多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:アンデルセン

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    デンマーク語は、かつてヨーロッパ北部の多くの地域で使われたゲルマン語から
    派生した言語である。 12世紀には、スカンジナビア半島使われる言語は、
    西スカンジナビア語と東スカンジナビア語に分かれた。 前者は、ノルウェー語と
    フェローズ語で、後者は、スウェーデン語とデンマーク語である。  しかし、
    現代の北欧三国の言語は、非常に良く似ている。

    デンマーク語は、長い歴史を通して何度も外部からの影響を受けた。 キリスト教の
    伝来は新しい単語とアルファベットをもたらし、ハンザ同盟との接触は、ドイツ語
    からの多くの借用語を招いた。 都市住民と地方との生活格差が広がるにつれて、
    方言が発達したが、18世紀には、リグスモーレットと呼ばれる標準デンマーク口語が
    使われ始めた。 19世紀末の言語改革によって、リグスプロゲットと呼ばれる
    標準的な文語デンマーク語が成立した。

    デンマークからは、多くの偉大な作家や学者が輩出された。 デンマーク文学の
    創設者と呼ばれる18世紀のルドヴィー・ホルベアは、当時の社会を批判する喜劇を
    書き、歴史に関する著作を数多く著したり、詩を書いたりして、言語としての
    デンマーク語の形成に寄与した。

    03b904b

    最も有名なデンマーク人作家のひとりに、セーレン・キルケゴールがいる。
    1813年生まれのキルケゴールは、実存主義の父と言われている。 信仰は理性に
    よって支えられるものではなく、信念に基づく行為であると説いた。 キリスト教徒
    でありながら、しばしば福音教会を批判し、教会員たちは振興の基本を本格的に
    検討していないと主張した。

    1805年生まれのハンス・クリスティアン・アンデルセンは、世界で最も広く
    翻訳され愛読されている文学者のひとりである。 作品の中で最も有名なのは、
    『人魚姫』、『みにくいあひるの子』、『はだかの王様』などの童話で、彼の
    作品は、物語が面白いだけではなく、人間性への深い洞察力に富んでいる。

    19世紀後半には、デンマークでは多くの写実的な文学作品が生まれた。 この
    時代の作家には、イエンス・ペーター・ヤコブセン、ヘルマン・ハング、ヘンリク・
    ポントピダンなどがある。

    アイザック・ディネセンの筆名で多くの作品を書いたカーレン・ブリクセンは、
    1885年デンマークの上流階級の家に生まれた。 スウェーデン貴族と結婚した
    彼女は、アフリカの農場に移住し、アフリカでの彼女の経験は、『アフリカの農場』
    などの小説や回想録の元となった。 ブリクセンと並んで、1900年以後の
    デンマーク文学で活躍した作家のひとりに、ヨハンネス・V・イエンセンがあり、
    小説『長い旅』で1945年にノーベル文学賞を受賞した。

    牧師カイ・ムンクは、1930年代に戯曲を書き始めた。 彼はキルケゴールの強い
    影響を受けて、人類はその根本的な罪深さゆえに滅びる運命にあると信じた。
    第二次世界大戦中、ムンクは、ドイツ占領軍に激しく抵抗し、1944年に
    ゲシュタポに虐殺された。

    現代の一流作家としては、マリアネ・ラーセンとヴィタ・アネルセンがある。
    2人の作品は、社会における女性の役割の変化をテーマとしている。 クラウス・
    ルフビャーは、沢山の小説、戯曲、詩、映画台本を書いている。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    デンマークの人口の約85%は都市部に住んでいる。 海洋と航海に依存して来た
    歴史的な経緯から、主な都市の殆どは、海岸部にあるが、大きさと重要性という
    点において、コペンハーゲンは、デンマーク国内でも随一の都市と言える。

