多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    カテゴリ:東ヨーロッパ > ウクライナ・ベラルーシ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ブログネタ
    旬なニュース速報 に参加中!

    最近では、日本のメディアでも度々報道をされるようになったウクライナ。 但し、
    100%欧米寄りの偏った報道ばかりが取り上げられており、実際のウクライナの
    姿は報道されず。 ウクライナは、旧ソ連邦構成諸国の中でも、ロシアに次ぐ国力を
    誇っていましたが、元々は、ソ連から独自に独立を目指した国ではなく、ロシアが
    ソ連から独立を果たすための産物に過ぎませんでした。

    1991年12月に、ソ連邦は崩壊しましたが、その直接の原因は、エストニア・ラトビア・
    リトアニアのバルト3国が独立要求したところから始まり、次いで、当時ロシア
    大統領であった、ボリス・エリツィン氏が、ウクライナとベラルーシを道ずれにして、
    『スラブ同盟』の名の下、ロシアのソ連からの独立を宣言したため、ソ連の崩壊が
    決まりました。



    『ウクライナ』は、ロシア語では、『地方』や『田舎』を意味しますが、ウクライナでは、
    『国』を表します。 ロシア発祥の地は、ウクライナであり、元々、ロシアとウクライナと
    ベラルーシは、同じ『ルーシ』という国でした。 その後、モンゴルに首都のキエフを
    滅ぼされて、モンゴルの支配下になったのが、現在のロシア。 ポーランド、
    リトアニアの支配下になったのが、現在のウクライナとベラルーシ。

    ウクライナは、歴史的にもロシアよりも遥かに古く、ポーランドから独立を果たす際に、
    先にモンゴル支配から抜け出した、同じ正教の国のモスクワ公国(現在のロシア)に
    助けを求め、その際に、国ごと乗っ取られたという歴史があるため、ウクライナ人には、
    この意識が強く現れており、似て非なる点が争いの元となっています。



    ソ連時代のロシアとウクライナの国境は、実際のところ、日本で言うところの県境程度の
    認識であり、旅券を持たずに自由に行き来出来る単なる線に過ぎなかったが、その後、
    ウクライナは、自分の国の独自の『アイデンティティー』を求め過ぎて、過度に『国粋主義』
    寄りに傾きました。 ロシア語の禁止、ウクライナ語の強要は、その最たるもの。

    ウクライナをはじめとする、旧東欧圏では、一昔前までは、そこまで外国人に対して、
    差別的な言動はありませんでしたが、今では、明らかにウクライナ人ではない人の
    場合は、差別の対象となってしまいます。 ウクライナ人全員ではありませんが、
    そういう人たちがかなり増えたのは、事実です。

    hohluha_468

    アメリカやカナダ等の北米に長年住んでいるウクライナ系住民たちは、ロシアに対して、
    並々ならぬ恨みを抱いているため、それが、今回の内戦に入って来た事で、更に
    事態が悪化しました。

    西側のように、常に文句や不満を吐き出していれば、何か起きたとしても、ある程度の
    歯止めが利きますが、東側は、『全体主義』であるため、常に我慢を強いられる社会と
    なっており、それがひとたび爆発すると、歯止めが掛かりません。 個人的見解としては、
    ガスパイプライン問題をはじめ、ウクライナほど、周辺諸国に迷惑を掛けている国は
    まずないのと、今後も新興財閥『オリガルヒ』による支配が続くのであれば、ウクライナを
    救済する意味はないため、一度デフォルトして、完全にゼロからやり直すべきだと
    思います。

    旧ソ連時代と比較して、ウクライナは、物質的には豊かになりましたが、心はかなり
    貧困化したと思います。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ブログネタ
    PV・音楽動画 に参加中!

