多言語のススメ ~ロシア・東欧情報~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

記事カテゴリーに CIS独立国家共同体(旧ソ連邦) 他を追加しました♪
    マルチリンガル通訳・翻訳者によるブログ。

    英語、ロシア語、フランス語、ドイツ語、オランダ語、ポルトガル語、
    スペイン語、スウェーデン語他の多言語通訳/翻訳業を行っております (^-^)
    仙台弁、石巻弁、宮城弁、東北弁の方言指導、テープ起こしも致します。
    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    カテゴリ:多言語のススメ > 方言講座

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    2017年現在、台湾の人口は、約2,350万人となっており、1km²あたりの人口人口密度は
    620人と高く、200倍の広い国土を持ったオーストラリアよりも、200万人以上人口が多い。
    そして、台湾人の人口の約半分が都市部に暮らしている。



    【民族と言語】

    台湾に暮らす人々の大半は、300年以上も前に中国南部の福建省や広東省から渡って
    来た漢族系移民の子孫とされるが、先住民との混血の割合も多い。 福建省からの
    移民は漢族の多数派を占め、廈門を中心とした中国南方方言のひとつとされる台湾語を
    話す。

    一方、東からの移民は、客家語を台湾に伝えた。 客家語を母国語とする人々の大半は、
    台湾北部の新竹や苗栗に住む。 今日ふたつのグループの違いは、主に彼らの話す
    言語である。

    1949年以降に渡って来た人々は、中国大陸の全域からやって来た。 彼らは、台湾の
    全人口の約15%を占める。 20世紀になって台湾に来た彼らは、北京語を中心とした
    北方方言、いわゆる北京語を話す事が出来る。 蒋介石は、北京語を台湾の公用語と
    した。

    北京語は、1950年代以後学校教育で使われ、80年代になると、教育を受けた世代の
    台湾人の間で広く使われるようになった。 こうして、台湾では、漢族の文化が支配的な
    文化となった。 ただ、福建系、客家系、戦後の移住者と、生活上の文化には異なる
    店もある。 この他、台湾の先住民は、異なった系統の文化を伝えている。 こうした
    先住民族は、全部合わせて台湾の総人口の1.5%である。

    indigenous2

    先住民は、大半がマレー・ポリネシア系で、タイヤル、アミ、ブヌン、パイワン、サイシャット
    などの部族がいる。 彼らは、漢族とは異なる身体的な特徴を持つ。 だが、今日では
    先住民達の多くは、生活上はl、周辺の漢族の文化に同化しているように見える。

    先住民は、伝統的には農耕を行い、独自の宗教を持っている。 東海岸に住むアミと、
    南部の緑島に住むヤミを除けば、いずれの部族も山間部の村落に住んでいる。 だが、
    都市部に働きに出た先住民も多い。

    言語学者は、先住民の言語のルーツをみなマレー・ポリネシア語族であるとしているが、
    部族が異なると互いに言葉が通じない。 そこで、共通語として北京語が使われているが、
    一部には日本語がまだ使われている。 マレー・ポリネシア語族は、マレー諸語や
    フィリピン諸語なども含んでいる。



    お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    01 方言は一定の地域に特徴的な話し言葉。 語彙や話法、アクセントなどすべてを含む。
    02 その土地特有の単語、言い回し、俗語を『俚言』ともいう。
    03 日本の方言は『本土方言』と『琉球方言』に分けられる。
    04 そのうち本土方言は『東部方言』『西部方言』『九州方言』の三つに分類される。
    05 さらに東部方言は『北海道方言』『東北方言』『関東方言』『東海・東山方言』『八丈方言』
    に分けられる。
    06 西部方言は『北陸方言』『近畿方言』『中国方言』『雲伯方言』『四国方言』に分けられる。
    07 九州方言は『豊日方言』『肥筑方言』『薩隅方言』に分けられる。
    08 琉球方言は『沖縄方言』『奄美方言』『先島方言』に分類される。
    09 東部方言と西部方言の境界線は、新潟県糸魚川市と静岡県の浜名湖を結んだ線とされる。



