多言語のススメ ~ロシア・東欧情報~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

記事カテゴリーに CIS独立国家共同体(旧ソ連邦) 他を追加しました♪
    マルチリンガル通訳・翻訳者によるブログ。

    英語、ロシア語、フランス語、ドイツ語、オランダ語、ポルトガル語、
    スペイン語、スウェーデン語他の多言語通訳/翻訳業を行っております (^-^)
    仙台弁、石巻弁、宮城弁、東北弁の方言指導、テープ起こしも致します。
    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    カテゴリ: ワールドミュージック

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    ヨーロッパ最大の音楽祭『ユーロビジョン』の決勝が2017年5月13日、ウクライナの
    首都キエフで行われ、ポルトガル代表のサルバドル・ソブラルさん(27)が優勝
    した。 ポルトガルの優勝は1957年の音楽祭開始以来、初めてとなる。 次回
    大会は、恐らく首都のリスボンで開催されるものと思われる。



    ウクライナでの開催は2005年に続いて2回目となるが、前回のスウェーデン大会
    では、ロシアが一方的に編入したとするクリミア半島の先住民族タタール系の
    女性歌手ジャマラさん(33)がウクライナ代表で出場し、優勝したためキエフでの
    開催が決定したもの。



    ウクライナ当局は、ロシアがウクライナに軍事介入したと主張し、ロシアの代表
    として既に決定していたユリア・サモイロヴァさん(28)を入国禁止にし、両国の
    緊張が続く中での開催となった。 サモイロヴァさんは車椅子で歌う歌手としても
    有名で、ウクライナ当局は、ロシア編入後のクリミアで演奏したことを非難。

    本人は『問題と思わない』『ユーロビジョンは子供の頃からの夢』として出場を
    強く望んだが、ウクライナへの入国は禁止となり、その報復として、ロシアの
    テレビ局はユーロビジョンのロシアでの放送をボイコットした。

    ロシア系住民の多いウクライナ東部のドネツク州では決勝当日、親ロシア派の
    仕業と見られる砲撃により、住民4人が死亡した。 事態を重く見たポロシェンコ
    大統領は、音楽祭出席を急きょキャンセルした。


     
    ユーロビジョン・ソングコンテストは、ABBAやジンギスカンなども輩出した
    ヨーロッパ最大の音楽祭であり、過去にヨーロッパ内で戦争があった際には、
    このような騒動はなかったため、ウクライナは、ヨーロッパの一員として、確固たる
    態度を取って欲しかったところだが、何もかもをウソで塗り固めているウクライナ
    政府は、そのような事は意に介さずに、一方的にロシア代表を入国禁止にしたため、
    国際的な非難は避けられない。

    ウクライナ政府は、一方的にEUに入りたがっているのだが、このような差別的な
    行為は、EUが最も嫌う行為であるため、EUとヨーロッパの溝が更に深まったと
    見るのが妥当。 ウクライナ政府が本気でまともな先進国の仲間入りを果たしたい
    のであれば、このような無様な対応は避けるべきであった。

    クリミア在住のロシア系住民たちは、全員ロシアへの『返還』を喜んでおり、未だ
    一度たりとも、ウクライナへの帰属を主張している人は居ない。 それどころか、
    クリミアを含む東部ウクライナは、元々、ロシア帝国の領土であった場所で、本来の
    ウクライナの領土は、現在の国土の3分の1程度しかなかったところに、ポーランド
    やら、ハンガリーやら、スロバキアやらから分捕って来た領土を次々と付け足した
    結果、このような意味不明な国家が出来上がったというのがウクライナの真実。

    元々、東部ウクライナに住んでいるロシア人は、ソ連の時代には、特権階級であった
    ために、ウクライナ独立後のウクライナ人中心の不当な扱いには、かなり不満を
    抱いていた。 ソ連独立時にも、特に独立を強く主張した訳でもないウクライナは、
    アイデンティティーの面でも各国からの切り張りの国土を維持するのが難しく、
    ロシア語から聞くと、田舎臭いウクライナ語を政府が強要して来るため、ロシア語
    話者からの反発が激しい。 ウクライナは、ウクライナ人が住んでいる本来の領土に
    戻すのが、一番平和裏に問題を解決する方法。 

