に後続する自辞によって表すこと(膠着語の特徴)など、チュルク語派との
    共通性があった。 現在では、チュルク語系の語彙は、ハンガリー語の話者が
    かつてウラル山脈の辺りから中央アジアを経て、現在のハンガリーの地に移動
    する過程で借用されたものとされている。



    このように、周辺諸国の言語(インド・ヨーロッパ語族に属する)とは系統を
    異にすることから、ハンガリー語は、ヨーロッパの中にあって一風変わった
    言語とみなされている。 他の言語にあは余り見られない現象のひとつに、
    動詞の定・不定活用がある。 ハンガリー語では動詞が主語の単数・複数と
    人称だけではなく、目的語が定まっているか(定活用)、そうでないか
    (不定活用)によって、異なった変化をする。

    例えば、何でもいいのでペンを1本探している場合は、keres-ek(私は探す=
    不定活用)、特定のペンを探している場合には、keres-em(私は探す=定活用)
    のように使い分けなければならない。

    つまり、ハンガリー語では、動詞の活用語尾の中に主語だけではなく、目的語の
    情報も含まれている。 この現象は、ウラル諸語の中でも珍しいもので、
    フィンランド語やエストニア語には見られない。 定冠詞の用法とあいまって、
    日本語を母国語とする者にとっては、習得が難しい言語のひとつとされている。

    ハンガリー語の話者の頭の中では、いつも物事の定・不定が認識されていると
    言って良い。 この定・不定の区別に加えて重要なのが、人称の区別で、
    ハンガリー語では動詞だけではなく、名詞や後置詞、不定詞も人称変化をする。

    europesvg

    【ハンガリー語の今】
    言語は時間と共に常に変化しているが、これを言葉の乱れと非難する人も居れば、
    自然な現象だと認める人も居る。 ハンガリー語の例としては、動詞の中に
    ik 動詞と呼ばれるタイプのものがあり、変化の基となる語幹が -ik で終わっている
    動詞をこのように呼んで、他の動詞とは区別している。 その理由は、 ik 動詞は
    普通の動詞とは少し違う活用をするからである。

    tanul-ok(私は勉強する) lak-om(私は住んでいる)
    tanul-sz(私は勉強する) lak-sz(私は住んでいる)
    tanul(彼/彼女は勉強する) lak-ik(彼/彼女は勉強する)

    上の例からも分かるように、 ik 動詞の lak-ik(住んでいる)の1人称・単数・
    現在形では、規範的な文法に従えば、lak-om となるが、現在では、lak-ok という
    形も良く耳にする。 これは、ik 動詞と普通動詞の区別が失われつつある事を
    表しているが、こうした傾向は、既に17世紀に始まっており、かつでは仮定法や
    命令形でも存在していた両者の区別は現在では殆んど残っていない。

    この他にも、不規則変化をする名詞が不規則的な変化形を取るようになるなど、
    類似の現象がいくつか見られる。ハンガリー語では、日常的に使用頻度が高い
    語の中に不規則変化をするものが多いため、こうした傾向は学習者にとっては
    ことばの乱れどころか、かえって規則的になっているため、歓迎されるかも
    知れない。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    ロシアは、世界最大の国土面積を持つ一方で、人口密度は非常に低い。
    ソ連崩壊後は、大幅な人口減少が続いていたが、近年は、横ばい状態が続いて
    いる。  2013年の人口は、約1億4,350万人 となっており、世界第9位と
    なっている。

    隣国ウクライナの人口密度は、1平方キロメートルあたり、536人、アメリカが
    199人であるのに対して、ロシアの人口密度は、わずか57人となっている。
    その一方で、ロシアには、1000を超える都市があり、人口100万人以上の都市が
    少なくとも12ある。 ロシアの人口は、川や湖の周辺に集中しており、約73%が
    ウラル山脈以西の都市を中心とする都市部で暮らしている。

    a880d5d4c930

    ロシア連邦は、多くの共和国からなる連邦国家であり、それぞれの共和国に
    約180の民族が暮らしている。 最大の民族は、ロシア人であり、ソ連時代は、
    ロシア人の比率は、50%強を占めるに過ぎなかったが、ソ連崩壊後は、周辺諸国の
    相次ぐ独立とロシア人への差別等により、本国への移住を余儀なくされたため、
    現在では、約80%程度をロシア人が占めている。

    その他の主な民族としては、タタール人、ウクライナ人、バシキール人、
    イングーシ人 、チュバシ人、ブルガリア人、ラップランド人、コサック人等が
    居る。 多数の民族が暮らすロシアには、様々な言語、宗教、文化がある。
    しかし、タタール人の大半は、イスラム教徒であり、トルコ語とつながりのある
    言語を話す。 ロマ(ジプシー)のように、伝統的な習慣や文化をロシア人の
    宗教や社会と融合させている民族も多い。

    ロマ等、多くの少数民族が、過去に厳しい抑圧と差別を受けた経験を持っている。
    土地や各種の権利や、しばしば自由さえも奪われた。 21世紀を迎えても、
    尚差別に苦しむ民族があるが、少数民族の多くは、民族の歴史に新たな誇りを
    見出している。 少数民族の代表組織も結成された。

    russian

    【言語】
    ロシア語の筆記には、キリル文字が用いられるが、キリル文字が普及する前までは、
    伝道者のキュリロスと兄のメトディオスが9世紀に考案したグラゴール文字が使用
    されていた。 グラゴール文字に代わって、10世紀にスラブ語圏に広まったのが、
    キリル文字である。 現在でもキリル文字の変形がロシア、ウクライナ、
    ブルガリア、その他、東方正教会の近隣諸国でも使われている。

    ロシア連邦には、様々な民族が暮らしているため、100位上の言語や方言がある。
    連邦の公用語は、ロシア語であり、全ての学校でロシア語教育が実施されている。
    この他に、共和国や地域によっては、地元の言語を教えている学校もある。

    nebo1331

    【教育】
    ソ連時代の暮らしは、厳しかったが、学校教育は充実していた。 その結果、
    ロシアの識字率は、男性が100%、女性が99%という非常に高い数字が報告
    されている。 義務教育は、9年間で、小学校は、7歳から始まり、10歳で
    中学校に進む。 公的教育の大部分は無料だが、1990年代に入り、一部の公立
    大学で財政難のために学費の徴収が始まった。 高等教育期間に在籍する学生
    には、教育費の補助として、政府から少額の給付金が支給される。 ソ連の
    崩壊後は、私立学校の設立が相次ぎ、1998年までに約600の学校と250の高等
    教育機関が誕生した。 ソ連が崩壊したことによって、教育内容も大きく変化した。
    特定の政治理論に則った教育を行う必要性がなくなり、学生達は、ソ連時よりも
    客観的に自国と世界の歴史を学べるようになった。 かつて、反体制的である
    として禁止されていた本も、今では自由に使用出来るようになった。

     【生活】
    ロシア人男性の平均寿命は、1990円には65歳であったが、2002年には、59歳に
    低下した。 2002年の女性の平均寿命は、72歳となっている。 薬物の乱用、
    飲酒、ストレス、事故、慢性病等、健康を害する要因が全て増えているのが、
    平均余命の低下に関係すると考えられている。 これらの要因を悪化させるのが
    貧困である。

    ロシア国民の約3分の1が貧困線ギリギリ、あるいは、それ以下の状態で暮らして
    いるとされている。 それ以上の生活をしている人達も、多くが生活に苦しんで
    いる。 近年になって、モスクワでは、近代化が進んだが、その他、地方都市
    との格差が広がっている。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