    10 この境界線にはフォッサマグナがあり日本アルプスの高い山脈が両地域を分断していた。
    11 愛知と三重の県境付近の揖斐川も、アクセントなどが大きく変わる方言境界となっている。
    12 『万葉集』には東部方言を使った東歌も残されている。
    13 江戸時代中期(17世紀頃)まで日本の中央語(事実上の標準語)とされていたのは京都の言葉。
    14 武家共通語が江戸に移植され、アクセントが関東風に変わったものが江戸山手言葉。
    15 この江戸山手言葉を明治新政府が簡略化しわかりやすくしたものが現在の共通語のルーツ。
    16 一方かつての江戸の下町で使われてきた方言が江戸言葉。 江戸弁、下町言葉とも呼ばれる。
    17 東京の山手言葉や江戸言葉は旧来の住民の間に残るも、現在は『首都圏方言』が優勢。
    18 首都圏方言は『新東京方言』『東京新方言』とも呼ばれることがある。
    19 地域の違いを超えて日本全国に通用する言語が共通語。 標準語は人為的に整備された。
    規範性の強いもので、教育・法令なとの公用語として用いられる言語。 共通語は自然に存在
    して全国に用いられる言語として区別される。

    hougen.jpg

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    日本の方言 に参加中!

    首都圏方言とは、共通語、東京方言および西関東方言が融合して成立した、
    この地域の地域共通語であり、新東京方言や東京新方言などとも呼ばれる。
    首都圏方言の使用地域は、東京中心部および東京への通勤・通学圏が中心と
    なっている。

    首都圏方言の使用地域は、主に、東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県に該当する
    地域、更に、茨城県の県南地域や栃木県と群馬県の一部地域にもまたがっており、
    首都圏方言の影響は、広範囲に及んでいる。

    首都圏では、標準語で話していると思い込んでいる人が多いが、実は、若干
    訛っているため、他地域の人達には、意味が通じない事があるため、以下の
    表現には、十分な注意が必要。

    【日本の方言分布図】
    青・緑=東日本方言、黄褐=西日本方言、黄・橙=九州方言

    Japoniclanguages
    【日本語のアクセント分布図】
    赤 - 京阪式アクセント地域
    緑 - 東京式アクセント地域
    pitchaccent
    【首都圏方言の一例】

    出典: Wikipedia
    ●ちがかった - 五段活用動詞「違う」の形容詞活用化。 栃木・福島県の
     方言から。
    ●うざったい - 「鬱陶しい」を意味する形容詞。 略して「うざい」とも。
     多摩地方の方言から。
    ●ちっけった - 「じゃんけん」のこと。
    ●みたく - 「みたい(だ)」を形容詞のように活用させたもの。
     北関東の方言から。 (例)お母さんみたいに→お母さんみたく
    ●きれくない - 形容動詞「きれい(だ)」の語幹末尾「い」を形容詞活用
     語尾と混同しての 形容詞活用化。(例)きれいじゃない?→きれくない?
    ●よこはいり - 「割り込み」のこと。
    ●ら抜き言葉 - 大正時代からある表現だが、戦後になって使用が拡大している。
     (例)見られる→見れる

    その他、現在の首都圏で広まっている比較的新しい表現には次のものがある。

    ●…(する)よか - ?するしか、?よりも。 北関東の方言から。
    ●こちとら - 一人称。 おれ。 われわれ。
    ●青たん - 青あざ。 北海道方言由来。
    ●かたす - 片づける。
    ●かったるい - 身体が疲れてだるい。 北海道方言から。
    ●くっちゃべる - 無駄なおしゃべりを続ける。 北海道方言から。
    ●だべる - 無駄話をする。駄弁の動詞化。
    ●つんのめる - 倒れそうになるほど体が前に傾く。 茨城弁から。
    ●…した時ある - 「…したことある」の意味。 東北地方の方言から。
    ●多いい - 「多い」の転訛。 アクセントも標準語とは異なり、標準語の
    「多い」ではおおい、もしくは、おおい と発音する(NHKアクセント
     辞典では前者を推奨) が、首都圏方言の「多いい」では おおいい と
     発音する。

    東京方言では「してしまった」を「しちまった」や「しちゃった」と変形
    させるが、北関東の方言の影響から、「しちった」という表現が新たに
    使われ出している。 なお、「しちまった」や「しちゃった」も明治時代
    に東京近郊の方言から取り入れられた表現である。

    中部地方(三河弁・遠州弁あるいは甲州弁)で発生し、多摩地方や
    神奈川県を経由して取り入れられた「じゃん」が有名である。 東京都内よ
    り横浜方面で先に広まったことから、これを「横浜弁」と認識している者が
    多いが、現実には横浜の伝統的な方言でも、横浜発祥の新方言でもない。
     
