今から数千年前、現在のカナダにはじめて定住した人々は、アジアから陸続きの
部分を通って北アメリカにやって来た。 後にインディアンと呼ばれるように
なったこのアジア人たちは、まず北アメリカの北西部にたどり着いた。 野生の
食物を集めたり狩りと漁をしたりしながら、次第に東へ移住して行った。

その後何百年も経って、北東アジアの人々がインディアンと同じルートをたどって
渡って来た。 新しい新住民たちは、自分たちをイヌイット(人々という意味)と
呼んでいたが、インディアンからはエスキモー(生肉を食べる人々)と名付けられた。
イヌイットは、北アメリカに到着すると、北極地域に留まった。 この2つの
先住民は、数百年もの間、狩猟と採集の生活をしていたのである。

Nof60


【初期の探検】
 西暦985年頃、ノルウェー人の探検家エリック・トルパルセン(赤毛のエリック)が
アイスランドから海を渡って、グリーンランドの東海岸に到着した。 その地には、
既にイヌイットの集落があった。 彼はそこに2つの居住地をつくった。 1002年頃
には、エリックの息子のレイフ・エリクソンがグリーンランドから西に向かって
出帆し、バッフィン島と現在のニューファウンドランド沿岸に到着したらしい。
ヨーロッパ人が北アメリカに上陸したのは、これが最初だと歴史家は考えている。

やがて父親が死ぬと、エリクソンはグリーンランドに戻り、父親がつくった居住地の
経営に当たった。 14世紀になると、ノルウェー人の居住地は、資金不足と厳しい
天候の変化のために衰えた。 その後、数十年に渡って、ヨーロッパとカナダの
連絡は途絶えた。

15世紀の末になると、ヨーロッパ人は再び新大陸の探検に関心を持つようになった。
当時のカナダでは、インディアン独自の数々の文化が栄えていた。 最も大きな
集団を形作っていたのは、ハドソン湾と西部山岳地帯の間に住んでいた
アタバスカン族である。 アルゴンキン族は、大西洋岸からロッキー山脈に掛けての
北部森林地帯や平原地帯に住んでいた。 現在のオンタリオ州南部は、イロコイ族と
ヒューロン族の居住地だった。 そして、イヌイットは相変わらず北極に近い地域に
孤立していた。

【お勧めの一冊】


>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
にほんブログ村