    ウクライナ語はロシア語とは非常に似ているため、今後、更に、ウクライナ語化
    政策が取られたとしても、ロシア語話者の権利だけは守るべき。 ウクライナは、
    EUへの加入を熱望しているが、政治が腐敗し切っているため、ドイツやフランス
    からの反発は避けられない。

    現在のEUが抱える数々の問題点を露呈した今年のユーロビジョン・ソング
    コンテストは、オリンピックと並ぶヨーロッパにおける平和の祭典であっただけに、
    ウクライナの対応が残念でならない。

    【お勧めの一枚】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    2016年5月3日、旧ユーゴスラビアを代表する国民的歌手であるヤドランカがALS
    (筋萎縮性側索硬化症)の呼吸不全により死亡した。 1983年のサラエボオリンピックの
    テーマソングを歌ったことにより、一躍有名となったヤドランカは、大の日本好きで、
    俳句や浮世絵に興味を抱き、1984年と1988年に来日を果たすが、1988年の来日、
    レコーディング中に祖国であったユーゴスラビアが内戦により崩壊したため、そのまま
    しばらく祖国へは帰れなくなった。

    IMG_1131

    その後、日本へと活動の中心を移し、22年間という長きに渡って積極的に音楽活動を
    行っていた。 元々、大学での専攻が芸術と心理学であったため、音楽活動の傍ら、
    日本でも絵画の創作活動も行っていた。 その一環として、子供達と一緒に絵を完成
    させるという活動も行っており、数々の作品を残した。 この活動では、ヤドランカが
    下絵を描き、子供たちが、その上から絵を描いて完成させるという手法がとられた。

    旧ユーゴでは、知らない人は居ないと言われる程、人気があったが、1989年の祖国
    崩壊から帰国に至るまでの道のりは、決してあまいものではなかった。 2000年近くに
    なるまで、祖国の地を踏むことすら出来ず、サラエボで再びコンサートを開いたのは、
    その時であった。

    IMG_1144
    IMG_1140
    IMG_1152
    IMG_1153
    IMG_1155
    IMG_1158
    IMG_1094
    IMG_1096
    IMG_1099
    IMG_1102
    IMG_1110
    IMG_1112

    2011年3月末、クロアチアでのアルバム発売のプロモーション活動等のため渡欧した際に
    ALSと診断され、ボスニア・ヘルツェゴヴィナで治療をしつつ、音楽活動を継続。 すぐに
    帰るはずであった日本に、今度は帰れなくなってしまった。 病が徐々に進行する中、
    アーティスト仲間によるチャリティコンサートが何度も開催され、ドキュメンタリー番組も
    多数制作された。 2015年5月3日、ALSによる呼吸不全の為逝去。 享年65。

    国民的歌手であったヤドランカの訃報は、ボスニアのみならず旧ユーゴ全域にテレビ、
    ラジオ、新聞のトップニュースとして伝えられた。 5月7日はサラエボで作曲家協会による
    追悼式があり、日本の大使も弔辞を述べた。 5月9日はバニャ・ルカで追悼式と国葬が
    とり行われ、現在の国境に関係なく大統領はじめ、総理大臣、有名アーティスト、著名人が
    多数参列し、数百人のファンが彼女の死を悼んだ。 本人の遺言で棺にはギターが納め
    られた。



    2016年7月21日~24日に掛けて、四ツ谷にあるP3 art and enviromentにて、
    『ありがとうヤドランカ~追悼作品展 & LIVE』が行われ、遺品となった絵画の展示と
    ライブ、トークショーが開催された。 7月24日は、ヤドランカの誕生日であったため、
    この日を目標として、 ヤドランカの死後、急ピッチで準備が進められ、当日は、
    ヤドランカのベスト盤の発売も行われた。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    O-Zoneは、旧ソ連邦のモルドバ共和国出身のルーマニア語による男性3人組
    グループ。 1999年、リーダーのダン・バラン(Dan Bălan)とその友人ペトル・
    イェリホフスキ(Petru Jelihovski)の2名で結成され、モルドバ国内で、7曲のメガ
    ヒットを生み出す前代未聞の快挙を達成する。 しかし、作詞、作曲をひとりで
    担当し、音楽を真剣に考えるダンは、ルーマニアでの音楽活動を希望、あくまで
    音楽を趣味と考える、ペトルとの対立が表面化し、二人は袂を分かつが、その後も
    友人関係は続いている。