    「違い」形容詞的活用は、終止形「ちげー」として用いられる場合もある
    (特に終助詞「よ」が付く場合に顕著:「ちげーよ」)。 この場合、
    「ちげー」は完全な形容詞平板型アクセントを獲得しており、形容詞の
    型の弁別は失われていない。

    新しい表現が広まる一方で、「おっこちる・おっことす(=落ちる・
    落とす)」「のっかる・のっける(=のる・のせる)」「ぶっとばす
    (=なぐりとばす)」「おっかける(=追いかける)」「ぶんなぐる
    殴る)」など、動詞の前に促音や撥音を含む接頭語を挿入する現象や、
    「かたす(=片づける)」などの伝統的な方言の表現が若年層に継承
    されている例もある。
     
    若者の話し言葉では、くだけた感じや親密な感じを出すために他地方の
    方言(特に「お笑い」のイメージが定着している大阪弁)を意図的に
    混ぜることがある。

    2005年頃には、東京の女子高生を中心に日本各地の方言をメールなどに
    織り交ぜることが流行した(方言のおもちゃ化・アクセサリー化)。
    また、近年の接客業でよく使われる「よろしかったですか」などの
    いわゆるバイト敬語(コンビニ敬語)は、北海道方言などの影響を
    受けているとの指摘がある。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    被災地通信 に参加中!

    現在、『別冊少年マガジン』に連載されている、青森を舞台にした漫画『ふらいんぐ
    うぃっち』の漫画の中の一コマの内容が、余りにも分からなさ過ぎて話題となっている。
    横浜から青森に移住した主人公の真琴が、植物の勉強のために『使ってもいい農地とか
    ないですかね?』と居候先のお父さんに尋ねるシーン。 皆さんは、理解出来ましたか?

    l_ikko_tsugaru01

    東北の方言は、それぞれの地方によって、かなりの方言差があるため、なかなか
    理解し辛いものがあるのだが、それぞれの単語が、ある程度似ているため、青森県
    出身でなくても、殆ど分かりますw

    【仙台弁翻訳】
    いのうっしょさあるはだげば、つかえばい。
    くさおがってっから、なんぼがすべねげねーきとも、
    あそごだら、いがべおん。

    【日本語翻訳】
    家の後ろにある畑を使えば良い。
    草が生えているから、ちょっと片付けなければならないが、
    あそこだったら、良いだろう。

    l_ikko_tsugaru03

    『ふらいんぐうぃっち』は、アニメ化も決定しており、津軽弁での吹き替えが、
    どのように行われるのか、気になるところ。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    日本の方言 に参加中!

    東京女子大学篠崎ゼミが作成した『方言チャート47都道府県版』。 なかなか良い線を
    行っておりますが、何度挑戦しても、『岩手県』としか出ないため、合っておりませんw
    その後、『47都道府県を100エリアに細分化』を試したところ、見事正解☆

    初めの部分の設問は、全く見たことがない方言であるため、全て西日本の方言です。
    東北の県境は、明治政府の愚行により、昔の藩政時代の境界線とは大きくずれている
    ため、◯◯県出身という判断は出来ません。 仙台弁は、現在の岩手県の南3分の1でも
    話されているため、『岩手県』という判断は間違いではありませんが、宮城県出身者は、
    他の東北と一緒にされる事を極度に嫌うため、この結果は皆納得出来ない筈。
    04
    この設問の中に出て来るもので、『おはよう靴下』は、宮城県独自のものですが、
    仙台市内でのみしか言わないため、この単語では宮城県とは判断出来ません。
    『だから』も仙台市内のみで、それ以外は、『んだがら』としか言いませぬ。

    『いづい』と『ゴミを投げる』は、北海道弁でも言いますが、北海道弁と仙台弁を区別する
    際には、『したっけ』の使い方で、完全に分かります。 この設問では、鳥の唐揚げの事を
    『ザンギ』と言うか言わないかで仙台弁と北海道弁を区別している事が分かります。
    kutusita
    仙台弁は、場所による方言差がかなり大きいため、完全に分類するのは、恐らく無理です。
    大きく分けても、3つに完全に分かれるのと、北側は、更に海側と内陸に完全に分かれます。
    よって、このチャートでも、『宮城県(伊達)』という判定でした。

