アルメニアの名前は、紀元前6世紀、岩に刻まれたペルシャ語の文字の中に初めて
現れる。 アルメニア民族はこの頃、現在の地に住み着いたようである。
もっとも、彼らは、現在のアルメニア共和国の国境を越えて、トルコやイランの
一部にまで広がっていた。

exterior719

アルメニアは、当初、ペルシャ帝国の一部であったが、紀元前2世紀から1世紀の間に
有力な王国を形成した。 しかし、その後、この王国は、ローマ帝国の宗主権を認め
なければならなかった。 301年、アルメニアは、キリスト教を国教とする歴史上
最初の国となった。 400年頃、今日も用いられているアルメニア文字の歴史は
ここに始まる。 この国は、旧ソ連地域の中で最古の文字文化を持つ国でもある。

以後の数世紀間、アルメニアの支配権をめぐって、ペルシャ、ビザンチン、アラブが
戦いを繰り返した。 9世紀にアルメニアは、ある程度の独立を果たしたが、
その後、再び他民族の襲撃を受け、また数世紀に渡ってペルシャとオスマン帝国が、
アルメニアをめぐって争った。

19世紀になると、ロシアがこの国の支配権を獲得する。 ロシアは、1828年には
トルコに属していた地域を奪った。 トルコの支配下に留まったアルメニア人
たちは、1895年から翌年に掛けて弾圧され、特に1915年から1916年に掛けての
残忍な迫害では、およそ150万人ものアルメニア人が命を奪われたと推定される。

2d132a7dc0fc

【独立への長い道のり】
ロシア革命(1917年)の直後、1918年3月、ロシア地域のアルメニアは独立を
宣言した。 この時、民族主義政権党のダシナクツチュン党が権力を掌握
していた。 1920年、既に共産化していたアゼルバイジャンとの国境付近で
暴動が扇動され、暴動の主導者たちは、赤軍の支援を求めたが、このやり方は、
他の近隣諸国で共産主義者たちが取ったのと全く同じやり方である。

そして、赤軍の進攻後、『アルメニア・ソビエト社会主義共和国』設立が宣言
された。 1921年に民族主義者による暴動が起こったが、武力で弾圧された。
1922年、この共和国は、アゼルバイジャン、グルジアと共に、
『ザカフカス・ソビエト社会主義連邦共和国』を発足させた。 この連邦は、
1936年に解消され、アルメニアは、単独のソ連邦構成共和国の地位を得た。

1920年代には、他国と同様アルメニアも、あらゆる分野で文化的な自立を認め
られていたが、1930年代になると、スターリンによって同化政策が遂行され、
全ての民族的運動が弾圧された。

こうした傾向は、1980年代の改革政治によって、初めて改められた。 しかし、
民族自立の気運が、かえって、かつての地域紛争の火種を再び拡大することにも
なった。 アゼルバイジャンとの対立は、今日もなおくすぶっている。 もっとも、
両国は1991年に互いに交渉を続けることで合意している。

アルメニアは、旧ソ連の中では最も激しい民族運動の展開された国の中に
数えられる。 1990年8月、他のほとんどのソ連構成共和国に先駆けて独立宣言を
行い、新連邦条約の交渉には参加しなかった。

1991年9月に行われた国民投票では、95%の国民が、独立に賛成票を投じた。
そして、1991年12月、アルメニアは、独立国家共同体(CIS)に加盟した。

【お勧めの一冊】


>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村