世界一難しいとも言われている、超難解なロシア語の文法を簡単に解説します♪

1_4783

その①【地名編】

ロシア語には、男性名詞、女性名詞、中性名詞がありますが、英語やドイツ語の
ゲルマン語では、地名は、基本的に、『中性名詞』となるため、その後に続く、
指示代名詞は、中性名詞の『それ』を使えば、概ね間違っていません。

但し、ロシア語の地名には、基本的に、中性名詞はないため、この時点で、
地名には、男性名詞、あるいは、女性名詞しかないことが分かります。 よって、
それ以後の指示代名詞は、『彼』か『彼女』しかありません。

ロシア語の名詞の性は、子音で終わっていれば、男性名詞、a、または、yaで
終わっていれば、女性名詞、o、または、eで終わっていれば、中性名詞になります。
よって、a、または、yaで終わっている日本語の横浜、名古屋、大阪、福岡等は、
全て『女性名詞』となります。

更に、ロシア語の場合は、地名や固有名詞、数詞も全て情け容赦なく12通りに
格変化するため、格変化した後だと、全く聞き取れなくなります。 特に、前置詞と
名詞は、全て続けて発音をするため、例えば、『イゾーサキ』と聞こえたロシア語の
地名は、どう通訳すべきなのかと言うと、『大阪から来ました』です。

さて、o、または、eで終わっていれば、『中性名詞』と述べましたが、先に述べた
通り、ロシア語の地名には、中性名詞はありませんので、この時点で、男性名詞
決定となります。 よって、o、または、eで終わっている、東京、神戸、長野、
トロント等は、全て男性名詞となるため、それ以降の指示代名詞は、全て『彼』と
なり、名詞の前に付く、形容詞は、全て男性形となります。

【お勧めの一冊】



>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村