    【ダン・バラン最新曲】


    2001年春、ダンは、3人組のユニット結成を計画したが、彼のボーカルの先生が
    音楽スクールの後輩アルセニェ・トデラシュ(Arsenie Toderaş)を紹介した。
    アルセニエは、歌を習い始めたばかりで、時期尚早とも思われたが、将来性を信じた
    ダンが、グループに迎え入れたものだが、この時ロシア訛りで話すアルセニエが
    オーディションで、エルヴィス・プレスリーの『Love Me Tender』を歌うと、
    ロシア語のアクセントが嫌いで、ロシア訛りが苦手だというダンだったが、彼の
    歌に嫌悪感が吹っ飛び、気にならないと言ったそうである。 少し経ち、ダンは、
    ラドゥ・アレクセイ・スルブ(Radu Alexei Sârbu)と出会い、新しいメンバーを
    加えて、第2次O-Zoneが結成された。



    ダンは、早速、新曲4曲をリリースし、人気は上々だった。 これを受けて、
    いよいよダンが望んだ、ルーマニア進出へと乗り出す。 モルドバ人が
    ルーマニアで成功した前例は過去になかったが、3人は成功を信じ、努力は
    惜しまなかった。 資金が不足していたため、所有していたスタジオと
    シンセサイザーを売却した。

    2002年春、ルーマニアの音楽大手『Media Services』と契約が決まり、8月に
    3人としてのファーストアルバム『Number1』を発売したものの、当初
    ルーマニアでは、『モルドバの新しいバンド』としか受け止められていな
    かったためか、ラジオでもなかなか取り上げられずに苦戦した。

     

    そこで、2002年秋には、このアルバムの中から『Despre Tine』をシングル
    カットして発売、『覚えやすくて面白い』をテーマに、プロモーション・ビデオも
    制作されると、これがルーマニアでは数十年ぶりという大ヒットを記録、5ヶ月
    以上に渡ってヒットを続け、多くの老若男女が口ずさむほどの人気曲となり、
    それに乗じてアルバム『Number1』も10万枚を超えるメガヒットとなり、
    O-ZONEは一躍ルーマニアで大人気のバンドとなった。

    【ウクライナのヴェラ・ブレジネワとのデュエット曲】


    2003年、シングル『Dragostea Din Tei』 (DDT) をリリース、ヨーロッパ全土を
    巻き込んで空前の大ヒットとなった。 同年8月にリリースされた、セカンド
    アルバム『DiscO-ZONE』も翌年夏に大ブレイクし、『Dragostea Din Tei』の
    軽快なリズムに乗ってO-Zoneは欧州を席巻、モルドバの大ヒーローとなった。

    2004年夏には、日本でも『恋のマイアヒ』としてメガヒットを記録し、社会現象
    にもなった。日本では、『SMAP×SMAP』や、『ミュージックステーション』
    にも緊急生出演している。



    しかし、ヨーロッパを席巻し、日本でもヒットの兆しが見え始めていた矢先の
    2005年1月14日、突然解散を発表した。 ダンがアメリカに渡り、O-Zoneの名で
    英語で新しい歌詞をつけた曲をリリースしたが、これに反発した残りの2人に対し、
    ダンが『今まで、作詞、作曲、プロデュース、全て自分でやってきた。 O-Zoneは
    ずっと俺のものだった。』『O-Zoneに今後はない。 今このプロジェクトを終わら
    せているところだ。』と一方的に解散を宣言をした。

    2005年3月、エイベックス・ディストリビューションより、日本盤のアルバム
    『DiscO-ZONE』がリリースされ、7月15日には、初来日を果たし、ミュージック
    ステーションにも出演。 8月22日付のオリコン総合アルバムチャートで発売24週目
    にして、1位を獲得。 海外アーティストのデビューアルバムの1位は、1972年の
    ポール・サイモン、2003年のt.A.T.u.、2004年のUtadaに続いて史上4組目であった。

    2005年12月1日、第47回日本レコード大賞特別賞を受賞し、2005年9月23日、
    ルーマニアの音楽イベント『チェルブル・デ・アウル国際音楽祭』にて、最後の
    コンサートを行った。 