    アンナ・セドコーワ(ロシア語:Анна Седокова、1982年12月16日キエフ生まれ)は、
    ウクライナのポップス歌手、並びに、モデルである。 愛称はアーニャ。
     
    i

    2002年に脱退した、アリョーナ・ヴニーツカヤに代わって、ウクライナ・ロシアの女性歌手
    グループ『VIa Gra』の2代目メインヴォーカルとして活躍したが、ディナモ・キエフの
    ベラルーシ人ミッドフィルダー、ヴァレンチーン・ベルケーヴィチとの結婚と妊娠を機会に、
    2004年にグループから脱退した。 生まれた子供は、アリーナと名付けられた。

     
    アンナの抜けたグループは、スヴェトラーナ・ロボダーを新たに加えて活動を続けたが、
    ユニット在籍時の一番人気は、このアンナ・セドコーワであった。

     
    2006年4月より、音楽に関する分野に復帰し、新たに『アンナベーリ』という芸名を
    用いている。 彼女のソロデビューとなったビデオクリップは、『私のこころ』であった。
    それ以降、テレビ番組への取り組みに力を入れ、ロシアやウクライナのいくつかの
    テレビ番組やコンサートで司会を務めている。 モデルとしての活動も積極的に
    行っているが、ファッションモデルとしての活動の他にディナモ・キエフのキャラクター
    モデルも務めている。


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ブログネタ
    PV・音楽動画 に参加中!

    アリョーナ・ヴーニンツカヤ(ロシア語:Алёна Винницкая)は、1974年12月27日、
    ウクライナのキエフ生まれのンガーソングライターである。 ウクライナの公用語で
    あるウクライナ語での名前はアリオーナ・ヴィーヌィツィカ(ウクライナ語:Альона
    Вінницька)となり、ウクライナのテレビ放送では、主にウクライナ語名で紹介
    されている。  但し、ウクライナのアーティストで、ウクライナ語で歌っているのは、
    非常に稀で、ほぼ全員がロシア語のみを使用している。
     
    zadiraka_com

    ウクライナのレコード会社と契約をしているため、基本的にはウクライナ語表記で紹介
    されるが、ホームページではロシア語を使用している。  本名は、ウクライナ語で
    オリハ・ヴィクトリウナ・ヴィーヌィツィカ(Ольга Вікторівна Винницька)、ロシア語で
    オリガ・ヴィクトロヴナ・ヴィーニンツカヤ(Ольга Викторовна Винницкая)。


    アリョーナは、過去に複数のグループで作詞・作曲・ヴォーカルなどを担当していたが、
    1997年から2000年まで、テレビ音楽番組やラジオ番組、またニュースのレポーター
    として働いていた。 その後、音楽プロデューサーのコンスタンチン・メラゼと知り合い、
    『Via Gra』を結成する事となるのだが、その際にオーディションで選ばれたのが、
    ナジェージダ・グラノーフスカヤ。 キエフ生まれのアリョーナとは、10歳も年齢差があり、
    田舎から出てきたばかりのナージャとは、やはりそりが合わなかったというのが、
    『Via Gra』から脱退した、本当の理由らしい。


    『Via Gra』は、『ヴォーカル・インストゥルメンタル・アンサンブル』と、ウクライナ語で
    『遊ぶ』や『演奏する』という意味の『Gra』を組み合わせたものだが、その他にも、
    様々な諸説あり、その中でも、『ヴィーニンツカヤ』の『Vi』と、アリョーナの『A』、
    『グラノーフスカヤ』の『Gra』を取って、『Via Gra』となったとする説もある。


    尚、アリョーナは、この『Via Gra』時代に『Cool Before』のセルゲーイ・アレクセーエフと
    結婚した。 2002年には、アリョーナと同じキエフ生まれのアンナ・セドコーワ(アーニャ:
    Анна Седокова)を加え、『Via Gra』はトリオとなった。 2003年に、アリョーナは、
    『Via Gra』から脱退し、その後、ソロ活動へと転身した。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆;
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ブログネタ
    CDレビュー に参加中!

    チナ・カロリ、英語読みで、『ティナ・キャロル』は、ロシア連邦マガダン州ヤーゴドノエ地区
    オロトゥカーン出身のウクライナの歌手、女優。 ウクライナ名誉アーティスト。
     
    Pevica-Tina-Karol

    1985年1月25日生まれ、本名は、タチヤーナ・グルゴーリエヴナ・リベルマン。 1992年に、
    両親と共に、ウクライナのイヴァーノ=フランキーウシクへと引っ越した。 2005年から
    現在まで、ウクライナ軍の歌謡アンサンブルのソリスト、並びに、航空大学経営物流学部の
    卒業生。
     

    ウクライナ国内で有名になったのは、2005年の『2005年新しい波』コンクールで2位を
    受賞してから。 その際に得た賞金で、『雲よりも高く』のビデオクリップを制作した。
    同年秋には、イラクとコソボの平和維持活動にも参加している。