    北海道弁は、元々は白石付近の仙台弁から分かれた方言であるため、70%程度同じ。
    北海道弁では言うが、仙台弁では、もう言わない例としては、『ゆるくない』、『おがる』、
    『サビオ』他多数w 仙台弁ネイティブが北海道で耳にする方言で??wと感じる事が
    多いのは、昔の形を留めているため。

    現在の仙台弁は、東京弁よりも、むしろ、標準語に近く、東京と95%位同じですが、話して
    いる内容が全く違うため、どちらの出身者なのか、すぐに分かります。

    んではまず♪♪(←これを北海道弁で言うと、したっけw)
    ※仙台弁の『したっけ』に『じゃあね』という意味は一切ありません。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    日本の方言 に参加中!

    お腹減った → 腹減った
    のど渇いた → のど渇いだ
    水をください → 水ばけさいん
    ご飯を食べに行こう! → おまんまくさ行ぐすぺ!
    何食べたい? → 何くいで?
    いただきます → いただきます
    ごちそうさまでした → ごっつぉさまでござりすた
    おいしい! → んめ!
    うまい! → んめ!
    めっちゃうまい! → いぎなりどんめ!
    ベジタリアンです → ベリタリアンでがす
    割り勘でいいですか? → てんででいがすか?
    今日はおごります → 今日はおごりすちゃ
    写真を撮ってもらえますか? → 写真ば撮ってけねすかや?
    お手洗いはどこですか? → 便所どこだべ?
    もう一度お願いします → もう一回おねげーしす
    疲れた → あー、こえこえ
    どうしたの? → なじょしたの? 
    マジで? → うそばり?
    具合悪い → あんべわりー
    お大事に → お大事に



    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    日本の方言 に参加中!

    おはよー → おはよー
    こんにちは → こんぬずわ
    こんばんは → おばんでがす
    お疲れ様です → お疲れ様でがす
    さようなら → んではまず
    バイバイ → んで
    またねー → んでねー
    お久しぶりです → お久しぶりでがす
    ありがとうございます →ありがどうござりす
    すみません → すいません
    ごめんなさい → わりがったごだ



    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    最近、地方の方に電話を掛ける機会が多くなり、先日は、札幌、福岡、仙台に
    電話を掛けた。 さて、この中で、最も訛っている都市は、どこかも申しますと、
    比較的標準語に近いとされている、札幌なんですねw

    私、何気に、東京⇔仙台⇔札幌を引越しで行ったり来たりしております関係上、
    標準語に加えまして、東京弁、仙台弁が完全ネイティブ、北海道弁は、仙台弁の
    南側の方言である、仙南弁が変形した方言であるため、こちらも、ほぼネイティブ
    となっております。

    因みに、仙台弁と北海道弁は、単語も70%程度同じで、イントネーションは、
    完全に同じ。 『いづい』と『したっけ』は、仙台弁と北海道弁以外は使っていない
    方言で、『いづい』は、標準語で言うと、『しっくりこない』になるのだが、
    ニュアンスが、標準語とは、かなり異なりる。 また、同じ仙台弁から派生した
    単語である筈が、北海道の場合は、『今日の天気いづいね』とも言うため、
    仙台弁の使い方からは、既に逸脱している。

    Ja_da_ya

    北海道弁で言うところの、『今日の天気いづい』とは、仙台弁では、『今日の天気
    おがつねー』と言うので、既に全くの別物。 『したっけ』に至っては、共に基本的
    には、『~すると』と言う意味で使うのだが、北海道弁では、『またね』という意味
    でも使うものの、仙台弁には、そのような意味は一切ないため、完全に元の意味が
    変形したもの。

    尚、仙台弁で『またね』は、『んでね』と言います。 『したっけ』と
    『しったっけ』は非常に似ているのだがが、全く別の意味で、『しったっけ』は、
    『~していたら』という意味。

    f32d9f1f2569dc78d11c2830648d83ef

    元々、北海道は、かつては、蝦夷地と呼ばれた外地で、松前藩が完全に独立を
    するまでは、仙台藩が、直轄地として、一時蝦夷地を治めていた場所。 その後、
    戊辰戦争~明治維新を経て、東北列藩同盟の各藩が、蝦夷地の開拓を強要された
    のだが、その中でも、仙台藩からは多くの武士たちが強制的に蝦夷地の開拓を
    やらされたため、北海道には、その方言が完全に残った。

