多言語翻訳 Samurai Global ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳 Samurai Global』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:アジア人

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    香港住民は、自らを何人だと考えているのか。 この問いの答えは、当の
    香港人にとっても自明のものではない。 香港大学の世論調査プログラムでは、
    返還以来、継続的に香港住民が自分を何人と称するかについて調査を行っているが、
    それによると『香港人』という回答は、返還以来減少していたが、2000年代末頃
    から増加に転じ、2012年上半期には、返還後最も高い45.6%を記録している。
    これに対して『中国人』という回答は、ほぼ逆の動きを見せている。

    wor14100p1

    『香港人』という意識は、一般に、1960~70年代の香港の社会的、文化的変容の
    中で原形が生まれ、返還後の1980年~90年代には、『香港人』は『中国人』とは
    異なるという意識が顕著になって行ったとされる。 改革、開放当初、発展を
    始めたばかりの中国大陸は、戦後の高度成長を経て、国際金融センターとしての
    地位を確立していた香港から見れば、『貧しくて遅れた』存在であり、大陸側から
    来る新移民に対して、テレビドラマ等を通じて『ダサい、怠慢、公的道徳に欠けた』
    等、ネガティブなイメージが共有されて行った。

    とは言え、一方で、香港在住民の対部分は、中国大陸から移って来た難民、移民、
    および、その子孫であり、民族的、文化的起源が中国にあることは否定し難い。

    こうした中で、香港住民は、非民主的で遅れた中国大陸と対比されたり、中国共産党
    政権の脅威を訴える局面では『香港人』となり、一方で伝統文化や中国人スポーツ
    選手の活躍を誇りに思う時は『中国人』となるというように、両者を使い分け、
    あるいは、両者の間を揺れて来た。 帰属意識の矛先が、20年も経たない短期間の
    うちに二転三転しているということ自体、この交錯した心理を良く物語っている。

    201411006

    2014年12月23日、RFI中国語版によると、香港で行われた世論調査で、『香港人』
    としてのアイデンティティーが『中国人』としてのアイデンティティーを大きく
    上回った。  香港大学民意研究計画センターは香港市民のアイデンティティーに
    関する世論調査を実施した。 12月10日から16日に掛け、1,016人を対象に電話
    調査が行われた。『香港人』と回答したのは42%。 『中国人』との回答は18%
    となった。 

    また、『香港人』『アジア人』『中華民族の一部』『世界市民』『中国人』
    『中華人民共和国公民』というそれぞれの項目に対して、どれほどの帰属感を
    感じるかを0〜100点で表現してもらったところ、『香港人』の平均得点は約80点と
    前回調査を2点上回った。 その他、『アジア人』69.8点、『中華民族の一部』
    65.9点、『世界市民』63.7点、『中国人』62点。『中華人民共和国国民』
    54.4点となった。 

    『中国人』『中華人民共和国国民』の平均点は、2008年の調査開始以来、過去最低
    となった。

    【お勧めの一品】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ブログネタ
    多言語学習法 に参加中!

    ブルガリア語は、元々アジア人であったブルガール人が、モンゴル・タタールの
    大軍に押し出されて、遥々ヨーロッパの地まで民族大移動してきた際に、そこに
    住んでいたスラブ人と同化し、スラブ語化された言語であり、支配者の言語が、
    被支配者の言語に吸収されたという、世界でも非常に稀な言語となっている。
    この逆パターンが、ハンガリー語とフィンランド語で、アジアから押し出された、
    マジャール人とフィン人のアジア系言語は、そのまま、ヨーロッパに根付いた。

    ブルガリア語は、古くから、スラブ人の間では、宗教・学問の言語として使用
    されていた「古代教会スラブ語」であり、その元となった言語であるため、非常に
    古い文語の歴史を持っているものの、約500年間にも及ぶオスマントルコ支配の
    時代に、新たに教会用語となったギリシャ語に押されて、かなり衰退したが、
    18世紀後半に入って、ブルガリア人聖職者の間から、ブルガリア語復興の機運が
    生まれ、現代ブルガリア語の元となる新ブルガリア語が形成されて、民族意識が
    高まり、ブルガリア語は、オスマン帝国からの独立運動を支える重要な役割を
    果たした。

    IMG_4901
    IMG_4903
    IMG_4905
    IMG_4910
    IMG_4916
    IMG_4918
    2612078
    zir2u_324
    ulgaria

    スラブ祖語は、元々、古代のブルガリア語でるため、ブルガリア語に似ている
    言語ほど、昔の文法体型を維持している事になるが、ブルガリア語自体が、
    オスマントルコ支配の時代に、かなり崩れてしまったため、文法的には、英語に
    かなり近い。 文法が崩れ去った言語は、どの言語も、ほとんど、英語のように
    なるという共通点がある。

    スラブ語の『私』は、ブルガリア語以外、全て『ja』だが、古代教会スラブ語では、
    『私』の事を『az』と言うのと、スラブ語では、『アルファベット』の事を
    『azbuka』と言うため、スラブ人は、「az」が「私」という意味である事を皆
    知っている。 ロシア語とブルガリア語は、そのまま喋ってもほぼ内容が理解出来る
    ぐらい似ている言語だが、スラブ語は、ゲルマン語他の言語と比較して、それぞれの
    言語に分かれたのがかなり遅かったため、ブルガリア語以外も全言語がかなり
    似通っている。 よって、スラブ語のうちの何れかの言語をある程度理解出来て
    いれば、その他の言語でも何を言っているのか、ほぼ理解可能。

    6810370

    ブルガリア語とマケドニア語は、方言程度の違いしかない、非常に似通った言語で
    あるため、ブルガリア人は、皆マケドニア語の事を、ブルガリア語の方言だと
    思っている。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