     

    2006年には、アルバム『Show me your love』を発表し、この曲で、2006年のウクライナ
    代表として、ユーロビジョン・ソング・コンテストに出場、7位となった。2007年には、
    ウクライナで最も人気のある歌手として認められ、2008年3月には、雑誌『VIVA!』の
    読者により、『ウクライナで最も美しい女性』の称号を受賞した。 同年4月には、
    『女性雑誌』のアンケート調査で、『ウクライナで最も魅力的な女性』にも選ばれている。


    2008年10月には、産休に入ったが、その3週間後には、ステージに復帰している。
    2009年1月には、『ウクライナ名誉アーティスト』の称号を得ており、2009年2月には、
    『ミス・ウクライナ・ユニバース2009』の主催により、『2008年ウクライナで最も美しい歌手』
    を受賞した。  また、同月には、雑誌『VIVA!』で2回目となる、『ウクライナで最も美しい
    女性』の称号を受賞している。 2014年3月26日には、『2014年度最優秀女性
    アーティスト賞』を受賞した。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ウクライナの人気ポップスユニット、『Via Gra』の第3期メンバー。
    初代ボーカルであった、アリョーナ・ヴィニーツカヤが、ユニットから
    脱退したため、その代わりに、として、ユニットに参加。
     
    vera

    ユニットとしての活動期間は、2003年~2007年。 本名、ヴェラ・ヴィクトロヴナ・
    キペルマン。 幼少期の苗字は、ガルーシカ。 1982年2月3日生まれ。 2人の
    娘の母だが、2回離婚している。

     

    その名前から、旧ソ連のブレジネフ書記長の姪ではないかと言われる事が多いが、
    定かではない。 首都のキエフではなく、ウクライナ南東部のドニプロゼルジーンシク
    出身。



    Via Graが、t.A.T.u.に続き、日本に来日した際の3名のメンバーの内のひとりが、この
    ヴェラ・ブレジネワ。 その際のメンバーは、ナジェージダ・グラノーフスカヤとアンナ・
    セドコーワ。 この時は、アンナ・セドコーワがメインボーカル。 当時は、アンナ・
    セドコーワの方が、圧倒的に人気が高かった。 ウクライナ語ではなく、全曲ロシア語
    だけで歌っている。



    Via Gra 脱退後は、ソリストとして活躍する傍ら、2回ほど、ロシアで『最も成功した女性』
    にも選ばれた。 Via Gra脱退後、最も活躍をしているのが、ヴェラ・ブレジネワ。



    モルドバのダン・バラン他とも、多数デュエットをしており、ソリストとしてだけではなく、
    多方面での活躍を印象付けた。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ウクライナ西部のガリツィア地方(青い場所)は、元々はポーランド領であったため、
    どうして、そこまで、ウクライナ政府は、そこまでガリツィヤにこだわるのか、到底
    理解出来ない。 どちらかと言うと、ウクライナよりも、ポーランドに属した方が自然
    なのだが、ウクライナ人達も、ポーランドを西へと追いやっているため、南東部の
    ドンバス(緑色の場所)の事を余り強く言えない筈なのだが。 ベルリンの壁が崩壊
    した際に、ドイツの国境が画定され、ポーランドとの国境問題がなくなった今となっては、
    ポーランドも今更、ガリツィアを返せとも言えず。

    現在のウクライナ語は、このガリツィア方言が元になっていると思われ、言語的には、
    ロシア語よりも、ポーランド語と酷似している。

    Map_468

    南西部のベッサラビア(北ブコビナ)は、元々、ルーマニア領、カルパチアは、スロバキア
    統治の後、ハンガリー領となったものなので、それらを束ねるのは、『愛国心』だけなの
    かも知れない。 

    日本から見た場合でも、京都が急に共産圏に入ると言い出したら、反対するの同じ。
    いくら東日本の人間が、関西の事を嫌っていたとしても、実際に、関西が別世界に言って
    しまう可能性が出てきた場合、東京も当然、大反対するであろう。

    ヨーロッパは、どこの国でも侵略や、奪い合いの末、国境が画定された場所が多いため、
    ウクライナに限らず、隣国との関係は、どこも全て微妙。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ブログネタ
    旬なニュース速報 に参加中!

