日本でも大人気のチェブラーシカ(Чебурашка)は、ロシアの児童文学家、
エドワルド・ウスペンスキーによるシリーズものの絵本『ワニのゲーナ』に登場する
キャラクターで、たぬきのようでもあり、パンダのようでもあるが、実は、正体不明の
生き物。

25e3be98


果物屋のおじさんが、アフリカから送られてきたオレンジが入った箱を開けてみた
ところ、小さなカワイイ生き物がその中で眠っていました。 何度起こしても、寝ぼけて
すぐに倒れてしまうことから『チェブラーシカ(ロシア語で「ばったり倒れ屋さん」)」と
名付けられました。 困り果てたおじさんは、この生き物を引き取って貰うため、
動物園へと連れて行きますが、動物図鑑にも全く載っていないこの正体不明な
生き物は、動物園でも引き取ってはもらえず、電話ボックスの中で、孤独に生きて
行くこととなりました。

その動物園の中で『ワニ』として働いているアフリカワニのゲーナは、友達がいないため、
毎日寂しい想いをしていました。 そこで、ゲーナは街中に貼り紙を貼って、友達を
募集することにしました。 この貼り紙が切っ掛けで出会ったチェブラーシカとゲーナは、
同じように友達のいない寂しい想いをしているみんなが集まるための『友達の家』を
作ることにしました。



本来、このシリーズの主人公は、チェブラーシカの友人であるワニの『ゲーナ』で
あったが、その人気から、『チェブラーシカ』が実質的な主人公となっている。966年に
絵本作品として登場し、1969年からは、ロマン・カチャーノフ監督により、人形アニメで
映画化され、日本にも紹介された。 2009年には、日本でもテレビアニメ化され、
2010年には、約6年近い歳月を掛けた完全新作の人形アニメ映画が完成し、日本で
公開された。

チェブラーシカの版権は、現在、日本の企業が所持しているが、既にソ連時代から
ロシア国内では、無許可の商品が数多く出回っていた。

ソ連崩壊直後の1992年、映画の権利は、アメリカの配給会社 Jove へと渡った。
日本の配給元であった、チェブラーシカ・ジャパンは、版権をこのアメリカの会社から
得たが、原作者のエドワルド・ウスペンスキー氏は、ロシアの様々な商品における
チェブラーシカに対する著作権が自分に属すると主張。 版権入手の際、原作者の
ウスペンスキー氏を介していなかったチェブラーシカ・ジャパンに対しても著作権侵害で
あるとの訴訟を起こす事となる。

2958762398


一方、2004年にチェブラーシカがオリンピックのロシア選手団のマスコットに決定した時
には、それがウスペンスキー氏の許可しか得ていないものであったため、アニメーションの
キャラクターの作者であるレオニート・シュヴァルツマンを中心とする人々によって異論が
唱えられた。 1965年のウスペンスキー氏の本にあったチェブラーシカの挿絵は、現在の
ものとはまったく異なるものであり、現在のキャラクターは、シュヴァルツマンが創作した
ものである。

zYuGpS


また1990年代にウスペンスキー氏は『チェブラーシカ』«Чебурашка»の名前の商標権も
獲得したが、これはロシアの有名菓子メーカーとの論争に発展した。 2006年に新たに
版権を獲得したチェブラーシカ・プロジェクトは、交渉の末、旧ソ連地域以外での版権
問題がすべてクリアになったとしている。

【お勧めの一冊】


>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村