多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:アルマトイ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    エアー・アスタナ
    カザフスタンのエアー・アスタナでアルマトイからタジキスタンの首都、
    ドゥシャンベへと飛びました。 アルマトイからドゥシャンベまでは、
    1時間半のフライト時間。 機内では、ピロシキとチョコレートの簡単な
    食事が1度だけ提供されましたが、賞味1時間半のフライト時間の場合、
    水平飛行の時間が30分程度しかないため、かなりあっという間の
    フライトでした。 エアー・アスタナは、今回初めて乗りましたが、
    最新の機材を使用しているため、なかなかの乗り心地でした。

    IMG_4066

    IMG_4071

    IMG_4073

    エアー・アスタナの機内にはモニターがないため、機内のキャビンクルーに
    確認したところ、何と!WiFiとスマホを使って、映画を見れるのだとか。
    試しにWiFiに接続をして見たがネットに繋がらないw 機内には色々な
    映画があったのだが、WiFiに接続が出来なかったため、ドゥシャンベ到着
    まで、ぼ~っと過ごしました。 アルマトイを飛び立つ前に、タジキスタンの
    ビザについて質問されましたが、ネットに繋がらないため、ビザを見せ
    られないと空港係員には伝えたものの、その後、問題が発覚しました。

    【ドゥシャンベ】
    IMG_4075
    IMG_4079
    IMG_4081
    IMG_4085
    IMG_4086
    IMG_4087
    IMG_4088
    IMG_4089
    IMG_4090

    ドゥシャンベ空港でのビザ申請手続き
    「ドゥシャンベ」とは、タジク語で、「月曜日」と言う意味で、毎週月曜日に
    市が立っていたため、この様な名前になりました。 中央アジアの中では、
    トゥルクメニスタンと並んで、ビザが必要な国であるため、事前にeビザを
    申請して置いたものの、何かの手違いで、空港到着後、ビザが許可されて
    いない事が判明しました。

    【ドゥシャンベ】
    IMG_4091
    IMG_4092
    IMG_4093
    IMG_4096
    IMG_4097
    IMG_4098
    IMG_4099
    IMG_4100
    IMG_4101

    ドゥシャンベ空港では、ビザの発給手続きがあるため、延々と待たされることと
    なりましたが、そもそも、領事が窓口に居ない。 何をしているのかと窓の中を
    覗き込んで見ると、どうやら、お祈りをしているらしい。 そんなこんなで、
    30分以上も入国に時間が掛かってしまったものの、日本で事前に申請をして
    置いた筈のビザは、その後、ビザのカテゴリー選択間違いのため、発給され
    なかった事が判明。 但し、タジキスタンのビザは、実は空港でも取得出来る
    ため、その場で50米ドルを支払って新しいビザを発給して貰いました。

    IMG_4083

    翌日、メールにて、タジキスタン大使館に、古い方のビザは、キャンセルで
    お願いしますとロシア語と念のため英語で再度メールしたものの、結局のところ、
    こちらのビザがキャンセルになったのかどうかは、未だに分からないまま。
    空港内は撮影禁止だそうで、係員から注意を受けました。

    ドゥシャンベの生活は、思っていたよりも酷くない様子で、スーツ姿で歩いて
    いるため、非常にラフな格好で街中を歩いていたのは、私だけでしたw
    タジク人は、イラン系の人種であるため、カザフ人とは異なり、見た目で既に
    外人だとバレているものの、タジク人は全員ロシア語が話せるため、
    コミュニケーション上で特に問題はありませんでした。

    >>トップページに戻る





    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    カザフスタンの首都は?
    カザフスタンの首都は、1996年までは、国内最大都市であるアルマアタに
    ありましたが、その後、アスタナに遷都されたため、首都ではなくなりました。
    その際に、市の名称も日本語では、カザフ語の「アルマトィ」に改められました。
    「アルマアタ」は女性名詞なので、情け容赦なく格変化をするのですが、
    「アルマトィ」は、複数名詞の外来語と同じ扱いになるため、格変化はありません。

