多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    カテゴリ: スポーツ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    Institut für Forschung und Entwicklung von Sportgeräten (FES研究所)

    Screenshot-2019

    対応競技:
    陸上競技、自転車競技、カヌー、ボート競技、トライアスロン、セーリング、
    アーチェリー、水泳、そり競技(スケルトン、ボブスレー)、スピードスケート、
    スキー、障害者スポーツ(セーリング)

    東ベルリンに本拠地を置くスポーツ器具を専門的に開発するためのFES研究所は、
    旧東独のナショナル委員会によって設立された「ドイツ体育スポーツ学院」
    研究センター内のスポーツ器具開発部門として1963年3月1日に設立された。

    その研究設立目的は、当時の産業界では、このようなスポーツ器具を生産する事が
    出来なかったためで、国際レベルでのトレーニングや競技用スポーツ器具を東独
    選手のためにカスタマイズ、開発することであった。 その後、スポーツ器具の
    開発と生産ばかりではなく、人材と素材が連携する事により、抜本的な見直しが
    必要である事が認識された。

    1963年から1965年に掛けて、ボート、カヌー、セーリングの開発事業が始まり、 
    1965年3月1日、ベルリンのシェーネヴァイデにスポーツ器具研究開発拠点が
    創設された。 FES研究所が開発したスポーツ器具が最初に国際的な評価を受けた
    のは、木材密度ポリマーを代用する事により、ボート、カヌー、ヨット競技に
    軽量素材技術を導入した事であった。

    1968年から1970年に掛けて、FES研究所では1人乗りと2人乗りのソリの開発が
    始まった。 1972年の札幌大会では、FES研究所が独自に開発した競技用具が
    初登場し、この時に旧東独で最初のソリ競技の代表チームが立ち上げられた。
    ほぼ同時期には、スポーツ競技器具開発に加えて、第2の柱である、コンピュータを
    用いた測定技術部門が立ち上げられた。 測定と情報技術の進歩により、ボートに
    初めて計測機器が取り付けられた。 セーリング競技では、オリンピックの
    フィン級、フライングダッチマン級、後に、470級でも開発が開始された。
    測定技術におけるもう一つの目玉は、セーリング競技における徹底した再測定
    であった。

    1970年代、FES研究所は、テニス、クロスカントリースキー、陸上競技などの
    スポーツにおける様々なテストを行い、柔道マットの製造においては、最先端の
    合成ゴムを使用した。

    また、1970年にFES研究所は、現在ケムニッツ市にある旧産業コンビナートである
    「Textimaforschung Malimo 有限会社」と協力して、1984年から自転車競技の開発
    事業を開始した。 まず、繊維強化プラスチックの使用量を増やしたディスク
    ホイールの研究開発が行われ、1987年からは独立事業として、炭素繊維を
    使用した強化フレームの開発に取り組んだ。 1988年のソウルオリンピックに
    おいて、ドイツ自転車競技チームは、FES研究所が独自に開発した器具を用いて
    100kmのロードレースにおいて金メダルを獲得した。

    1988年の最大時には、センター内に合計で5施設が設置され、約180名の
    スタッフが雇用されたが、ドイツ統一後の1992年5月、現在のDOSB、連邦内務省、
    スポーツ連盟の後援により、FES研究所内の全面的な組織再編が行われた。
    現在、FES研究所内には50名のスタッフが働いており、そのうち25名が
    エンジニアと技術職員、20名が研究職員、5名が社内外の管理業務を行っている。

    1992年、ボブスレーにおける開発は、2人乗りボブスレーから開始され、続いて
    4人乗りボブスレーの開発が始まった。 1996年からは、アチェリーのト
    レーニング時に使用するカーボン繊維強化プラスチックを用いたシャフトの開発、
    1997年からは、スピードスケート用の技術器具もFES研究所が扱うようになった。
    2001年からは、スケルトン用の競技機器とソリの開発も行なっている。

    ドイツ統一後、FES研究所は、ライプツィッヒのIAT研究所と共に、予算制度が
    継続され、連邦政府によって資金提供されている。 法的には、FES研究所は、
    ライプツィヒの応用トレーニング科学調査研究所と共に、DOSBを代理して、
    直接予算提供を受けている。  スポンサー団体には、24の競技連盟、6連邦州の
    スポーツ連盟、ケルン・トレーニングアカデミー、DOSBが含まれている。

    FES研究所が最も成功した競技は、ボブスレーとそり競技であり、その多くは、
    現在も開発中である。 2014年ソチ冬季オリンピックの際、ドイツのボブスレー
    チームは競争力がなかったため、FES研究所は批判された。 その後、2018年の
    ピョンチャンオリンピック大会に向けて、ナショナルチーム監督であるレナ・
    スパイズ氏が、男子チームの競争力向上のため、FES研究所と共に新しい
    ボブスレーの開発を押し進めた。 2018年の冬季オリンピックでは、FES研究所が
    開発した器具を用いたドイツチームは、金メダル3つと銀メダル1つを獲得した。