    EUが、ウクライナを仲間に入れない理由は、分かりやすくひとことで言ってしまうと、
    東欧が嫌いだからなのだが、その事は、EU内でロシア語で実際で喋ってみると、かなり
    体感出来る。 更に、ドイツ語、フランス語が理解出来ていると、あからさまに周囲から、
    悪口を言われているのも分かる。

    assosiation_468

    EU、特に、ドイツ、フランスにとっては、ロシアもウクライナも旧ユーゴも似たり寄ったり。
    ブルガリアとルーマニアをEUに入れてしまった事を後悔しているのが、EU、特に、
    ドイツです。 ドイツは、ブルガリアとルーマニアからの労働者の移動を7年間規制して
    いたものの、最近、それが解除されてしまったため、現在、ブルガリアとルーマニアに
    居住していた、ジプシーこと、『ロマ』が、列挙して、『EU市民』として、ドイツ、フランス等
    に押し寄せている。

    81dbade2845a64c21cb717e938b943ea

    EUは、第二のブルガリア、ルーマニアを恐れているだけではなく、それ以上の劣悪な
    環境の国をEUには入れたがらない。 EUの中でも、1人勝ちと言われているドイツは、
    これ以上の余計な重荷を背負いたくはないため、むしろ、ドイツが、EUから脱退する
    可能性もある。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    原油価格の急落と経済制裁により、ロシア経済が、危機に瀕している。 ロシアは、
    世界最大の領土を有した、超多民族国家であるため、常に崩壊の危険性があります。

    そうなってしまった場合は、ウクライナや旧ユーゴスラビアの比ではなくなるでしょう。
    長年に渡り、混血を繰り返しているため、純粋な「ロシア民族」というもの定義が、
    非常に曖昧で、一度民族問題に火が付いてしまうと、凄まじい勢いで、治安が悪化し、
    内戦になると思います。

    この不安定な要素は、金融危機と言うよりも民族間の問題や、政治的に不安定な
    ところから来ています。

    n-VLADIMIR-PUTIN-large570

    国外への移住者も過去2年で急増。 2012年のプーチン大統領就任後、国外移住者は
    約5倍に増えている。 2013年と12年の国外移住者は、それぞれ18万6382人、2012年は
    12万2751人となっている。

    出典:ロイター ロシア、資本と頭脳の流出進む 国外への移住者は年間18万人

    [ロンドン 2014年8月14日 ロイター] - ウクライナ情勢をめぐるロシアと米欧の対立を背景に、ロシアから資本と頭脳の流出が進んでいる。 ロシア経済省は、今年の資本流出額が、昨年の610億ドルを上回る1,000億ドルに達すると予測。 一部では、流出額は同省の予測をはるかに上回るとの見方も出ている。

    オバマ米大統領は今月6日、「(ロシアから)1,000億━2,000億ドルの資本が流出した」と発言。

    欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁も5月に「ロシアから非常に巨額の資金が流出しており、一部では1,600億ユーロ(2,140億ドル)が流出したとの見方もある」と述べた。

    ロシア国立高等経済学院でさえ、今年の資本流出額を1,300億━1,500億ドルと予測。 ある欧米銀行の幹部は、今後、資本流出が加速し「ロシアマネーがロンドン、オーストリア、スイスなど西側に向かう」との見方を示した。

    欧米からの新規投資もストップしているとみられる。 ある欧米銀行の幹部は「今、取締役会でロシアへの大型投資を提案すれば、笑いものにされ、取締役会から追い出されるだろう」と指摘。

    複数のロシア市民も、ロイターに対し、資本規制を懸念しており、手持ちのルーブルをドルやユーロに替えたいと話している。

    民間貯蓄の実態は、中銀も把握でてきないが、国民のタンス預金は数百億ドルに達するとの見方もある。

    <国外への移住者が急増>

    国外への移住者も過去2年で急増。 2012年のプーチン大統領就任後、国外移住者は約5倍に増えている。

    2013年と12年の国外移住者は、それぞれ18万6,382人、2012年は12万2,751人。

    これに対し、2011年は3万6,774人、2010年は3万3,578人だった。

    統計で把握できないケースもあるため、実際の移住者ははるかに多いとの見方もある。

    米法律事務所スクワイア・パットン・ボッグスの幹部は「ロシアの富裕層から問い合わせが増えている」と指摘。国内情勢が悪化した場合に備えて移住先を探す動きが出ているとの見方を示した。