    その他、現在の愛媛県宇和島市は、仙台藩の支藩だったため、藩祖伊達政宗公の
    長男である、伊達秀宗公が、初代藩主となり、仙台藩から、家臣を引き連れて、
    宇和島入りしたが、その方言自体は、現地に完全に吸収され、全く残ってはいない。

    これと同様に、約400年ほど前に、石巻の月の裏から、ローマに向けて出帆した、
    慶長遣欧使節団の一部は、その地でキリスト教へと改宗し、スペイン南部に
    留まったが、こちらも、現地の人たちと同化し、今でも、その名残として、
    スペイン語で、日本を意味する『ハポン』姓を名乗っている。

    支倉常長を団長とする、この慶長遣欧使節団については、下記のリンクを参照。

    >>遠い帆 ~日本で始めて海を渡ったサムライ~

    【お勧めの一品】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    本日のお題は、『市町村合併』

    我が宮城県美里町は、当時の宮城県知事の掛け声の下、平成の大合併により、
    強引に誕生した町。 当初は、遠田郡全ての町である、涌谷町、小牛田町、田尻町、
    南郷町全てと、すぐ隣の旧志田郡全ての町である、鹿島台町、松山町、三本木町との
    合併を目指しましたが、旧志田郡全ての町が、大崎地区の中心地である、古川市との
    合併を選択。 同じ遠田郡内の田尻町も古川市との合併を選択し、その後、古川市は、
    意味不明な『大崎市』という名前になりました。

    最後に残った、涌谷町、小牛田町、南郷町との3町合併で、『遠田市』という市の名称
    まで決定していたものの、町の中心地をどこに置くかで、涌谷と小牛田が激しく対立
    した結果、その戦いに敗れた涌谷が合併協議からギリギリのところで離脱しました。
    結果として、仕方なく残りの2町だけ合併をする事になりましたが、この時点で、
    合併後の人口が28,000人余りしか居なかったため、市に昇格をするための条件である
    『人口3万人』を割り込んでしまい、市ではなく、町のまま留まる事になりました。

    合併後の名前を大々的に募集した結果、何故か非常に意味不明な『美里町』となりました。
    よって、地元では、今でも『美里』とは誰も言いません。 取って付けたような無理やり感
    満載の町の形。 そもそも、美里って何だよ?と言いたくなるような変な名前。
    小牛田町と南郷町が合併すると、何がどうなって美里町になるのかが疑問。 元々、
    5年以内に大崎市と合併をする計画であったため、誰も町の名前なんて気にも止めて
    いなかったのだが、8年以上も経過した今でも、そのままの状態。

    町の中心部である、小牛田への一極集中は、ますます増すばかり。 市町村合併で、
    良くなった点は、1つもなく、むしろ、悪くなる一方。 南郷地区は、元々、涌谷警察署
    管内であったため、運転免許を取る際には、すぐ隣の石巻運転免許センターへ行って
    いたのだが、市町村合併後は、100%古川管内である小牛田のお陰で、非常に遠い
    古川運転免許センターへと管轄が移されました。 市町村合併前までは、石巻運転
    免許センターまでは、車で20分程度で行けたところを、古川運転免許センターの場合は、
    45分程度も掛かるため、非常不便。 ハッキリ言って、倍以上遠くなりました。

    美里町は、水道料金が日本国内でも12を争うぐらい高いのですが、それは、合併後に、
    公共料金全てを高い方に合わせたため。 元々、南郷地区は、江戸時代にも領土問題で
    争いになった場所なので、領土問題でもかなりのデリケートゾーン。 石巻、仙台、古川、
    矢本を都合良くつまみ食い程度に完全に使い分けているため、車で15分も掛かる
    小牛田へは、基本的に行きません。 バス路線も、市町村合併前までは、涌谷が終点
    だったのにも関わらず、合併後は、全て小牛田が終点に。 買い物の多くを涌谷で
    しているこちらと致しましては、不便極まりなし。 美里町民バスは、どこまで乗っても
    100円という超破格値だったのだが、遠い古川駅まで1時間半を掛けて、100円で
    行けますと言われても、普通に車で行けば、25分で到達出来ます。