    【ボブスレー 国別メダル獲得数】

    順位

    国・地域

    1

    ドイツ

    3

    1

    0

    4

    2

    カナダ

    1

    0

    1

    2

    3

    韓国

    0

    1

    0

    1

    アメリカ合衆国    

    0

    1

    0

    1

     

    合計

    4

    3

    2

    9

     
    >>トップページに戻る





    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    logo33

    ドイツ応用トレーニング科学研究所(IAT)は、1992年にライプツィヒで
    設立され、ドイツのエリートスポーツとジュニアスポーツのための中心的な
    研究所となっており、19の夏季競技と6つの冬季競技に対応した専属コーチが
    常駐し、約1,000人の選手をサポートしており、21の協力団体と長期的な
    協定を結んでいる。

    スポンサー団体には、24のトップ連盟、6連邦州のスポーツ連盟、ケルン
    トレーニングアカデミー、DOSBが含まれており、オリンピック・
    トレーニングセンター、連邦スポーツ科学研究所、各種大学のスポーツ
    科学機関と協力関係を結んでいる。

    研究所内では、社会科学、スポーツ医学、エンジニア、物理学、コンピュータ
    科学と連携しており、科学的なトレーニングが行われている。 合計で
    120名のスタッフのうち、約3分の2が専門教育を受けている。

    ghjvdcet

    ドイツ応用トレーニング科学研究所は、以下の部門により構成されている:

    3つの科学トレーニング部門

    【耐久競技】
    カヌー、ランニング/ウォーキング、自転車競技、ボート競技、水泳、
    トライアスロン、バイアロン、スピードスケート、クロスカントリースキー


    【パワー技術競技】
    体操、ウェイトリフティング、陸上競技、飛び込み、フィギュアスケート、
    スケルトン、スキージャンプ、ノルディック複合

    【技術競技】
    バドミントン、ハンドボール、ホッケー、バレーボール、ボクシング、柔道、
    レスリング

    【その他】
    スポーツ医科学(外来診療所、臨床科学検査室、人体測定、スポーツ心理、
    整形外科、パフォーマンス診断)
    科学センター(スポーツ情報学、情報技術、生体力学、強化測定所)
    付属設備(科学トレーニング情報、文章データベース、国別調査データ、
    学術図書館)

    >>トップページに戻る





    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    スウェーデン・オリンピック委員会(SOK)が推進する「トップ選手と
    タレント選手」プログラムにおける夏季5競技の強化活動は、スペイン
    カナリア諸島のフエルテベントゥラ島にあるスポーツ施設 Apollos Playitasで
    継続的に行われており、その施設内に常駐しているSOKのアドバイザーらと
    協力し、今後のトレーニングの方針を決定している。

    swedenolympics


    このPlayitasで共同でトレーニングを行っているのは、マウンテンバイク、
    セーリング、カヌー、ボートの選手たちで、彼らの長期的な目標は、来年度の
    2020年に東京で開催される東京オリンピックである。

    「このキャンプでは、選手だけではなく、コーチや指導者に対しても色々な
    機会が与えられている。 トレーニング計画の作成、モチベーショントレーニング、
    栄養カウンセリング、スポーツ心理学など、異なるテーマごとに、お互いの
    方針を自由に情報交換出来る。 他競技の選手と一緒に活動することは、
    マイナス面を補い合い、トレーニングの質向上に繋がっている」とこのプログラムに
    参加中のKarin Torneklint 選手は感想を語った。

    SOK_cent4F

    【スウェーデン・オリンピック・キャンプ】
    SOKは長年に渡り、Apolloと提携関係を結んでおり、Playitasは、スウェーデン・
    ナショナルチームが利用する「スウェーデン・オリンピック・キャンプ」の
    称号が与えられている。 トレーニング施設は、オリンピック選手、エリート選手、
    タレント選手の高いパフォーマンスに十分に対応出来るようにするために、
    最新鋭の専門施設を備えている。

    Playitasでは、近代的なウェイトマシン、カーディオマシンを備えたスペイン
    最大級のジムを備えている。 バイクセンターでは、最新のロードバイク、
    マウンテンバイク、ファットバイク、ベビーカー、子供用の自転車などが
    利用出来る。 この他にも、バドミントン、ハンドボール、バンドゲーム、
    サッカー、バスケットボールに対応した屋内コートが複数ある。
    オリンピックに対応した50m温水プール、ボクシングリングとボルダリングも
    ある。 TC6のクロスフィットジムには、この他にも、多数の設備があり、
    ビーチにはウォータースポーツ専用施設もある。 敷地内には、パー67の
    18ホールのゴルフコースもある。

    8bfba4c5383

    「Playitasは、SOKのナショナルトレーニングセンターとして、トップ選手と
    タレント選手向けのプログラムを多数用意し、最高水準のスポーツトレーニングを
    行える場を提供している。 未来のオリンピックにおけるメダル獲得のための
    第一歩となれたことを嬉しく思います」とApolloスポーツ・ディレクターの
    Daniel Giray 氏は誇らしげに語った。