    家系調査を代行するウラジーミル・パーリィ氏は今年に入り、顧客からの依頼が4倍に増えた。 海外で市民権を申請するため、先祖が海外出身ではないか、調査を依頼する人が増えているという。

    独立系調査機関レバダ・センターはの幹部は「最高の教育を受けた最も活動的で起業家精神に溢れる人が流出している」との見方を示した。 
    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    フェーメン(FEMEN)は、ウクライナのキエフで、2008年に設立された、
    第三波のフェミニズム抗議団体。 『ウクライナの若い女性のリーダーシップ、
    知性、道徳性を磨く』、『ウクライナは女性にとってチャンスの国だという
    イメージをつくる』などの理念を掲げている。

    femen-freedom

    この組織を世界的に有名にしたのは、メンバーが売春ツアーや悪質な国際結婚の
    仲介業、性差別をはじめとした国内外の社会問題に対して行うトップレスの抗議
    行動であり、その矛先は宗教団体にも及ぶことで知られている。
     
    femenm

    元々、フェーメンは下着姿でデモンストレーションを行う事で知られる団体で
    あった。 しかし、2009年4月以降、フェーメンは定期的に『トップレス』で
    デモを行うようになった。 露出は、ほとんどの場合、胸までだが、2010年
    10月にキエフに公衆トイレが不足していることを訴えるデモが行われた際に、
    臀部を出してのパフォーマンスを行っている。

    フェーメンのメンバーは、半裸で挑戦的なスローガンを公共の場で誇示したり
    叫んだりすると言う、その抗議手法ゆえに、定期的にウクライナ警察に身柄を
    拘束されている。 フェーメンはその挑発的な手法を正当化して、次のような
    声明を出している。 『この国で声を届ける唯一の方法がこれだ。 旗をかかげて、
    ただ抗議を行っても、我々の主張に耳が傾けられる事はないだろう』。

    g_8339

    彼女たちの目標は、ヨーロッパで最大規模、かつ、最も影響力を持つ
    フェミニスト団体となる事であり、2012年10月のウクライナ議会選挙では、
    候補者を立て、政党となる事を検討していた時期もある。

    L7LNvarmpm

    2011年以降、フェーメンは定期的にウクライナ国外でも集会を開いている。
    2011年4月の後半にはワルシャワ、チューリヒ、ローマ、テルアビブ、
    リオデジャネイロなどに海外支部を設置したと発表している。

    2013年10月、フランスのパリに本拠地(本部)を移したという報道があった。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ウクライナの財政を圧迫しているのは、新興財閥のオリガルヒなので、日本政府が何を
    どう援助しようが、無駄だと思います。 ウクライナ政府は、戦争をも金儲けの手段として
    使っているため、一度デフォルトした方が、ウクライナ国民のためだと思います。 このまま
    中途半端に、お涙頂戴的な援助を続けたところで、実際に困っているウクライナ人の元には、
    資金は届かず、途中で、オリガルヒの懐に消えるだけです。 ロシアも、『手癖の悪い』
    ウクライナ国内にパイプラインを通し続ける事には、懐疑的で、前々から、ウクライナを
    避けて通るパイプラインの建設計画を進めていたところ、ブルガリアに拒否されて、今後は、
    ウクライナ以外のどの国を通すのかが、争点になると思います。

    ウクライナの現状としては、キエフを含む、ウクライナ全土では、ロシア語が使用されており、
    旧ポーランド領の西部の端の方まで行かなければ、ウクライナ語を使用していません。
    但し、そのウクライナ語も、ロシア語と激似のため、そのまま喋っても、ほぼ通じます。
    AS20140222000302_comm
    【ウクライナ、ロシアからガス輸入再開 財政危機深刻化】
    2014年12月13日23時53分  朝日新聞
    ウクライナがロシアからの天然ガス輸入を半年ぶりに再開した。 ロシアへのエネルギー
    依存を避けたいウクライナは10月に条件面で合意した後も再開を見送っていたが、
    東部の紛争で深刻な電力不足に陥った。 一方で財政危機はますます深刻化。 新たな
    支援を求める声も強まり、欧州連合(EU)や国際通貨基金(IMF)を悩ませそうだ。