    むしろ、買い物の殆どを石巻でしている南郷地区の場合は、石巻へのバスがあった方が
    便利で近い。 住民の意思を完全に無視して、市町村合併をすると、こんな大失敗を
    仕出かすと言う見本のような町が、宮城県美里町。 ここが自分の地元ですと言われても、
    一切そんな実感すら沸かない名前となってしまいました。 すぐ隣の大崎市と合併を
    すれば、宮城県第二の都市に成り上がれるため、早めの合併を強くお勧め致します。
    misato01
    04505
    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    日本各地には、『方言』なるものが多数存在するが、その中でも、唯一公の場でも堂々と
    使用が許されているのは、関西弁のみ。 私は、第一言語の仙台弁の他にも、標準語、
    東京弁までが完全ネイティブで、北海道弁もほぼネイティブに近いのですが、実は、
    この関西弁が非常に大嫌い。 理由は、こちらは標準語で完全に喋っているのに、相手が
    方言で堂々と喋っているから。

    関西では、関東に出て来ても、自分たちの方言を捨てると、『魂を売った』という扱いを
    受けるそうだが、関東の場合は、方言に憧れを抱く極一部の人たちを除き、今時
    そんなもので喋ると、聞き取り辛いとしか感じないため、ハッキリ言って、止めて欲しい
    としか感じず。

    『郷に行っては郷に従え』という言葉の通り、そもそも、その土地の言葉に合わせられない
    のであれば、そんな場所には住むべきではないのでは。 一番迷惑なのは、出会い
    がしらに当然のように関西弁で喋られる事。 こちらからは、そんなもので喋るなと非常に
    嫌味を込めて、100%標準語のみで話してやっているのだが、そんな事は一切お構い
    なしで、ビシバシと関西弁で話されると、ムカつくを通り越して、もう寄って来ないでと
    感じます。

    東北の場合は、方言などで話すと、完全にバカ扱いされますが、地域によって風習や
    文化が異なるとは言え、ここまで違うと、一緒はされたくはないため、当然のように
    自分の事だけを押し付ける際には、相手の気持ちにもくれぐれもご注意下され。

    Japanese_dialects-ja

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    2014年12月6日より、仙台市交通局では、交通系のICカードである『Icsca』が導入と
    なります。 導入当初は、市営地下鉄南北線のみで利用可能となり、来年度の地下鉄
    東西線開業時に、東西線、市営バス、並びに、宮城交通バスでの利用も可能となり、
    2016年春からは、関東で既に導入済みの『Suica』との相互利用が開始されます。
    20141014-00000034-rps-000-view
    関東では、このICカードが利用出来る自動販売機が、既に多数存在していますが、
    いわゆる、電子マネーの方が、現金よりも、わざわざ銀行まで赴いて現金を引き落とす
    手間が省けるため、断然便利。 ここで問題になって来るのが、その他の電子マネーとの
    互換性なのですが、『Suica』の場合は、『Pasmo』との互換性はあるものの、現在の
    ところ、『Edy』『Nanaco』『Waon』他のプリペイドカードとの互換性はありません。
    よって、イオングループでは、『Waon』以外は使えず、セブンイレブンでは、『Waon』は
    使えず、マクドナルドで、『Suica』は使えずと、各社間での縄張り争いが非常に激しく
    なっております。

    電マネーは、非常に便利であるため、それぞれの垣根を取り払って、全国どこでも、
    全てのICカードが使えるようにした方が便利なのですが、そうすると、今度は、銀行が
    バタバタと潰れるので、やはり、止めて置いた方が良いのかも知れません。 基本的に、
    現金は一切使わない主義なので、現金しか使えないお店の場合は、よほど値段が安くない
    限り、カードが使える場所まで行くのですが、今後、JR等でも、各社間の垣根を全て取り
    払って、全てタッチ・アンド・ゴーで改札を通れるようにすれば、職員の削減にも繋がり、
    更には、予算の削減にも繋がるため、企業としては、願ったり叶ったりなのでは?
    但し、そうなってしまうと、人間様の居場所がなくなってしまうため、機械化は、ほどほどに
    して止めて置いた方が無難なのか?