    【アルマアタ】
    IMG_4024
    IMG_4025
    IMG_4036
    IMG_4038
    IMG_4040
    IMG_4042
    IMG_4044
    IMG_4045
    IMG_4046

    首都名の変更
    アルマアタは「緑の街」と呼ばれているため、街中に緑が非常に多い。 その後
    乗った白タク運転手の話によると、これらの樹木は1917年の革命前までに植え
    られたとか。 樹齢約100年となるため、この様に大きな街路樹となっております。
    現在のアルマアタは、首都を機械的に移されてしまったため、残った元政府機関は、
    その概ねが、アルマアタ市の巨大な行政機関となっています。 アスタナへの遷都の
    理由は、諸説ありますが、中国との国境に近過ぎるのと、カザフスタンのほぼ中央
    部分に位置しているアスタナの方が、ロシアとの交流を促進するためには適している
    ためと言うのが通説です。 尚、アスタナは、アルマアタからは約1200km北に
    位置しており、つい先日、都市名称が「ヌル・スルタン」へと変更されました。

    【追悼 デニス・テン選手】
    IMG_4047
    IMG_4055
    IMG_4056
    IMG_4058
    IMG_4060
    IMG_4062
    IMG_4063
    IMG_4064
    IMG_4068

    ヴィクトル・ツォイ
    IMG_4019

    何故かアルマアタの街角にヴィクトル・ツォイの銅像がアルマアタの街中に建って
    いますが、この場所にこの銅像がある理由は、この場所で映画のラストシーンが
    撮影されたため。 手に炎を持っているのは、最後のシーンでライターでタバコに
    火をつけたか。

    >>トップページに戻る





    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    デニス選手の主な経歴
    テン・デニス・ユーリェヴィチ(Тен Денис Юрьевич)は、カザフスタン共和国の
    フィギュアスケート競技において、史上初めてのメダルをもたらしたアルマトイ市
    出身のフィギュアスケート選手(男子シングル)であり、2014年ソチオリンピック
    では銅メダル、2013年世界選手権では2位、2015年世界選手権では3位、2015年
    四大陸選手権では優勝、2017年冬季ユニバーシアードでも優勝を果たす等、数々の
    輝かしい実績をスケート界に残した人物である。

    【ソチ五輪では銅メダルを獲得】
    YjQkFZA

    家族
    中央アジアのカザフスタンは、「民族の十字路」と呼ばれており、朝鮮人や
    ドイツ人他、100を超える民族が共存しているが、デニス選手の曽祖父は、
    大韓帝国時代の軍人、閔肯鎬であり、日本からの独立運動に尽力し、1908年
    2月28日、雉岳山で日本兵の不意の襲撃を受けて逮捕された後、翌日の2月29日、
    部下の義兵らが救出作戦を起こし、奪還されることを恐れた日本軍により
    射殺された。 その後、その子孫は亡命を余儀なくされ、家族は安重根の助けで、
    豆満江を渡ってロシアに逃れた。 スターリンの時代には、その家族は
    カザフスタンに強制移住を余儀なくされ、この地に連れて来られた。

    デニス選手の先祖 閔肯鎬


    フィギュアスケートとの出会い
    プロヴァイオリニストである母親の影響で7歳から5年間音楽学校に通い、
    ピアノと合唱を学んだが、2002年にはカザフスタン少年合唱団員の一員として、
    韓国の釜山で開催された世界合唱大会に出場し、2位となった。

    images

    5歳の時、母親の希望によりスケートを始める。最初は冬場にアルマトイ市内の
    屋外リンクで練習を行い、後にショッピングモール内のリンクへと場所を移した。
    9歳の時、ロシアのオムスクで行われた大会で優勝した際に、ジャッジのひとりから
    旧ソ連地域内の低年齢競技者を対象とした競技会「クリスタルスケート」に招待
    された。 この大会でエレーナ・ブイアノワと出会い、彼女が指導する
    サマーキャンプに参加するようになり、10歳の時、ブイアノワの勧めで母親と共に
    ロシアに移住。 2004年から2010年までの7年間、モスクワでブイアノワと
    タチアナ・タラソワから本格的な指導を受けた。 2010~2011年のシーズンから、
    コーチをフランク・キャロルに変更し、拠点をロサンゼルスへと移した。