    2005年10月、解散コンサート後にも関わらず3人で再び来日し、10月7日の
    『ミュージックステーション』、24日の『SMAP×SMAP』にも出演している。
    この年の12月に、またもや来日し、『ミュージックステーション』や
    『とくばん』等にも出演。 しかし、ラドゥーは、娘と迎える初めての
    クリスマスの為か、来日しなかった。

    【空前のメガヒットとなった『恋のマイアヒ』】


    2007年3月12日、O-Zoneが近々再結成するのではないか、という内容の記事が、
    ルーマニア語サイト『Revista Vip』に掲載された。 2月にキシナウのクラブにて、
    ダンとアルセニェが面会していたため、これが噂の出所では、との声もあるが、
    今のところ、メンバーの復活は実現しておらず、それぞれが、ソロ活動を行っている。

    ダンは、近年、主に、ロシア語で歌っており、ロシア市場でのヒットも数々記録して
    いるが、グループ結成時よりも、歌唱力が数段上がっているため、今後も目の離せ
    ないアーティストと言えるかも知れない。

    【お勧めの一枚】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    ジンギスカン(Dschinghis Khan)は、1979年から1980年代前半にかけて活躍した
    旧西ドイツのミュンヘン出身の音楽アーティストグループ。 男女6人組で、
    『ジンギスカン』や『めざせモスクワ』などが世界的に大ヒットした。



    1985年に一旦解散したが、2006年からは、20年ぶりに活動を再開している。
    1993年に他界したルイス・ヘンリック・ポンジェッター (Louis Hendrik Potgieter)と、
    スケジュールの調整がつかなかった、レスリーを除く、4人にゲストダンサー3人を
    加えた新たなメンバーによる初のライブが、2006年12月17日にモスクワの
    オリンピックアリーナで開催された。 2006年にスティーヴ・ベンダー (Steve Bender)が
    他界し、翌2007年からは、残るエディナ、ヘンリエッテ、ヴォルフガングの3人に、
    新たに7人からなる『遺産(The Legacy)』というバックダンス&コーラス集団を加えて
    活動を続けている。

     

    1979年、旧西ドイツの音楽プロデューサー、ラルフ・ジーゲル (de:Ralph Siegel)と、
    経済学者であったベルント・マイヌンガー (de:Bernd Meinunger)が、当時人気を
    博していた旧西ドイツのアーティスト、ボニーMのヒット曲『怪僧ラスプーチン』
    (Rasputin) をモデルとして、『ジンギスカン』という楽曲を作った。 それをヨーロッパの
    ポップ・ミュージックの登竜門でもある『ユーロビジョン・ソング・コンテスト』に応募
    するためにメンバーが集められ、結成したのがこのグループである。

     
     
    6人のうち、ルイスは、企画当初からメンバーとなることが決まっており、彼を除く
    5人はオーディションで選ばれた。 1979年のユーロビジョン、ドイツ国内予選では
    グランプリを獲得したものの、本選では4位に終わり、グランプリはならなかった。

    楽曲の多くの作詞はマイヌンガーが、作曲はジーゲルがそれぞれ担当したが、
    後にはグループのメンバーも作曲を手掛けるようになった。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    ワールドミュージック に参加中!

    ロシアで毎年新年早々行われている歌謡祭『Песня года』 。 前年を代表するヒット曲を
    紹介する歌謡祭となっているが、ロシアの歌謡界は、非常にレベルが高く、美男美女
    ばかりが次から次へと出演するため、単に歌が上手いだけでは、ロシアではやって
    行けないことが、この動画を見ると良く分かる。

    放送時間も非常に長く、合計すると、約5時間ほど続くという、非常に見応えのある歌謡
    番組となっている。 尚、ロシアでは、音楽学校を卒業していない者は、基本的に、歌手には
    なれないため、このようなレベルの高い音楽を維持出来ている模様。

    【第一部】


    【第二部】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    邦楽 に参加中!