    人口約140万人の首都コペンハーゲンは、産業と教育と文化の中心であり、最大の
    港湾でもある。 市街の大半は、シェラトン半島の東海岸にあるが、南部は隣接
    するアマイェル島に広がっている。 1160年、デンマーク王国ヴァルゼマール
    1世は、当時漁村だった地域を大司教アプサロンに与えた。 アプサロンが建設し
    た街はケブマンスハウン、つまり、『商人の港』と呼ばれ、これがやがて今の
    名前となった。

    67834fd

    アプサロンは、スロスホルメン島に要塞を建設した。 コペンハーゲンの中心部
    にあって、運河に囲まれているスロスホルメン地域には、現在デンマーク政府が
    置かれている。 国会の開かれるクリスティアンスボア宮は、かつて政府官庁の
    全てが置かれていた。 時代と共に大きなスペースが必要となった官庁は、まず
    スロスホルメンの他の建物に移り、やがて首府の中の別の地域へと移って行った。

    クリスティアンスボア宮の北1.6kmたらずのところに、アリエンボア宮がある。
    この宮殿は八角形の広場を囲む4つの建物から成り立っている。 その建物の
    ひとつに国王が住み、もうひとつの建物は、王位継承のために留保されている。
    3つ目の建物は、外国の王侯の宿泊にあてられ、4つ目の建物が宮内庁である。

    コペンハーゲンの商業地域の中に、1843年に開設された有名な公園兼遊園地の
    ティボリ庭園がある。 この庭園には、交響楽やバレエの演奏会場、ダンスホール、
    パントマイム劇場、児童遊技場、レストラン他がある。

    コペンハーゲンは、この国の文化の中心で、デンマーク王立バレエ劇場や、数多くの
    博物館がある。 1970年代以降、ここはまた、廃屋を取り壊した跡地を利用して、
    クリスティアニアという芸術村が形作られている。 コペンハーゲンの東の
    中心部にあるこの小さな地域社会には、大勢の芸術家や職人が集まって来る。

    L02731x

    【デンマークのその他の都市】
    オールフスは、ユトランド半島の東海岸にある大港湾都市で、人口は約26万人と
    なっている。 造船業の他にも、機械、ビール、繊維類の製造も盛んに行われて
    いる。 この都市には、10世紀から司教が住み、1201年から300年以上掛けて
    完成された有名な寺院がある。 オールフスは、デンマーク第二の都市で、文化と
    教育の中心地でもある。 オールフス大学は、湖に面した緩やかな斜面に位置
    しており、近代的な設計様式で有名となっている。 オールフス植物園の中には、
    『昔の街』と呼ばれる一角があり、ここには国内外各地から集められた小さな
    家屋が数多く展示されている。

    人口17万人のオーデンセは、デンマーク第三の都市で、フェン島東部のオーデンセ
    フィヨルドの置くから少し離れた位置にある。 元は、北欧伝説の神、オーデンを
    祀る場所で、町の名前もそれに由来する。 童話作家ハンス・クリスティアン・
    アンデルセンは、ここで生まれた。 オーデンセは、今では重要な工業都市と
    なっており、電子機器、繊維類、木材を生産している。 ここにはまた、大造船所が
    あり、マンモスタンカーを製造している。 この都市とオーデンセフィヨルドの
    間には、長さ8kmの運河がある。

    人口約15万人のオールボアは、ユトランド半島北部のリムフィヨルドの奥に位置
    していて、11世紀発祥の大運河都市である。 グリーンランドとの交易は、殆どが
    この都市の近代的な港湾施設を通じて行われている。 オールボアは、造船と
    セメントの街として、国の経済に重要な役割を果たしている。 また、タバコと
    デンマークならではの飲み物、アクアヴィットが生産されている。 1430年に
    建築が始まった聖ボトルフ教会は、この街の歴史的建築物のひとつとなっている。
    1620年代にイエンス・バングという裕福な商人が建てた5階建ての豪壮な石造りの
    家も歴史的建築物として有名。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