    ガス輸入は、国営エネルギー会社が、ロシアの天然ガス企業ガスプロムに10億立方
    メートル分、3億7,800万ドル(約455億円)を前払いし、9日から再開された。
    EUが仲介した10月末の合意では、ウクライナが債務の一部を支払えばロシアは
    3月までは料金前払いを条件に輸出に応じる。 ウクライナは、直後に債務31億ドルの
    うち14億5千万ドルを支払ったが、輸入を続けるためには残りも年内に支払わなければ
    ならない。 財政をさらに圧迫する要因になる。
    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    2014年度の『世界で最も影響力のある人物ランキング』で1位を獲得した、
    ロシアのプーチン大統領。

    10698428_742193009149898_1717028210058710822_n

    日本は、何もかも、全てアメリカの言い成りで、単に、英語のニュースをそのまま
    直訳して垂れ流しているため、未だに、テレビなどでは、『親露派』や、『ロシアが
    不法占拠しているクリミア』などという、情報を明らかに、操作するような表現を
    用いて、国民を洗脳しているが、『親露派』とは、『ロシア系住民』の事であり、
    ウクライナ正規軍を相手に、武装をして暴れまわっている、恐ろしい武装集団と言う
    イメージが日本では強いものの、実際のところは、単なる『ロシア系住民』で、
    常に、ウクライナ軍の攻撃にさらされており、今回のウクライナ危機の後に、
    ロシア系住民、約4,000名が、ウクライナ軍によって、殺されたと言われている。

    そのような緊急を要する状況下であるため、『親露派』と呼ばれる、ロシア系住民
    たちも、当然、武装をしなければ、ウクライナ政府に、殺されてしまうという非常に
    厳しい状況下にあります。 元々、このロシア系住民の人たちは、旧ソ連の時代は、
    ウクライナ国内を支配するような立場に居た人たちでしたが、ソ連の崩壊と共に、
    ウクライナが、漁夫の利で独立を果たし、何もかもが、取って付けたように、完全に
    ウクライナ化される中で、このロシア系住民は、今度は、それまでの恨みを一心に
    受けて、差別、暴行、レイプの対象となりました。

    元々、クリミアを始めとする、ウクライナ南東部~クリミア半島に掛けては、
    ロシア語圏であり、住民の殆どが、ロシア語だけで、生活をしていたものの、
    ウクライナの独立後は、ロシア系住民と言えども、国語として、ウクライナ語が
    強要されたため、これが、ウクライナ政府への反発ともなっています。 分かり
    やすく言うと、『言語戦争』とも言い換えられるのですが、元々、支配をして
    いた階層が、今度は、支配される側に回ると、このようになるという事実を如実に
    表しているのが、ウクライナです。 

    同じロシア語圏でありながら、アメリカが介入してくると、ここまで対立を
    深めるのかという事実も、見逃してはなりません。 特に、自ら望んで独立を
    果たした訳ではない国が、ファシズムにより、急速にウクライナ化されたため、
    あちらこちらに、その歪が出ております。

    マレーシア航空機の撃墜事故は、事故当初から、アメリカとウクライナの自作自演
    だとされており、キエフで、騒乱が始まったのが、昨年の年末、その戦いが、更に
    激化したのが、ロシアのソチオリンピック開催期間中であったため、アメリカの
    ユダヤの大金持ちたちが、金にものを言わせて、後ろで、ウクライナの糸を
    引いていたと見るのが、妥当な見方。

    長年に渡る汚職により、国民も疲れ果てたところに、アメリカの甘い汁が舞い込んで
    来たため、ついつい、それになびいて、争いが激化したもの。 首都キエフでの
    争いの当初、戦いに参加すれば、アメリカから、日当にして、3,000円程度が
    支払われるという日本の新聞会社の記事があったが、そういう不都合な事実は、
    何も伝えないのが、世界の大手メディアなのか。

    1538897_718855538189078_3630505947128854101_n

    マレーシア航空機墜落直前の衛星写真。 やはり、ウクライナ軍の戦闘機スホイが
    至近距離から攻撃した模様。 墜落したマレーシア航空機の機体にも、機関銃の
    ようなもので撃たれた跡が残っていたため、やはり、戦闘機による攻撃と見るのが、
    一番無難な見方。

    >>トップページに戻る





    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    Очень очевидно!)))



    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