日本人とロシア人とを一口で比較するのは、なかなか難しいのだが、日本から
最も近い外国であるロシアは、日本人にとっては、謎だらけ。 未だに鉄の
カーテンの向こう側にあるため、興味深々♪

111657651

基本的に、日本人とロシア人とでは、思考回路が間逆であるため、コテコテの
日本的な考え方の人だと、ロシア人とは話が合わないことが多い。 日本人は、
内向的であるため、なかなか初対面の人とは打ち解けようとしないのだが、それは、
ロシア人も同じこと。

よって、お互いに初対面の人には話し掛けることが少ないため、なかなか知り合いに
なれる機会が少ないのだが、日本人が『内輪』を非常に好むのとは対照的に、
ロシアは、国内に約180もの民族がひしめく多民族国家であるため、自己主張が
強い。 よって、基本的に、思っていることは全て口に出して自己主張しな
ければならないのだが、単一民族である日本人の場合は、『和』を重視する余り、
自己主張を許さない傾向が強いため、この部分が日本人とは決定的に異なるため、
この部分で合わないことが多い。

但し、ロシアは、元々が全体主義の国であったため、この名残で、西欧人のような
理不尽な自己主張はして来ない。 元々が保守的な国柄であるため、初対面の
際には、なかなか仲間内に入って行き辛いのだが、一旦仲良くなると、絶対に
裏切らないのがロシア人。 一方の日本人は、友人や知り合いであったとしても、
平気でちゃっかり裏切ったりするため、この点もロシア人とは決定的に異なる。



両国の共通点としては、自殺が多いことを挙げられるが、自殺の原因は根本的に
異なる。 ロシアの自殺の原因は、政治への絶望、仕事が見つからないことへの
あせり、借金等が挙げられるが、日本の場合は、将来への不安、不安定な雇用、
理不尽な雇用条件を挙げることが出来る。

生真面目で有名な日本人とは対照的に、ロシア人は、仕事中であったとしても、
結構いい加減。 但し、ロシアでも堅い職業に就いている人の場合は、日本人
よりも融通が利かないことが多く、何でも規則通りとお役所対応をゴリ押しして
来ることが多いのがロシア人の特徴。

仕事中はニコリともしないが、仕事が終われば、満面の笑みを浮かべるのが
ロシア人で、仕事中は、満面の笑みで対応してくれるものの、仕事が終われば、
ニコリともしないのが日本人w ロシア人は、常に笑いを忘れないが、日本人が
冗談を言うことは稀。 時間に対して非常にルーズなのが、ロシア人で、職場に
15分程度遅れたとしても、特に何も言われず、昼休みも1時間半~2時間程度
取るのが当たり前。 ロシアでは、退社時にも時間ぴったりに帰宅するが、この
全てが一切許されないのが日本人。

ロシア人は、日本が大好きだが、日本人はロシアが大嫌いという特徴も典型的な
特徴と言えるのかも知れない。

【お勧めの一冊】


>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村