多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    タグ:おのくん

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    被災地通信 に参加中!

    美里編で紹介した堤防を海側へ約15キロほど下ると、野蒜海岸へと出ます。
    2015年5月30日に約4年ぶりに営業再開を果たした、JR仙石線の野蒜駅は、
    山側へと移転し、新たに街開きを行ったため、駅前には、未だ一切何もない。

    【新しく移転した野蒜駅前】
    IMG_0728
    IMG_9680
    IMG_0731
    IMG_0734
    IMG_0737
    IMG_0730

    工事関係者の人達の話によると、来年の5月までにこの場所を宅地造成して、
    個人に引き渡すそうです。 どの場所を誰に引き渡すかは、既に決まっていて、
    後は宅地造成するばかり。 野蒜に限らず、『街開き』した筈の新しい町には、
    道路の1本すらまだなく、単なる荒れ地を切り開いただけの状態となっています。

    この場所に災害復興住宅が完成するのは、2年後と言われており、工事が遅れて
    いるため、再来年の3月に仮設住宅が全て廃止されるまでに間に合うのかすら
    分からない状況です。 この後紹介する、石巻の新蛇田地区は、街開きしたにも
    関わらず、ここよりも酷く、道の一本すらまだない。 

    【津波で廃止となった旧仙石線跡】
    IMG_0756
    IMG_0745
    IMG_0746
    IMG_0744
    IMG_0763
    IMG_9671

    津波災害により、廃止となったJR仙石線跡。 1枚目は、新しくなった仙石線。
    この付近は、20年ほど前にも、強風時に安全に運転を行えるよう、陸前小野⇔
    野蒜駅間で若干ルート変更をしたため、その時の旧線も残っているのだが、現在、
    ファミリーマートになっている、旧野蒜駅は、その時に新しくした駅であるため、
    仙石線の駅の中では、比較的新しい駅舎だった。

    このすぐそばにある野蒜小学校では、折角仙石線の電車から乗客が避難をして来た
    のにも関わらず、校長が校舎に鍵を掛けてしまったため、体育館に避難をしていた
    人達数名が津波の犠牲となった場所。 東日本大震災発生時に、電車が津波で折れ
    曲がって倒れていたのを覚えている人も多いと思うのだが、それがこの場所。

    下り列車は、乗客の判断により、ちょうど高台部分で停車したため、翌日に乗客
    たちは、全員助けられたが、その車両自体は、2011年の12月末まで、その場に
    放置された。 

    【津波で廃止となった旧野蒜駅】

    IMG_0780
    IMG_0777
    IMG_0774
    IMG_0781
    IMG_0783
    IMG_0784

    津波災害で残った旧野蒜駅は、今後、『津波伝承館』として整備される事が
    決まっている。 この元駅舎には、観光案内所もあり、東日本大震災で被災した
    時のパネルが展示されている。 この付近も『宮城県連続地震』の被災地である
    ため、観光局の人達に、その時の地震災害の情報も展示して下さいとお願い
    して来た。

    『東日本大震災』の時よりも、『宮城県連続地震』の時の地震の方が、地震災害
    としては、凄まじかったのだが、その事を覚えている人は、東松島周辺にしか
    居ない。

    尚、『宮城県連続地震』で被害を受けた場所は、『東日本大震災』では、ほぼ
    無傷だったのだが、その理由は、そんな程度の地震で倒壊する家屋やブロック塀は、
    その時に既に全て倒壊して無くなっていたのと、その後、地震に対する災害強化を
    更に行ったため。

     

    野蒜駅前に到達した津波の高さは、3.7メートルとなっており、町と共に、
    うっそうとした松林もほぼ全てが流出したため、一切何もなくなった。
    工事関係者に尋ねたところ、この場所は何になるのか分からないとの事だった。
    このすぐ先が野蒜海岸なのだが、工事中であったため、海側へは一切入れなく
    なった。 尚、この付近での死亡者の数は、約500名。
     
    福島県と東電によれば、福島第一原発付近に到達した津波の高さは、15メートル
    だそうだが、その津波の高さは、実は、『遡上高』であった事を住民らの追求
    により、東電と福島県が既に認めています。 3.7メートルの高さの津波で、この
    有様なので、福島第一原発付近に到達した津波の高さは、明らかに2メートル以下。
    その証拠に、福島の建物は、ほぼ全て残っている。

    【新しくなった東名駅】
    IMG_0752
    IMG_0758
    IMG_9711
    IMG_9710
    IMG_0760
    IMG_0762
     
    野蒜駅と同じく、5月30日に4年ぶりに営業を再開したJR仙石線の東名駅。
    高台に移転したため、その高台への入口側から見ると、野蒜駅とほぼ同じような
    位置となった。

    内陸側へ移転し、その入り口部分がほぼ同じであるため、地域住民にとっては、
    かなり使いづらい駅になった。 周囲に建物は、まだひとつもない。 この付近は、
    潮干狩りで有名な場所だったのだが、現在、潮干狩りは出来ない。



