イギリス英語の起源は、現在のドイツ北東部方面に住んでいたアングロ・
サクソン人がブリテン島に渡来したところから始まる。 5世紀半ばの出来事
であった。 インド・ヨーロッパ語派に属し、古英語、中英語、近代英語と
発展を遂げ、20世紀になってからは、現代英語と呼ばれている。 また、
イギリスの英語は、17世紀初頭に大西洋を渡り、アメリカに根付き、アメリカ
英語として独自の発展を遂げている。 英米語は基本的には共通しているが、
それでも違いは多々ある。



発音:母音の後の r (bird、car、dark など)は、イギリスでは発音されず、
アメリカでは発音される。 ask、cat、hat などの a は、英では[a]、米では[ӕ]、
dot 、God、hot などの o は、英では[ɔ]米では[a]となっている。

綴り:英 programme materialise kilometre labour
   米 program materialize kilometer labor

語彙:英 lift、米 elevator などの違いは良く知られている。 ここでは、英米の
順で、自動車用語を見てみたいと思う。

bonnet/hood boot/trunk bumper/ fender, dip switch/dimmer, gear lever/stick shift,
fascia/daschboard, indicator/blinker, silencer/muffler, windscreen/windshield

面白いことに、日本語のカタカナ表記では、両方をごっちゃに使っている。

imagee

【英米語の今】

現在、イギリスの言語学者が注目しているのは、ロンドンの中心に拡大しつつ
あるエスチュアリ・イングリッシュ(Estuary Englich)で、これは、イギリス
英語の変化の見本のようなもので、変化は発音に顕著に現れている。

① l が母音化する。
これは語頭以外のとこで良く生じる。 例えば、milk bottle ミウクボトゥ
(miwk bottoo)、football はフッボゥ(foobaw)のように聞こえる。

② th が f になる。 birth、thin、youth などは、birf、fin、youf と発音される。



>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
にほんブログ村