     

    フィギュアスケート以外にも、テコンドー、空手、テニス、水泳、器械体操等にも
    挑戦した事があり、この他にも、作詞作曲の音楽活動、写真、映画のシナリオ
    作成等を本格的に行う等、非常に多彩な才能を持っていた。

    デニス選手殺害事件
    2018年7月19日、デニス選手は、アルマトイ市中心部にあるレストランで友人らと
    昼食を楽しんでいた。 食事が終わり、デニス選手が車に戻ろうとしたところ、
    デニス選手の車のミラーを盗もうとしていた男2人組と遭遇し、そのまま20m程
    犯人を追い掛けたが、その場で脚2ヵ所をナイフで刺され、数十分後に通行人に
    発見されたが、既に約3リットル以上もの出血があり、救急車でアルマトイ市内の
    病院に運ばれた時点で、既に臨床的な死を向えていたが、同日午後5時30分、
    正式に死亡が確認された。


    デニス選手が刺殺された場所
    この場所は、アルマトイ市中心部にある、お洒落な地域で、周囲には、数軒の
    カフェテリアとレストランがある。 すぐ目の前のカフェテリアからは、
    この現場が丸見えで、道路には防犯カメラも設置してあるが、誰も気付くことは
    なかった。。 その後、この通りを偶然通りかかった女によって、デニス選手は、
    財布が盗まれたのだが、その時点でこの女が通報をしていれば、まだ助かった
    可能性があった事は否めない。。

    アルマトイでは、この事件を誰も語ろうとはしておらず、余りにも不審な点が
    多過ぎるため、計画的に誰かがデニス選手を殺害しようとしていたとの噂もある。

    赤いリボンの様な物は、デニス選手の死後に設置された物
    IMG_4034

    意外と人通りが多い。。
    IMG_4035

    最後に食事をしていた場所。。
    IMG_4694

    恐らく、この場所にレクサスを停めて、犯人と遭遇した。。
    IMG_4030

    ベイセイトフ通りとクルマンガジー通りが交差する交差点付近で殺害された


    死亡に至った経緯
    過去の歴史に「もしも」はないが、もしも、以下の不幸な事実が何重にも
    重ならなければ、デニス選手は死なずに済んだはず。。

    ① もしも、ソチオリンピックで銅メダルを取っていなければ
    ② もしも、ナザルバエフ元大統領が高級車をプレゼントしていなければ
    ③ もしも、この場所まで車で行かなければ(自宅から現場までは徒歩で30分)
    ④ もしも、後10分早く、あるいは、遅くこのレストランを出ていれば
    ⑤ 例え、犯人に遭遇したとしても、後を追わなければ
    ⑥ もしも、友人が車まで見送りに来てくれていたならば
    ⑦ もしも、誰かが、すぐ隣のカフェテリア、あるいは、レストランから見ていれば
    ⑧ もしも、過去に同様な事件を起こした犯人がアスタナで保釈されなければ
    ⑨もしも、その犯人がアルマトイに来なければ
    ⑩もしも、その犯人が別の場所を刺していたならば
    ⑪もしも、通行人がもっと早く見つけていたならば
    ⑫もしも、この場所に来ていなければ

    アルマトイでは、誰も何も語ろうとはしていないため、事実は分からないが、
    どうも、デニス選手が朝鮮人である事が原因ではないかと言う説もある。 よって、
    もしも、デニス選手が朝鮮系のカザフ人でなければ、助かった可能性もあった
    のである。 現地で調査を行ったところ、朝鮮系だから、通行人に見殺しに
    されたとの意見もあった。