    みちのくを活動拠点とし、和太鼓、篠笛、津軽三味線を用いて、伝統民謡などを現代風に
    アレンジした新世代4人組邦楽ユニット。 バンドでの演奏スタイルが特徴となっており、
    これまでに、日本全国のみならず、台湾、韓国、アメリカ等の海外でも公演活動を行って
    きた。

    希望の音 和太鼓とともに

    IMG_1267
    IMG_1264
    IMG_1293
    IMG_1312
    IMG_1305
    IMG_1303
    IMG_1297
    IMG_1294
    IMG_1295

    現在の4期メンバーは、三浦公規、石田陽祐、千葉響の3名の和太鼓と、津軽三味線
    の高橋勇弥。 結成当初の初代メンバーから残っているのは、和太鼓の3名で、2005年の
    閃雷結成以来、数名のメンバーチェンジを行ってきた。



    東日本大震災以降は、ふるさと宮城を中心に、東北を支援する活動を積極的に行い、
    青いこいのぼりプロジェクト』では、全国から、青いこいのぼりを寄付して貰い、毎年、
    5月5日に東松島市内に青いこいのぼりを掲げ、犠牲になった子供達の鎮魂と、世界中の
    子供達の平和のシンボルとしている。

    瓦礫から再生した楽器を被災地に寄付する活動も行っており、これまでに、大太鼓5基を
    被災地に寄付している。



    2005年の結成以来、10周年を迎えた閃雷が、2015年12月6日(日)、結成の地である
    宮城県美里町文化会館にて、ツアーファイナルを行った。 本拠地なだけに、丸3時間の
    非常に見応えのあるライブでした♪ ライブの後は、恒例のサイン会o(^-^)o ロビーから
    客席に入ろうとしたところ、民謡歌手の庄司さんが突如現れたので、握手と記念撮影して
    頂きました♪ この場所には、云十年ぶりに入りましたが、中にある緞帳が大昔のままで、
    非常に懐かったです。 



    Facebookページ(日本語版)

    Facebookページ(欧米版)

    Facebookページ(中国語版)

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    事件について に参加中!

    130人が死亡したパリ同時多発テロで、コンサート中に襲撃を受けた米国のロックバンド
    『イーグルス・オブ・デス・メタル(Eagles of Death Metal)』が2015年12月7日、アイルランドの
    ロックバンド U2 のパリ公演にゲスト出演し、感動的なカムバックを果たした。 U2のパリ公演は、
    テロ翌日の11月14日と15日の開催予定であったが、今回のテロ事件を受けて延期されていた。



    イーグルス・オブ・デス・メタルが舞台演奏中であったコンサートホール『ル・バタクラン』では、
    11月13日夜、乱入した男3人による銃乱射で、一連のテロで最多の約90人が死亡したが、
    その多くは若者だった。 また、グッズ販売をしていたバンドの男性スタッフ1人も死亡した。
    AS20151206002358_comm
    U2のボーカルのボノ(Bono)は、イーグルス・オブ・デス・メタルは、『3週間前にステージを
    奪われてしまった。 だから、今夜、僕らのステージを提供したい』と語り、メーンボーカルの
    ジェシー・ヒューズ(Jesse Hughes)を抱きしめると、パティ・スミス(Patti Smith)の
    『ピープル・ハブ・ザ・パワー(People Have The Power)』を熱唱した。

    U2は先週、パリで2回予定されている公演に『スペシャルゲスト』を迎えると発表したが、
    巷では、そのゲストとはイーグルス・オブ・デス・メタルではないかという臆測が飛び交っていた。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    心が求める音楽・曲等。 に参加中!

    2015年8月10日に活動開始から10周年を迎えた閃雷。 津軽三味線と和太鼓を
    現代風にアレンジし、バンドスタイルでみちのくの伝統民謡等を中心に、音楽活動を
    行っている。 新しいのに、何故か懐かしい感じがするそのメロディーは、どの世代が
    聞いても、新鮮な音として楽しめる。

    9314007

    メンバーは、和太鼓奏者の三浦公規、石田陽祐、千葉響の3名と津軽三味線の
    高橋勇弥で構成されており、東日本大震災以降は、東松島市や南三陸町を中心に、
    被災地他での活動も精力的に行っている。

    【閃雷 生誕10周年ツアー2015】

    8月10日(月)仙台darwin
    8月23日(日) 北海道北斗市総合文化センターかなで〜る
    9月17日(木)福井県あわら温泉みのや泰平閣
    9月18日(金)名古屋CLUB ZION
    9月19日(土)大阪LIVE HOUSE D'
    9月20日(日)三重県津市河芸公民館
    9月21日 (祝)静岡県 浜松市 浜松市福祉交流センター 
    10月14日(木)東京Shibuya WWW
    12月6日(日) 宮城県美里町文化会館

    氏名、連絡先、券種、枚数を記入して
    live@wadaiko.info
    にメールを送信!!





