多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    カテゴリ: 東朝鮮日報

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    きれいごととは、ネガティブな内容を真っ向から駆逐し、その上から、取って付けたように
    強引にお花畑を導入する事。 正に、百花乱舞。 一見、ポジティブと同じにも見えるが、
    ポジティブの場合は、ネガティブを受け入れ、それでも、尚、前向きな状態を指すが、
    きれいごとの場合は、ネガティブとは相反するため、何もかも無視。

    10678559_946446425372779_8104118491265984068_n

    すぐ目の前で、誰かが苦しんでいたとしても、自分のお花が咲き乱れている限りは、
    一切何もかもなかった事となる。 泣き言は、一見ネガティブにも聞こえるが、実際の
    ところは、本音を語っているので、耳を傾けてあげた方が、世のため人のため。

    きれいごとばかりを言っている人は、そもそも、物事の本質を全く見ていないため、
    自己中心的なエゴイストとも言える。 きれいごとは、とても便利な魔法の呪文ようなもの
    なので、これを良しとしている人には、近づかない方が、身のためか。 ひとことで言うと、
    ウソだと思います。 ウソのつき過ぎには、十分注意しませう。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    以前働いていた企業は、世界的にもなかなり有名な大手企業で、仕事の内容的にも、
    長年やっている多言語マニュアルの制作であるため、特に不満はなかったのだが、
    いかんせん、派遣社員であるため、語学スペシャリストでありながら、単なる小間使い的な
    仕事がやたらと多く、単に、全てのテキストが英文なだけで、やっている内容は、実は、
    かなり単純な制作業務である事が多かった。 元々、マニュアル制作の現場とは、
    こういうものだと前々から知っているので、特に苦にはならないが、眼球を相当酷使する
    ため、就寝前の目の手入れだけは、必須であった。 1日に、12時間程度モニターを
    見ているため、ブルーライト軽減メガネも必須。 オンラインマニュアルとPDFでの制作の
    ため、HTMLは、当然必須。 その他、イラストレーターとフォトショップも必須。
    その代わり、翻訳の中身は、一切見ないので、結局のところ、外国語を読める必要性は
    全くなかった。

    現状、大手企業の正社員の平均年齢は、50歳前後で、それ以下の年代は、全て
    期間契約社員と派遣社員ばかり。 正社員は、大体が、サインを出来る程度の地位の
    人たちばかり。 但し、その正社員の人たちが英語を全く読めないため、派遣社員が
    翻訳をこなし、さほど業務内容に関する説明もないまま、何もかも丸投げ状態で、納品と
    相成ります。 やっと英語が使える仕事が見つかったと勇み挑んでやってきた人の場合は、
    実際のところ、さほど難しくもない英文を読めれば良いだけの作業であるため、理想との
    余りのギャップの激しさに、数ヶ月程度で、かなりの人間が辞めて行った。 年齢的に、
    既に転職自体が絶望的であるのに対して、それでも、何とかもぐり込めたのは、
    前の会社でのキャリアが相当高かったからと、その企業が、制作会社として、毎日現場に
    来ているからに他ならなかった。
     
    clients

    大手企業であるため、正社員は、それなりの給与を貰っており、社内でのボランティア
    活動が、かなり活発となっていたため、毎月、石巻へのボランティアを募集していたのだが、
    派遣社員には、そういったものへの参加資格すらないため、完全に蚊帳の外。 先日は、
    フィリピンへPCを贈るため、社内メールで、余っているマウスがあれば、下さいとの事
    だったのだが、正社員と比較して、派遣社員の収入は、概ね半分程度なのにも関わらず、
    すぐ目の前に居る派遣社員の事は無視して、海外の恵まれない人たちへPCを届けますと
    言われたところで、それは、金持ちの自己満足にしか見えないのは、単なる僻み根性
    なのか。

    さほど仕事をしていない正社員ばかりが優遇されて、特に仕事をしなくても、派遣社員へ
    何もかも丸投げをして、余ったお金でボランティアとは、何ともいびつな社会になり果てた。
    大手企業では、正社員と派遣社員との格差は、天と地ほどある。

    世間では、好景気により、賃上げが話題となっているが、それは、正社員限定の話であり、
    そもそもが、正社員の数が激減りしているため、既に少数派と化している正社員の給与を
    若干上げたところで、多数派となっている派遣社員の収入は、上がるどことか、下がる
    一方であるため、国民全体としての収入は下がる一方。 6年程度ぐらい前までであれば、
    何とか正社員になれたものの、今となっては、正社員になれるのは、常に人材が辞めて
    行くブラック企業ばかりとなっている。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    Facebook は、国境無しで全世界と直接繋がれるという利点はあるものの、ブログのように
    それぞれの話題に対して、カテゴリー分けが出来ず、色々な話題を色々な言語で書きたい
    場合には、書き込める場所がウォール1ヶ所しかないため、例えば、日本語だけで
    原発の話のみ書き込みたい人には向いているが、多方面の話題をごった煮状態で世界へ
    伝えたい場合には全く持って不向きなツールであると言える。 しかも、外部からは一切
    検索出来ないため、Facebook 以外の外界とは完全に鎖国状態。

    Facebook は、しょせん、何らかのコミュニティーに入って、友達作りをする程度のツール
    でしかない事に気付いてしまったのだが、最近かなり低調なmixiの場合は、ニュース
    フィールドに日記を貼り付ければ、そこからある程度の広がりのだが、Facebook の
    場合は、それすら出来ないため、増々思考が内向きとなり、引きこもり状態となるところが
    非常に不便。 しかも、日本の場合は、実名で自分の考えを公表するのは、実質タブー。
    よって、書き込まれている他の人の内容を眺めて見ても、綺麗ごとやら、食欲の話やら、
    性欲の話ばかり。

    現実を全く把握せずに、綺麗ごとしか言わない人間が嫌いなのだが、そういう人の場合は、
    例え、Face Book で繋がったとしても、自分から自然と離れて行ってくれるので、
    それはそれで良いのだが、私の場合は、内容のない書き込みであれば、見ない方が
    ましという考え方なので、最近は、Face Book に対して、違和感ばかりを感じております。

    facebook111

    Facebook は、かれこれ、6年程度使っているのだが、一番最初に登録をした際の
    基本言語は、フランス語で登録をしたものの、そのフランス語の説明が分かりづらく、
    次にロシア語に変更しましたが、それも分かりづらかったため、最終的には、日本語に
    変更しました。

    基本的には、私の情報は、全宇宙へ向けて発信をしているため、ある日突然、訳の
    変わらない言語で書き出したとしても、一切気にしないで下されw

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