    デニス選手が埋葬された場所
    IMG_4606

    ネット上では、デニス選手が埋葬された場所に関して、全く公開されておらず、
    様々な情報が飛び交っているものの、正確な埋葬場所は、元ドゥルジバ村で、
    現在は、ドスティック小地区と改名されたヌルマガンベトフ通りにある墓地の
    片隅に埋葬されています。 デニス選手のすぐ隣には、彼の祖母と祖父も共に
    眠っており、そのすぐそばには、彼の家族のお墓もあります。 尚、アルマトイの
    墓地には、名前がないため、この場所を探すのは、非常に困難なため、現地を
    良く知るタクシーの運転手にこの場所まで連れて行って貰うしかありません。
    アルマトイ市内を走っている地下鉄終点駅のモスクワ駅からは約5キロ、歩くと
    約1時間の場所にこの墓地はあります。

    IMG_4602

    デニス選手を小さい頃から知っているという墓守の方が彼のお墓付近に居ますが、
    彼の話に寄れば、デニス選手が死亡した際に、このお墓の道路もかなり修復された
    そうです。 その点でも、デニス選手は、死亡した後にも、社会貢献したのだと
    思いました。 お恵みを求められたため、数十円程度を渡してお墓の掃除を
    お願いしますと言って来ました。

    このピンが指している場所の左上の緑地が埋葬された墓地



    デニス選手が住んでいた場所
    殺害事件以降、彼の家族は、別の場所に引越し、元々住んでいた場所には、
    デニス・テン基金」が置かれました。 また、彼が住んでいたマンションには、
    メモリアル・ボードが設置され、今後、殺害現場には、彼を称える記念碑が
    設置される計画です。

    IMG_4687

    ナザルバエフ大通り46番にあるメモリアル・ボード。 アルマトイ市の
    最も繁華街にあります。 尚、ナザルバエフ大通りは、半年前に改名された
    ばかりであるため、デニス選手が生きていた時は、フルマノフ通りと言う
    名前でした。

    IMG_4690

    ナザルバエフ大通り46(ロシア語 Проспект Нурсултана Назарбаева


    デニス選手の死亡が確認された場所
    ベイセイトフ通りとクルマンガジー通りが交差する交差点付近で通行人に
    発見されたデニス選手は、約1時間後に、現場から約2キロ離れた病院に運ばれ
    ましたが、その時点で、既に臨床的な死を向かえており、中央市立病院にて
    午後5時30分に正式に死亡が確認されました。。

    IMG_4051



    【追悼 デニス・テン選手】
    IMG_4028
    IMG_4027
    IMG_4031
    IMG_4048
    IMG_4051
    IMG_4050
    IMG_4602
    IMG_4608
    IMG_4617

    >>トップページに戻る





    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ソチ・オリンピックのフィギュアスケートで銅メダルを獲得した
    デニス・テン選手がアルマトイで刺殺された事件に関して、カザフスタンの
    刑事裁判所は、被告人2名に有罪判決を下した。

    アルマン・クダイベルゲノフ被告とヌラリ・キヤソフ被告に対して、
    懲役18年が言い渡された。

    15458256983

    カザフスタンの国民的英雄であったデニス・テン選手は、2018年7月19日に
    アルマトイで暴漢に大腿部を数ヶ所刺されて出血性ショックのため死亡した。
    テン選手は自身の車のミラーの盗難現場に遭遇し、被告人2人と揉み合いになり
    太ももを刺された。

    ​クダイベルゲノフ被告には窃盗と強盗、並びに、殺人罪が、キヤソフ被告には
    強盗と殺人の罪で有罪が言い渡された。 この2名に加え、意図的な盗難を行い
    通報を怠った罪でザナール・モリブエワ被告にも判決が下された。