    JR仙石線の陸前小野駅前にある『空の駅』。 ここでは、仮設住宅に住むお母
    さんたち手作り、ソックモンキーの『おのくん』を購入する事が出来る。
    どれでも1体1,000円となっており、通信販売での場合は、1年半待ちの大人気
    商品となっている。 但し、この『空の駅』まで来れば、その場で購入する
    事が出来る。

    【空の駅】
    IMG_0875
    IMG_0877
    IMG_0879
    IMG_0889
    IMG_0884
    IMG_0881
      
    『空の駅』とは、東松島市内にある『航空自衛隊松島基地』の事を指しており、
    日本で唯一のアクロバット飛行が出来るブルーインパルスの本拠地らしい名前と
    なっています。

    『空の駅』は、1年半後の本格運営を目指して、現在募金を募っている。 より
    正確に言うと、1年半後には、仮設住宅が全てなくなるため、それまでにこの
    『空の駅』を何とかしないと、この先、どうにもならなくなるという意味。

    ここには、『おのくん』以外にも、ブルーインパルスグッズが多数あるため、
    ブルーインパルス好きのお方にもオススメの場所かも知れない。 

    【小野駅前応急仮設住宅】

    IMG_0894
    IMG_0895
    IMG_0897
    IMG_0898
    IMG_0906
    IMG_0910

    JR仙石線の陸前小野駅前にある『おのくん』を販売している仮設住宅。
    陸前小野駅からは、線路沿いに歩いて10分程度掛かる。 仮設住宅を入ると、
    まず、ブルーインパルスが目に飛び込んで来る。 『おのくん』は、宮城県
    東松島市の『小野駅前応急仮設住宅』の主婦らがひとつずつ手縫いで作っている、
    サルがモチーフのキャラクターのぬいぐるみのソックモンキー。 東日本大震災
    からの復興への願いがこめられている。 『めんどくしぇ』が合い言葉。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    被災地通信 に参加中!

    おのくんは、宮城県東松島市の『小野駅前応急仮設住宅』の主婦らがひとつ
    ずつ手縫いで作っている、サルがモチーフのキャラクターのぬいぐるみ
    (ソックモンキー)。 東日本大震災からの復興への願いが込められている。
    『めんどくしぇ』が合い言葉となっている。



    来年は、さる年という事で、最近、にわかに注目を集めている大人気商品と
    なっており、通信販売で『おのくん』を手に入れようとした場合、1年半待ち
    となっているが、陸前小野駅前にある『空の駅』 、あるいは、
    『小野駅前応急仮設住宅』まで行けば、その場で手に入れる事が出来る。
    元々、この仮設住宅まで足を運んで欲しいという願いが込められているため、
    通信販売には、余り力を入れてはいない。 『おのくん』の制作には、その
    大きさにもよるが、概ね、1時間半程度掛かるとのこと。

    【空の駅】
    IMG_0875
    IMG_0877
    IMG_0881
    IMG_0883
    IMG_0879
    IMG_0889

    小野地区は、12年前の「宮城県連続地震」の際にもかなりの被害を受けており、
    この周辺一体は、震度6強連続3回という激震に見舞われたため、多くの家屋が
    倒壊したり、屋根にブルーシートを掛けたりして、何とか復興への道を歩み
    だしたのだが、その6年後には、「東日本大震災」が発生し、地震被害こそ
    受けなかったものの、その後に発生した津波が、この陸前小野駅周辺まで到達し、
    再び被災地となったもの。 よって、住宅に関しては、二重、三重ローンを抱えた
    まま仮設住宅で暮らしている人達も居るのが、この地域の特徴。 家を二回連続で
    失った人達の場合は、再度住居を建設しようとしても、かなり難しいのと、
    この周辺一帯が、津波で浸水したため、再度家屋を建築しても、また津波が
    やって来るのではという不安が捨てきれない。

    東松島市の場合は、市域の六割以上が津波により浸水してしまったため、
    陸前小野駅から見て、海側に家があった人達は、陸前小野駅よりも内陸側に
    家を建てた人達が多い。 新しく家を建てた場所も津波によって浸水した場所
    なのだが、この周辺には高台が少ないため、この周辺に住みたい場合は、
    どうしてもこうなってしまうのが実情。

    【小野駅前応急仮設住宅】
    IMG_0894
    IMG_0895
    IMG_0897
    IMG_0898
    IMG_0910
    IMG_0906

    「空の駅」とは、東松島市内にある「航空自衛隊松島基地」の事を指しており、
    日本で唯一のアクロバット飛行が出来るブルーインパルスの本拠地らしい名前と
    なっている。 『空の駅』は、1年半後の本格運営を目指して、現在募金を募って
    おり、より正確に言うと、1年半後には、この周辺の仮設住宅が全てなくなるため、
    それまでにこの『空の駅』を何とかしないと、この先、どうにもならなくなる
    という意味でもある。


     
    『おのくん』以外にも、ブルーインパルスグッズが多数あるため、
    ブルーインパルス好きのお方にもオススメの場所かも知れません♪

    >>トップページに戻る





    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