    企業での給与の支払い方法も、流通形式が全く目に見えない電子マネーにしてしまった方が、
    業突く張りな人間を減らせるのかも知れません。 現在の社会では、お金とは、単なる
    万能なクーポン券に過ぎない事をすっかりと忘れ去っていると思います。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    東北はどこも同じと思われている方たちも大勢いると思うのですが、東北は、太平洋側と
    日本海側、また、南と北で、ほぼ共通点がないほど異なります。 まず、大きく異なるのは、
    気候、方言、県民性。 特に、一番異なるのは方言。 同じ県内と言えども、各地で非常に
    異なるそれぞれの方言で話した場合、ハッキリ言って、全く意思の疎通が出来ません。 

    宮城県の場合は、太平洋側に面しているため、気候が温暖で、雪が余り降りません。 夏は、
    太平洋側に開けた平野にあるため、さほど暑くはなりません。 よって、仙台は、日本全国の
    都道府県庁所在地の中でも、最も寒暖の差がない都市。 そこそこ田舎で、そこそこ都会、
    これが宮城県です。 海も山も車で30分程度あれば、十分行ける距離にあります。 冬は
    晴れの日が多く、『伊達62万石』と外面的には名乗っていたものの、実際の石高は、
    その後の大規模干拓により、その4倍程度あったため、食料難には直面した事がなく、他の
    東北では、飢餓やら飢饉やらに悩まされておりましたが、そんものは、他国でのお話。
    食べ物に関して、みみっちい事は一切申しません。 よって、お客様が来られた際には、
    両手に溢れるばかりの農産物を持たせてやるのが、しきたりとなっております。

    一般的に、寡黙で真面目、かつ、雪が多く、暗いイメージが常に付きまとう東北ですが、
    宮城県の場合は、この条件は、ひとつも当てはまりません。 よって、そこに住む人たちも、
    陽気でおしゃべり、かつ、ありえないぐらいのお笑い好きw 普段喋っている内容を分析
    すると、その約40%程度は、ボケに費やされており、しかも、相当な早口。 黙っていると、
    相手がボケまくって来るため、こちらも、負けじとボケてやらねばなりませんw ここで関西
    とは決定的に異なる点としては、ボケに対して、ツッコミを入れると、ドンビキされるため、
    まずは、様子を見ながら、適度にボケてみましょう。 そこから、徐々に調子の波に乗って、
    人前で、平気で大ボケをかませるようになったら、あなたは、もう立派な宮城県民ですw

    宮城県と一番感覚が似ているのは、福島県なのですが、福島の人たちは、ボケ方が
    足りません。 言っている内容は、ほぼ理解出来ますが、アクセントが平板であるため、
    東北の中では、最後の最後まで、訛りが抜けません。 宮城県の南側は、この福島とほぼ
    同じ方言です。 山形県の人に至っては、宮城県とは、性格が完全に間逆です。 よって、
    宮城県民が、たった30キロ程度しか離れていない山形県に赴くと、異国の地に立たされた
    ような気分になります。 しかも、山形県の場合は、気候も全くの間逆。 『トンネルを抜けると、
    そこは雪国だった』を地で行っているのが、山形県。 岩手県の場合は、しゃべり方が、
    全体的におっとりとしているため、個人的な見解としては、東北の中で一番親切な人が
    多いと思います。 朝ドラでも有名になった、『あまちゃん』そのものの人たちが多いと
    思います。
    tohoku
    宮城、福島、山形、岩手、いわゆる、東北4県の場合は、お互いの方言で喋ったとしても、
    かなりの割合で理解可能ですが、問題は、秋田と青森。 既に日本語の域を相当逸脱して
    いるため、全くの理解不能レベル。 良々聞くと、何となく理解出来るのですが、基本的に、
    標準語で喋らないと、後で泣きを見ます。

    ステレオタイプな人の場合は、仙台は断然青森に近いと思っておりますが、実は、仙台は、
    東京と青森どちらへも350キロ程度の完全中間地点にあります。 最近では、都市化が
    進み過ぎて、方言すら全く使わなくなりましたが、余りにも度が過ぎて、今度は、方言が理解
    出来なくなりました。 30代~60代に掛けては、100%標準語と仙台弁のバイリンガルが
    多いのですが、そこまで言葉に拘っていない人の場合は、どちらか一方だけしか喋れません。

    現在、仙台弁のネイティブは、宮城県民全体の3分の1程度にまで減少しています。 昔は、
    方言の事を恥ずかしいとしか思いませんでしたが、最近では、自分たちの本来の言葉を
    次の世代に正確に残さなければならないと考えています。 言葉とは、単なるツール
    ではなく、心や伝統を伝えるものです。 伝統文化を守るように、方言も後世に語り継いで
    行かなければなりません。 日本の中でも、一番消滅の可能性が高い仙台弁の場合は、
    尚更です。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