横浜通詞 ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

記事カテゴリーに CIS独立国家共同体(旧ソ連邦) 他を追加しました♪
    横浜通詞】横浜、大阪、仙台にある多言語翻訳会社
    多言語を専門とした翻訳会社を運営しています。 日本語⇔英語の他にも、ドイツ語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語、オランダ語、中国語、韓国語他、世界80言語以上に対応しています。 お気軽にお問い合わせください。

    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:アヘン戦争

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    広州市は、珠江デルタ地帯の北部に位置する広東省の省都であり、華南エリア
    最大の都市。 羊城、穂城という愛称を持つが、これは紀元前300年頃、羊に
    乗った5人の仙人がこの街に稲穂をもたらしたという故事によるもの。 また、
    亜熱帯に属するため、四季を通して色々な花を見ることが出来ることから、花城と
    呼ばれることもある。

    koushumap1

    中国の経済発展の先陣を切って成長を遂げた近代都市というイメージが先行するが、
    既に2800年以上の歴史を持つ古都で、中国24大歴史文化名城のひとつにもなって
    いる。 紀元前2世紀~紀元後2世紀頃には、海のシルクロードの重要な寄港地と
    なっていた。

    18世紀以降は、欧州への物資の積み出し港として繁栄を謳歌したが、清がアヘン
    戦争(1840年~1842年)でイギリスに敗れてからは、欧米列強の侵略を受け、
    沙面に租借地が設けられた。 20世紀に入ると、革命の重要な舞台となり、
    現代中国の歴史を語る上で外せない街となって行った。

    guangzhou0667

    古くから海外交流の窓口となって来た広州からは、多くの人々が海外に生活の
    場所を求めて移住を果たした。 現在では、華僑華人の中でも先駆者的位置付けを
    されており、アメリカ、カナダ、イギリスをはじめ、世界100カ国以上にその
    足跡を印し、彼らが造り上げた各地のチャイナタウンでは、今でもその生活を
    見ることが出来る。

    【お勧めの一品】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    18世紀後半から、広州で交易を行うようになっていたイギリス東インド会社は、
    やがてインド産アヘンを中国に密貿易するようになり、三角貿易が行われる
    ようになった。 1810年代には、中国沿岸にイギリスの貿易拠点となる地を獲得
    するべきだとする声がイギリス東インド会社の中から上げるようになった。
    同時に、1830年代までには、香港島と九龍半島の間の海峡は、天然の良港を
    推する外国商船の格好の停泊地として承認されるようになる。

    以後、イギリスの貿易拠点ないし、植民地としては、他の島々の名前も取り沙汰
    されるが、1830年代には、広州で貿易に携わる商人達の間で、香港島の獲得を
    望む声が高まっていた。 そして、清朝によるアヘン戦争の最中、イギリス軍は、
    香港島を占領するのである。 ここから、香港としての歴史が始まる事となる。

    rrtyu

    香港島に初めてイギリスの旗が翻ったのは、アヘン戦争の最中である1841年の事で
    あるが、翌年に締結された南京条約により、香港はイギリスへ割譲される事が
    決まり、1943年には、イギリスの直轄植民地となった。 この時にイギリスの
    植民地となったのは、実は、香港島のみで、九龍半島が先端部の割譲は、第二次
    アヘン戦争後に英中間で北京条約が結ばれた1860年の事であった。

    但し、この時点で、香港特別行政区の過半を構成する新界と香港島周辺は、まだ
    清朝の統治下にあった。 これらの領域がイギリス領に編入され、現在の香港が
    形成されたのは、1898年の事であった。

    maptop

    香港島、および、九龍半島先端部とは異なり、イギリスは、新界、および、香港島
    周辺の島々を清朝から99年間に渡り租借しただけだった。 よって、その99年後の
    1997年に香港は、イギリスから中国へと返還された。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