多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    カテゴリ: ワールドミュージック

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    本日は、NEXT GATE.LINKという初めて開催されたライブイベントがあり、赤坂BLITZへと
    出掛けた。 白井貴子さまの計らいにて、無料ライブとなったこのイベントでは、更に、Tシャツ
    まで貰う事が出来た。
    IMG_6618
    横浜と仙台のBLITZは、既に閉鎖されているのだが、TBS直下にある、赤坂BLITZは、
    今のところ、まだまだ健在。 この赤坂BLITZの前は、冬になると、毎年、スケートリンクとなる。
    カナダで購入した、スケート靴を持っていたのだが、古くなったため、引越しの際に捨てた事が
    悔やまれる。

    今回のお目当てのアーティストは、中西圭三と、白井貴子♪ 良く考えて見ると、私の
    白井貴子暦は、ロシア語学習歴と全く同じなので、来年で32周年☆ 時の経つのは早いもので、
    当時は、ゴルバチョフ書記長もまだ登場してはおらず、チェルネンコ書記長の時代であった。
    中学時代に、生まれて初めて行ったライブは、白井貴子だった。 当時の人気は絶大で、
    仙台市民会館に来た時の事を今でも思えています。 もう一方の中西圭三ですが、大学時代は、
    正にこの人の曲ばかりを聞いており、このお方に憧れて、札幌から車で岡山まで全部下道で
    行った事もある。 最後は、この御両名が同じステージに立ち、Chu Chu Trainを歌うという、
    夢のようなステージだった。 午後6時に始ったイベントが終了したのは、夜も深けた午後9時半
    過ぎの話し。
    event_img4
    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    ウクライナの若手人気ポップスグループ、『イン・ヤン』の曲を文法的に分析します♪

    イン・ヤンは、漢字で書くと、『陰陽』。 曲のタイトルは、日本語で言うと、
    『私の手を離さないで』。

    使用している動詞は、『отпускать - отпустить』。 意味は、『行かせる・開放する・
    (握っていたものを)離す・ゆるめる・柔らぐ』その他、何かしらから、開放されるイメージ。

    【ロシア語の命令形】
    さて、ロシア語には、動詞の命令形が、合計で6つもある。 命令形が、たった1つしか
    ない英語と比べると、非常にやっかいだが、大きく分けて分析すると、丁寧形の完了体、
    丁寧形の不完了体、タメ語の完了体、タメ語の不完了体、更に、英語同様、動詞の
    原型をそのまま命令形として使用出来るが、やはり、完了体と不完了体の2つがある。
    この曲のタイトルで、それを分析すると、タメ語不完了体の命令形となっているため、
    その手は、何が何でも、絶対離すなと言っている訳ではないというところまで理解
    出来る。

    【部分生格】
    そもそも、『離す』という意味の『отпускать - отпустить』は、100%対格支配の動詞だが、
    どうして、生格に変化しているかと言うと、ロシア語の対格支配の動詞は、その一部分を
    表す場合にのみ、生格に変化するため。 この考え方は、フランス語にもあり、部分冠詞の
    『de』を用いた表現がそれである。 そもそも、その『部分生格』とは一体何なのか?
    その名の通り、その『一部分』だけを現す際に使用するもの。 よって、詳細に分析をすると、
    絶対ではないが、私の手の一部分を離さないで。

    謎も解けたところで、イン・ヤンの曲をお楽しみ下さい♪

     

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