アイヌ語は、日本固有の2つの言語のうちのひとつ(もうひとつは日本語)であり、
日本語と地続きで接触して来た唯一の言語。 日本語の方言だと思っている人も
多いが、系統的にも文法の上でも日本語とは大きく異なる別言語となっている。

gfhj18

語順は日本語と同じで、主語や目的語は動詞の前に、修飾語は被修飾語の前に
置く。 一方、 r で始まる単語が沢山あるところなどは、日本語や朝鮮語、
ツングース諸語など、周辺のいわゆるアルタイ言語とは異なる。



文法の特徴の1つは、動詞の主語と目的語を人称接辞というもので示すことで、
例えば、『私が彼にお金をあげた』は、icen ku-kore となるが、『彼が私にお金を
あげた』は、 icen en-kore となる。 更に、『私があなたにお金をあげた』は、
icen eci-kore となる。 つまり、ku- が『私が彼に』、en- が『彼が私に』、eci- が
『私があなたに』を表すことになる。 また、『私たちが笑った』は、mina-as
となるが、『私たちがそれを見た』は、ci-nukar となり、同じ『私たちが』が
自動詞 mina では、接尾辞 -as で、他動詞 nukar では、接尾辞 ci- で表される
などという現象もある。

『私の家』と『私の口』を違う形式で表現するのも、アイヌ語の特徴で、cise
『家』のように持ち主の『私』がいなくても存在しえるもの、つまり、譲渡可能な
ものは、ku-kor cise のように、ku-kor『私が持つ』という表現で所有関係を表すが、
par『口』のように、『私』がいなくなってしまえば、『私の口』も存在しなく
なってしまうようなもの、つまり、譲渡不可能なものは、ku-paroho のように
人称接辞 ku-『私』+paroho『~の口』という変化形(所属形と呼ぶ)で表す。
また、場所とそれ以外のものとは、文法的に区別される。



【アイヌ語の今】
アイヌ語は、日常会話では、殆んど使われなくなったが、そこには、松前藩や明治
政府以来の、アイヌ人に対する収奪と差別の問題が大きな影を落としている。
しかし、現在でもアイヌ語を残し伝えて行こう、現代社会の中で活用して行こう
という努力は続けられている。

北海道最大のアイヌ人組織である北海道ウタリ協会は、1980年代から、アイヌ文化の
継承活動に力を入れ始め、道内各地でアイヌ語教室という活動を始めた。 また、
1989年からアイヌ民族文化際が始まり、アイヌ語劇が上演されるようになった。
1994年には、アイヌ語教科書として『アコロ・イタク』が刊行された。 1997年には、
アイヌ文化振興法が成立し、それに伴って設立されたアイヌ文化振興・研究推進機構
という財団の主催する、指導者育成講座や上級話者講座、アイヌ語弁論大会、
出版助成事業などによって、アイヌ語を学ぼうとする人の裾野がかなり広がった。
STVでは、アイヌ語に関するラジオ番組を放送していたが、現在では、アイヌ人を
講師にして『アイヌ語ラジオ講座』という番組を流しており、インターネットを
通じて全国どこからでも聞くことが出来る。;

【お勧めの1冊】


>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村