    DieyPbAW0AIVh9y

    >>トップページに戻る





    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

     2018年8月9日、カザフスタンの最大都市、アルマトイで7月19日に刺殺された
    デニス・テン選手にちなんで名付けられた公立財団が設立されることが発表された。
    刺殺現場となったアルマトイ市内の現場には記念碑が建設されるという。

    旧ソ連国内で放送された追悼ドキュメンタリー番組


    デニス・テン選手の母親であるオクサーナ・テンさんは、家族が多大な困難に
    直面している際にも、カザフスタン国民の方々に支えて貰ったことに対して、
    まずは感謝し、デニスの友人、ファン、彼の教え子らに対して、デニスの記憶を
    永続的に残すための今後の取り組みについて語った。 現在、カザフスタン
    国内では、多くのアイデアや提案が表明されており、文化スポーツ省と
    アルマトイ市と共に話し合いと行い、公的資金の調達と今後の活動に対する
    理解を両者から得たと語った。

    denisten

    その上で、既にこのプロジェクトは動き出しており、『デニス・テン特別公立基金』
    が創設され、カザフスタン文化スポーツ省は、デニス・テン記念スケート・
    アカデミーの創設を計画していると言う。 更に、アルマトイ市側は、デニス選手の
    功績を称えて、毎年スケートの国際トーナメントを開催することを約束し、殺害
    現場となってしまった場所には、デニス選手の記念碑を建設するため、彫刻家の
    選定を行っており、デニス選手の生家にプレートを取り付けて、本の出版も
    約束した。 そのため、オクサーナさんは、デニス選手の友人らと共に出版へ
    向けての準備を行っていると語った。 このため、デニス・テン公式Instagram
    では、本に掲載出来るデニス選手の画像を募集している。

    我々は、援助の手を差し伸べてくれた全ての人達に感謝しており、全ての
    プロジェクトの実現に向けて、近々、デニス・テン基金の公式な住所を発表すると
    述べた。

    【カザフスタン】デニス・テン選手の突然の死に5,000人超が彼の死を悼む

    inx960x640

    ドキュメンタリー番組『テンと言う名の星』


    >>トップページに戻る



    【お勧めの一冊】


    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    ザフスタンで刺殺されたソチオリンピック・フィギュアスケート男子、
    銅メダリストのデニス・テン選手の追悼式典が2018年7月21日にアルマトイで
    行われ、ファンなど5,000人を超えるファンや関係者が訪れ、テン選手の
    ひつぎに花を手向けた。

    テン選手は、カザフスタンにフィギュアスケートで初めてメダルをもたらした
    国民的英雄で、アルマトイの他、カザフスタン各地で献花台が設けられ、
    市民がテン選手の突然の死を悼んだ。 東京にあるカザフスタン共和国
    大使館内にも献花台が設置され、多くの人々が彼との別れを惜しんだ。

    【カザフスタン】デニス・テン記念 フィギュアスケート・アカデミー創設

    デニス選手への追悼メッセージボード(メッセージが書き込めます)

    Instagram

    4191572

    カザフスタン共和国オリンピック委員会のチムール・クリバエブ会長は、
    2014年ソチ冬季五輪のフィギュアスケート男子シングルで銅メダルを獲得した
    同国出身のデニス・テン(25)の早過ぎる死に関して、彼の両親に対して、
    以下の哀悼の意を贈った。



    『カザフスタン・オリンピック委員会と我々の国全体のスポーツ界を代表して、
    私はあなたの息子である、デニス・テンの早過ぎる死に深い哀悼の意を表明します。
    若きフィギュアスケート選手の才能と創造性を愛し、応援していた我々全員に
    とって、今日は本当に暗黒の日です。 デニスは、明確な目標と精神力を持ち
    合わせ、チャンピオンとしての気構えを持った皆の見本であり、このような
    若い段階でフィギュアスケート界で頂点に立つことが出来きました。
    カザフスタンは今日、才能ある選手を失った。 我々は、あなた哀悼の意を
    表明します。 デニス・テンの記憶は、常にカザフスタン国民全ての心の中に
    残るでしょう。』


