ブログネタ
何か勉強しよう に参加中!

ドイツの教育制度は、基本的に各州に任せられていると考えて良い。 そのため、
州によって制度が若干異なる場合がある。

初等教育

ドイツでは、6歳で日本の小学校に当たる基礎学校(Grundschule)に入学する。
日本と大きく異なる点としては、基礎学校が4年制であること。 大学を目指すか
マイスターを目指すか、子供達は、基礎学校を卒業する10歳で、将来の道を選択
する岐路に立たされる。 子どもの進路決定は学校による成績判断であるが、
これも州ごとに異なる。

日本では、自分の将来や職業キャリアと向き合う事は、大学での就活が始まるまでは
なかなかないのだが、ドイツでは、とても小さな頃から自分のキャリアというものと向き
合わなくてはならない。 日本の小学校は6年制だが、ドイツでは4年制。 しかも、
半日制の学校もあるようで、そのような学校では、子供達は昼過ぎには帰宅する
こととなる。

ドイツの小学校で勉強するのは、国語と算数が中心となっており、体育、音楽、宗教
などは授業としてあるが、日本で言う理科や社会はない。 また、第二外国語もあり、
英語やフランス語などを学ぶ事が出来る。

rrrdd980
中等教育

日本では、6年間の小学校を終えた後は、受験をしない限り、通常は住んでいる地域の
中学校にそのまま進学するが、ドイツでは、将来の進む道によって、小学校を卒業した
後の進路が、以下のように大きく変わる。

【進学を目指すギムナジウム】
ギムナジウムでのカリキュラムは、9年制で、総合大学の入学資格である『アビトゥーア』を
得るために通う学校となっている。 『アビトゥーア』は、日本のセンター試験のようなもの
だが、日本のセンター試験のように何度も受験することが出来ず、この成績によって、
入学出来る大学が決まってしまうため、非常に厳しい。 その反面、この成績は、一生
有効であるため、高校を卒業して働きながら、希望の大学に入れるまで待機するという
ことも出来る。

【中等実科学校&中等商科学校】
6年制カリキュラム。 ここでは、小学校の後の進路により、大学に行けるかどうかが
決まってしまう。 卒業後は、職業学校である『専門上級学校』や『専門大学(カレッジ)』に
進学が出来る。 ここに進学する子供は、将来的には事務職や専門職を目指すことが
多いと言われている。

【基幹学校(Hauptschule)】
大学を目指さない子供は、中学校(Hauptschule)へ進学する。 カリキュラムは5年制で、
職人や販売員を目指すための学校となっている。 終了後は、職業訓練や見習いとして
働き始める人が多い。

ドイツの義務教育は9年(州によっては10年)である。 日本の学校では、義務教育
期間中はもちろん、高校においても留年は稀だが、ドイツのギムナジウムでは、ストレートに
卒業出来る生徒は、6割程度だと言われている。


 
一度進路を決めたら、なかなか変えれない
 
ドイツでは、小学校を卒業してからの進路がその先の進路にも大きく関わって来るため、
小学校卒業後の進路によって、大学に行けるかどうかが決まってしまう。 そもそも、
進路は小学校の成績によっても決まるのでり、余りにも小学校の成績が悪い場合は、
ギムナジウム(大学進学コース)には進めない。 但し、実科学校などで成績が優秀で
あれば、ギムナジウムに転入することが可能となってはいるものの、それほど自由では
ない。

学校で学んだ事が就職にも密接に繋がっているため、就職時にも自分の専門分野で
就職するのが普通。 別の専門分野での就職を希望する場合は、その専門学部に
入り直す必要があることもある。 つまり、ドイツでの企業が求めているものの中心は、
スキルや専門知識であると言える。

日本では、入社後に社員研修により、OJTなどを通して実際の現場で学ぶことも出来る
のだが、余りにも大学での専門分野とは掛け離れた企業に就職する事も多く、大学の
意味をなしていない場合が多いのが特徴となっている。

【お勧めの一冊】


>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
にほんブログ村