    IMG_6313
    IMG_5568
    IMG_6309
    IMG_6315
    IMG_6303
    IMG_5891
    IMG_5945
    IMG_6301
    IMG_6271

    東北以外での活動も行っており、今年度は、活動10周年を記念した全国ツアーの他にも、
    東日本大震災で故郷を失った子供たちとエイズで親を亡くした子供たちがひとつの舞台で
    家族になるという「At Home in the World 世界がわが家」のアメリカ公演にも出演した。



    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    ワールド・ミュージック に参加中!

    ヤドランカ・ストヤコヴィッチ(Jadranka Stojaković) は、20年以上にも渡り、日本を
    拠点に活動をしていたシンガーソングライター、並びに、歌手。 ユーゴスラビア
    (現ボスニア・ヘルツェゴビナ)のサラエボ出身。 16歳の時にドイツに住んでいた
    叔父のジャズグループに加わり、ベースとボーカルを担当。その後、フィロゾフスキー
    大学で心理学を専攻し、卒業後、更にサラエボ国立美術大学で絵画を学んだ。

    27690-J

    1984年、サラエボオリンピックのメインテーマ曲を作詞、作曲、自らそのテーマ曲を
    歌い、一躍ユーゴスラビアの国民的歌手となる。 以前から日本文化、特に浮世絵、
    俳句に興味を抱き、日本でレコーディングを行なうために来日するが、その間に
    祖国ボスニアでの内戦が酷くなり、それ以降、日本を活動の中心として活動を続けて
    いたが、2009年にステージで大怪我を負い、その後、クロアチアでの仕事へと向かうが、
    病状が悪化し、ボスニアでのリハビリ生活を始めるが、難病のASLである事が医師から
    告げられ、現在は、ボスニアのスルプスカ共和国の中心地である、バニャ・ルカで
    病気療養のため、入院生活を送っている。

    2014112600091_1

    日本で発表したアルバムでは、母国語のセルビア・クロアチア語以外にも英語、
    日本語でも歌っており、NHK教育『あつまれ! じゃんけんぽん』の主題歌や、TBS
    『神々の詩』の挿入歌等も手掛けている。 2001年には、坂本龍一が呼びかけた
    『地雷ZERO』キャンペーンにもボーカリストとして参加、TBS『NEWS23』にも出演し、
    注目を集めた。

    歌手だけではなく、画家としても幅広く活躍をしており、ここ数年では、イギリスの
    有名誌SONGLiNES誌でヤドランカの曲が代表曲として収録されたCDが2007年度の
    年間ベストアルバムに選ばれ、ヨーロッパで話題となった。



    2009年6月には、国から40年間音楽分野で貢献したことが評価され、日本では文化
    勲章にあたる賞が与えられた。 映画『魂萌え!』の主題歌の他、2009年4月からの
    テレビ東京系列の報道ドキュメンタリー番組『ルビコンの決断』のテーマソングも
    歌っている。

    2011年4月には、NHK『みんなのうた』において、母国ボスニアの民族楽器名を
    タイトルに冠した『誰かがサズを弾いていた』がオンエアされた。



    2016年5月3日、入院先のバニャ・ルカで、65歳の人生を閉じた。 東日本大震災発生
    直後に帰国したため、常に被災地を気に掛け、最後まで日本を愛した人生でした。  

    「日本の全てが好き」ALSの歌姫が伝えたいこと

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    ワールドミュージック に参加中!

    conchita

    これまでに数々の有名な歌手を排出しているユーロヴィジョン・ソング・コンテストで
    2014年度、オーストリア代表として出場し、見事優勝を果たしたコンチータが日本で
    発売のファーストアルバムのプロモーションのため、初来日を果たし、早速、
    日本テレビ系のスッキリ!!で生歌を披露した♪ 

    差別のない平和で自由な未来を目指し、あえて、『ヒゲの女装』という出で立ちで
    歌い続けるコンチータ。

    conchita_ms

    【来日スケジュール】

    ■7月7日(火)日本テレビ系 スッキリ!!(8時~10時25分放送)生出演☆
    ■7月7日(火) NACK5『ラジオのアナ~ラジアナ』にてコンチータの
     アルバム楽曲邦題募集特集(25:00~ 29:00)
    ■7月8日(水)日本テレビ系 『PON!』(10:25~ 11:30)
     来日中のコンチータのインタビューがOA!!!
    ■7月9日(木)CX系 『めざましテレビ』(05:25~ 08:00)
     コンチータが紹介予定です。ぜひお見逃しなく!
    ■7月10日(金)テレビ朝日系列 Mステ出演♪

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆

    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    ワールドミュージック に参加中!