    デニス・テン選手は2018年7月19日午後3時(日本時間同6時)頃、アルマトイ
    市内のベイザトワ通りとクリマンガジー通り(Байсеитова и Курмангазы)が
    交差する場所にあるカフェテリアで友人らと食事を楽しんでいたが、店から出た
    ところで自分の車からミラーを盗もうとしていた2人組の暴漢を見つけ、
    数十メートル追った場所で口論となり、太もも部分数ヶ所を刺され、約3リットルの
    血液を失った心配停止の状態で病院に緊急搬送されたが、その搬送先の病院で
    午後5時30分に死亡が確認された。



    【デニス選手の最後の画像】
    この店を出た直後に暴漢と口論となり刺殺された・・・
    22a9ef3834474

    【デニス選手が刺殺された場所】
    ベイザトワ通りとクリマンガジー通りが交差する場所付近


    【デニス選手の車から盗まれたミラー】
    愛車のレクサスLX570は、ソチ五輪で3位になった記念に大統領から
    貰ったもの・・・
    6508417

    拘束されたのは1994年生まれのヌラリ・キヤソフ(Nurali Kiyasov)容疑者で、
    20日夕方、警察はもう1人の容疑者である2人目の容疑者も拘束した。先に
    拘束された容疑者とともに容疑を認めているという。 尚、この暴漢2名は、
    同様の事件での前科があり、デニス選手が刺される数日前に首都アスタナで
    釈放されたばかりだった・・・

    カザフスタンでは、国をあげてこの死を悼んでおり、インターネット上では、
    カルムハンベト・カスイモフ(Kalmukhanbet Kassymov)内相の辞任を求める
    呼び掛けも起きている。

    【在東京カザフスタン共和国大使館内に設置された献花台
    13401177192792064
    9462923821593395
    074881124204806144
    48592883466974003
    75204506432936345
    075841383410958336
    27864563000121753
    35566366810439680
    7521006281563832

    デニス選手は5歳からフィギュアスケートを始めると、9歳にしてロシアでの
    試合で優勝。 本格的に練習を行うため10歳のときにロシアに移住し、世界の
    舞台で活躍する選手へと成長。

    2013年にカナダ・ロンドンで開催された世界選手権で銀メダルを勝ち取ると、
    翌年のソチオリンピックでは銅メダルを受賞。カザフスタンのフィギュアスケート
    選手として、初めてオリンピックメダルに輝くという偉業を達成した。

    【アルマトイでのお別れ式】
    6529588

    6529367
    5b52d4ef6f1351532155119
    6508391
    Flv8uSUbthliARoYsgckOg
    -00-48_636893

    世界中のファンから悲しみの声があがるなか、フィギュアスケート界の選手
    仲間たちもSNSでメッセージを発信。各大会でメダルを競った羽生結弦選手や
    カナダのパトリック・チャン選手をはじめ、アメリカのネイサン・チェン選手、
    日本の高橋大輔選手、浅田真央選手などがデニス選手との思い出を交えながら、
    突然の別れを惜しんだ。

    【各界からの声】

    「デニス・テンの悲劇のニュースに、とても悲しんでいます。スケート界は、
    美しいスケーターを失ってしまいました。我々の想いを、彼の家族に捧げます。
    あなたのパッションは、今後も生き続けるでしょう。羽生結弦、ジェイソン・
    ブラウン、ハビエル・フェルナンデス、ガブリエル・デールマン、エフゲニア・
    メドベージェワ、チームのメンバー一同より」
    -ブライアン・オーサー

    「デニス・テンと同じ氷上で滑れたことを、とても誇りに思います。彼は最も
    美しいスケーターのひとりでした。 私の思いと祈りを、想像に絶する時を過ごす
    彼の家族へ捧げます。 デニスとともに時間を共有できた幸運を、一生大切に
    したいと思います」
    -パトリック・チャン

