【尖沙咀】
九龍半島突端部にある尖沙咀(チムシャーツイ)は、香港でも指折りの
繁華街であると共に、かなりのディープスポット。 尖沙咀から九龍半島
突端部までは、歩いてものの数分程度。 そこから先は、スターフェリー
(2.2香港ドル=約33円)で対岸の香港島の中環(英語名Central)まで10分
程度で渡ることが出来る。

このフェリーは、24時間営業で、尖沙咀⇔中環は、地下鉄で行った場合、
直通で行く事が出来るものの、このフェリー乗り場から尖沙咀駅までは
歩くと5分以上は掛かるため、このまま香港の夜景を楽しみながら船の旅を
楽しむのも一興。

【香港中心部】
IMG_6085
IMG_6083
IMG_6080
IMG_6079
IMG_6086
IMG_6088
IMG_6093
IMG_6094
IMG_6099
IMG_6133
IMG_6131
IMG_6130
IMG_6129
IMG_6091

【重慶マンション】
空港で両替した香港ドルがそろそろ底を突いて来たため、香港一の
ディープスポットとも呼ばれている『重慶マンション(重慶大厦)』で両替。
一説によると、ここは、香港一の悪の巣窟とされているものの、単に
インド人しかいない超怪しげな建物なだけで、そこまで身の危険は感じない。

因みに、前回は、重慶マンション内にある激安ゲストハウスに宿泊したが、
上手く利用すれば、かなり利用価値大な香港一のホットスポット(笑)
内部はかなり薄汚いのとインド人しか居ないため、怪しさ満点♪ 旅行上級者
以外はお勧め出来ないとあちらこちらに記載されているのだが、翌日の
朝食もこちらでカレーを食べました(爆)

【香港島】
1日フリーチケットを購入していたため、一旦尖沙咀から香港島の中環へ
抜けた後、再度同じ路線で引き返して、左敦(英語名Jordan)で下車し、
廟街(通称男人街)へと繰り出しました♪ 男人街の外れには、翡翠を
取り扱ったこれまたディープスポットがありますが、その他、占いやら、
大〇のおもちゃやら、色々なガラクタが路上販売されており、怪しげな
雰囲気満点(笑) 尖沙咀からは、実は、香港島の反対方向に向かって
歩くと10分程度で左敦に到着出来ます。

ナイトマーケット
IMG_6101
IMG_6102
IMG_6104
IMG_6105
IMG_6106
IMG_6107
IMG_6108
IMG_6110
IMG_6111
IMG_6112
IMG_6113
IMG_6114
IMG_6116
IMG_6121
IMG_6125

【旺角 女人街】
男人街とは違った品揃えの女人街。 主に衣類や食べ物が売られています。
日本のバッタ物が沢山売られているため、本物と比較するのも楽しいかも
知れませぬ(笑) 日本ではなかなか見ることが出来ない、あるいは、
極端に高いフルーツが安価で沢山売られているため、珍しいフルーツの
食べ比べも良いかも♪

旺角(女人街)の周辺には、夜市だけではなく、歩行者天国もあり、夜に
なると路上ライブが繰り広げられたりと、香港の夜を代表する中心街。
日本で言うと、六本木のような場所だが、六本木の場合は、飲み屋と
いかがわしいおなごどもを取り揃えた店以外は全て閉店するため、街の勢いが
全く違います。

【100万ドルの夜景】
尖沙咀駅と尖東駅は地下通路で繋がっているものの、歩いて10分以上も
掛かるため、乗り換えにはそれなりの時間が必要となる。 九龍半島の突端部
では、毎日夜8時から無料の『シンフォニー・オブ・ライツ』が開催され、
東洋一のギラギラの夜景も夜11時を過ぎると、このような大人しい夜景に
なります。 香港の高層ビルの高さは100階を越えるため、アジア有数の
摩天楼となっています。『100万ドルの夜景』、『世界三大夜景』とも
言われている香港の夜景が楽しめるヴィクトリア・ピークス(広東語では
『山頂』)は、このビル群のすぐ裏側にある。

【お勧めの一冊】


>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
にほんブログ村