    デビューアルバム『コンチータ』のプロモーションのため、女装とひげ面という
    アンバランスな出で立ちが話題になっているオーストリア人歌手、コンチータ・
    ヴルスト(26)が7月6日に初来日することになった。

    ESC-2014-Dänemark

    コンチータは、2014年の『ユーロヴィジョン・ソング・コンテスト』でオーストリア
    代表に選ばれ、コペンハーゲンで開催された本大会で見事優勝。 本物の女性の
    ような伸びやかな歌声と、『ひげ美人』という、正反対の強烈なキャラクターで
    世界中で一躍話題となった。 2013年に同性愛宣伝禁止法が成立したロシアの
    プーチン大統領が『自分のライフスタイルをこんなショーにすることはない』と
    英紙で批判する一方、レディー・ガガやエルトン・ジョンらが支持し、コンテスト
    では聴衆から喝采を浴びた。



    来日中は、同性カップルを『結婚相当』とする条例を成立させた東京都渋谷区に
    敬意を表し、同区役所を訪問したいと熱望している。 同性愛への議論を起こす
    ため、あえてひげを生やして臨んだ。 コンチータ『私はただ、どんな姿をして
    いても受け入れてもらえる、ということを示したいだけ。 やってはいけないこと
    なんてないの』と主張している。

    昨年、グーグルの『急上昇ワード』年間ランキングでは『Conchita(コンチータ)』が、
    7位に。 世界中の関心を集めているコンチータは『日本はとても美しいと聞いて
    いるので、今から楽しみにしている』と話している。
     


    ◆コンチータ・ヴルスト(本名トム・ノイヴィルト)1988年11月6日、オーストリア・
    グムンデン生まれ。 10代で性差別を受けた影響で、コンチータという別人格を
    形成。 2011年から音楽活動を始め、2013年9月、ユーロビジョンの同国代表に。
    批判を浴びる中で昨年5月に決勝進出し優勝。 同11月、同国でシングル
    『ヒーローズ』でデビュー。 日本での歌手名は『コンチータ』。

    tttii

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    ワールド・ミュージック に参加中!

    リサ·ニルソン(1970年8月13日Tyresö生まれ)は、スウェーデン出身の歌手。
    プロデューサーのウィリアム・バットによりスカウトされ、1989年に英語でのデビュー
    アルバム『Lean On Love 』をリリースした。 その後、1991年には、同じく英語で
    『Indestructible』を発表。 90年代には、ロシアのイーゴリ・ニコラエフとの
    デュエットも歌っている。

     

    1992年には、スウェーデン語で先行リリースされた『Himlen runt hörnet』が
    スウェーデン国内で大ヒットし、その後、『Ticke to Heaven』と題して1995年に
    英語版がリリースされた。 このアルバムは、日本でも同名で発売され、その後は、
    そのアルバムから、2曲が日本でもマキシシングルとしてリリースされた。



    それ以降は、1995年に『Till Morelia』、2000年に『Viva』、2002年に『Små rum』、
    2006年に『Hotel Vermont 609』と立て続けにアルバムを出したが、全て
    スウェーデン語のみで歌っている。

    Lean On Love
    Indestructible
    Till Morelia
    viva
    Små rum
    Hotel Vermont 609

    リサ・ニルソンの音楽スタイルは、父親であるジャズピアニストのイェスタ・
    ニルソンの影響で、ジャズをベースとしたものが多いが、その他にも、バラード、
    ダンス系、ポップスまで、幅広い活躍をしている。

    2002年には、イギリス生まれの映画監督コリン・ナットレーが制作した『Paradiset』で
    映画出演も果たしている。 2007年に女児を出産。



    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