    「練習仲間だったデニス・テンの死が、本当に辛いです。練習に対する彼の熱意を
    、私はいつも尊敬していました。彼がこの世を去ったこと、そして今後、彼の
    才能を見ることができないことが、信じられません」
    -長洲未来

    「デニス・テンの死を受けて、とても悲しく、ショックです。彼は僕だけでなく、
    スケート界全体にインスピレーションを与える存在でした」
    -ネイサン・チェン

    「僕のスケーター友達、デニス・テンが本日、亡くなりました。彼はすべての人に
    優しく、そして多くの人にとってのインスピレーションでした。デニス、
    チャンピオンになるための道順を示してくれて、ありがとう。僕たちが一緒に
    過ごせた時間は、あまりにも短かかった。永遠に愛している」
    -アダム・リッポン

    「デニス・テンの死を受けて、悲しみに打ちのめされています。彼は才能に
    溢れていただけでなく、とても聡明で優しい心の持ち主でした。彼の死は
    あまりにも大きな損失であり、悲劇です。私の祈りを、彼の家族と彼が愛した
    人たちへ捧げます」
    -ジョニー・ウィアー

    「世界は本日、輝くスターを失いました。デニスはとてつもない才能に溢れて
    いただけでなく、彼の持つ優しさ、そして輝きが、リンクを超えて伝わるような
    アスリートでした。 彼の家族、友達、そして彼から笑顔をもらっていた人々へ、
    私の祈りを捧げます。あなたがいなくて、本当に悲しい」
    -アシュリー・ワグナー

    「安らかにお眠りください」
    -ハビエル・フェルナンデス

    【日本で最後となった2017年の演技】


    【デニス選手の埋葬場所】
    デニス選手は、アルマトイから約120キロ離れた彼の祖母が住むドゥルージバ村に
    2018年7月21日に葬られた。

     

    尚、カザフスタンでは、首都のアスタナに7月4日カザフスタンで初のナショナル
    トレーニングセンターが完成したばかり。

    【デニス・テン ドキュメンタリー】


    【お勧めの一冊】




    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    ロシア連邦、中国、キルギス、ウズベキスタン、トルクメニスタンと国境を接し、
    カスピ海にも面したカザフスタンは、国土の大部分が砂漠やステップ地帯である。
    人が住める場所は限られていて、人口の大半は、首都のアスタナやアルマトイ
    といった一部の地域に住む。

    kazakhstan

    ソビエト連邦が崩壊した後は、カザフスタン共和国として独立したが、ロシアを
    中心とする独立国家共同体(CIS)に加盟、ロシアとは良好な関係を結んでいる。
    国民の6割近くがカザフ人で、残り3割をロシア人が占め、その他にも、
    ウクライナ人やウズベク人も住んでいる。 宗教もイスラム教とロシア正教が
    中心となっている。

    ソビエト連邦を構成していた他の共和国とは異なり、大統領のヌルスタン・
    ナザルバエフはソ連時代から今日までずっと大統領職にあり、強力なリーダー
    シップを発揮している。 一見、安定した国家のように見えるが、アルマトイでは、
    反ナザルバエフ派の市長が殺されたり、2006年には、野党連合の共同議長が射殺
    死体となって発見されるなど、事件が続き、この時は、容疑者として、国家保安
    委員会のメンバー5人が逮捕されている。

    nazarubaev

    日本の7倍もある国土は長大で、全ての国境を警備することは不可能に近い。
    特に、2001年の9.11テロ以降は、テロ組織アルカイダや外国の反政府組織の
    メンバーらが潜伏するのに好都合とばかりに、出入りしている事実もあり、
    中でもウズベキスタンとの国境は、厳重な警備が敷かれている。

    【お勧めの一冊】


    お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