ロシア第三の都市、ノボシビルスク出身で、日本で活躍をしていた歌手のオリガが、
2015年1月17日に肺がんにより死去しました。 ロシアのウィキペディアには、
2015年1月に『オリガ死亡』と本日付で記載されています。
 
bg-origa

オリガのFacebookは、1月13日に最終更新がされており、以前、英語で、これから
暫く海外に行くとの記載があったのですが、オリガは、元々、ロシアの学校では、
フランス語を学んでいたため、英語がかなり苦手でした。 ただし、その後、英語を
学んで、苦手意識を克服しました。

1990年に姉妹都市締結を結んだ、札幌とノボシビルスクの国際交流は、私とオリガの
時代に始まりました。 姉妹都市締結後、オリガが、初めて札幌にやって来たロシア人で、
私が、ノボシビルスクに初めて留学をした日本人。 オリガは、ノボシビルスク音楽大学
在学中に札幌にホームステイにやって来たのですが、自分の身の回りから、芸能界に
デビューを果たした人間は、このオリガだけだったので、自分の事のように嬉しかったのが、
つい昨日の事のようです。

オリガの芸名の由来は、デビュー時に、『L』の発音が出来なかった札幌の関係者が、
『R』 で発音をしたものを、オリガが気に入り、そのまま使ったため。



オリガが日本でのデビューのチャンスを掴んだのは、札幌でホームステイをしていた際に、
周りから勧められて、さっぽろ雪祭りのステージで歌った事が切っ掛けで、その後、まず、
札幌でインディーズデビューを果たし、その類稀な歌声は、すぐに東京のプロデューサーの
目に留まり、日本でのメジャーデビューが決まりました。
 


私がノボシビルスクに居た頃は、オリガもまだノボシビルスクに住んでいて、これから、
東京へ引っ越す準備をしていた時期で、同じく当時ノボシビルスクに住んでいた、私の
知り合いから日本語を習っていましたが、あれから、時は流れて、かれこれ、20年以上の
月日が経過しております。 20年以上も前から日本に住んでいるロシア人は、かなり稀で、
当時は、日本全国でも、100名弱ぐらいのロシア人しか住んでいませんでした。 逆に、
当時ノボシビルスクに住んでいた日本人は、全員合わせても、7名でした。
 


当時は、ロシア人に対する差別もあったものの、その後、菅野ようこ氏と出会い、アニメ
ソングを歌うようになりました。 元々は、自分のオリジナル曲を歌っていたのですが、
菅野氏が作った曲もそれ以降、歌うようになり、活動の幅が、大幅に広がりました。

その後、結婚をして、昔ほどは、音楽活動をしなくなりましたが、それでも、Facebookを
時々見ては、元気そうだと思っていた矢先の出来事なので、未だに信じられません。
 


同じ時代、同じ場所を見てきた人間として、非常に残念でなりません。
オリガ・ヤコブレワのご冥福を心よりお祈り致します。 享年44歳・・・
 
3c
これが、オリガの最後の姿だとか・・・

>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