    >>トップページに戻る





    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    2011年10月に発令されたスポーツ選手の移籍に関する課税制度
    「Taxe Buffet(タックス・ビュフェ)」は、2012年度の財政法に関する
    議論が行われ、2011年夏にフランスリーグのプロサッカー選手3名の移籍に
    関して、3%の税金を課す新たな税金の導入を提案したが、この提案は直ちに
    プロサッカークラブ連盟事務局長らにより批判され、廃止された。 但し、
    この法案が、「Taxe Buffet」導入の元となった。

    2911701

    スポーツイベント放送時の権利に関するこの課税制度は、一般税制法302
    bis ZE条項として導入されることとなり、2000年度の財政法第59条として
    制定された。 2008年度の財務法では、この適用範囲が拡大され、その税率は
    5%となり、各スポーツ協会、企業、競技連盟、競技リーグ、その他、スポーツ
    イベントを主催する者から集められることとなった。 この制度では、再放送権が
    移譲され、現在この税金は、スポーツ振興センター(CNDS)へと支払われている。

    その一例として、プロサッカーリーグは、競技をテレビで放送する際の権利を
    委譲しなければならず、この際に、手数料を支払うものとする。 この放送権の
    金額の一部は、クラブチームに還元されるが、債権者としての課税の義務はない。
    2009年度は、サッカーによる課税金として、CNDSへ4,300万ユーロがもたら
    された。

    【フランスで人気のスポーツ】
    515133772

    【テレビ放送】
    フランスでは、ケーブルテレビが一般的となっており、スポーツ専用放送
    チャンネルは存在しないものの、ある特定の競技と主な競技大会に限定して
    スポーツ放送を行なっている。 TF1ではサッカー(ワールドカップ、主に
    フランスチームの試合)やセーリングを主に放送している。

    フランスのテレビでは、オリンピック、サッカー、ラグビー、自転車競技
    (ツール・ド・フランス)、陸上競技等を放送している。 有料チャンネルでは、
    フランス・チャンピオンシップリーグ1の限定放送、チャンピオンズリーグの
    試合を放送するスポーツ・チャンネルがある。

    >>トップページに戻る





    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    2017年冬、スウェーデン・オリンピック委員会(SOK)は「タレント2022」
    プログラムに関する発表を行った。 スウェーデン・オリンピック委員会の
    サイト上で「タレント2022」プログラムと名付けられた将来有望なジュニア選手
    28名が発表されたが、この活動の目的は、2024年のパリ・オリンピックや
    2028年のロサンゼルス・オリンピックを目指して、若いタレント選手を強化
    することである。
    homejunior
    28名の候補者は、12種目の異なる夏季競技から選抜されており、全員が
    1997年から2003年の生まれである。 「タレント 2022」プログラムに選ばれた
    ジュニア選手は、シニア選手やシニアタレント選手と類似の特別な支援を受ける
    事となるが、このプログラムの最終的な目標は、数年以内に「トップ選手と
    タレント選手」プログラムへの登録選手を徐々に拡大することであり、6〜
    10年後に世界で活躍出来るエリート選手を育成することを目指す。 候補選手は、
    スウェーデン・オリンピック委員会の選抜チームに合流し、必要に応じて
    国際的なトレーニングや競技大会出場の機会が与えられる。

    「タレント2022」プログラムは、4年以上活動出来る事が必須となっている。
    毎年秋には、咋シーズンの評価が行われ、全ての課題をクリア出来れば、
    次のシーズンも活動を続ける事が出来る。 毎年、新たなタレント選手が
    このプログラムに加入、または、退会する事となる。 トレーニングの
    レベルをより高めるためのコーチング強化プログラムも用意されている。
    今年の秋までに、このプロジェクトのフィジカル・アドバイザーがコーチと
    選手宅を訪問し、アドバイスを行う。 2020年の秋と冬には、東京2020の
    トレーニングプログラムに基づき、コーチの能力開発が2回行われる。
    11月には Playitas (カナリア諸島のトレーニングセンター)で合同
    トレーニングキャンプを行う予定となっている。

    swedenolympics

    【28名の候補者】
    バドミントン3名(男子3名)
    レスリング4名(男子3名/女子1名)
    自転車競技3名(男子1名/女子2名)
    現代五種1名(男子1名)
    陸上競技3名(男子2名/女子1名)
    フェンシング2名(女子2名)
    体操(トランポリン)1名(男子1名)
    カヌー3名(男子1名/女子2名)
    水泳4名(男子1名/女子3名)
    射撃(エアガン)1名(女子1名)
    テニス1名(女子1名)
    トライアスロン2名(男子2名)

    >>トップページに戻る





    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    オリンピック競技力向上のため、スウェーデンのオリンピック選手に対して
    費やされる年間強化費用、すなわち、スウェーデン・オリンピック委員会
    (SOK)の年間資金調達額はどれぐらいあるのだろうか? 実は、政府による
    資金援助は0クローナとなっている。 SOKが得ている国家予算は、
    オリンピックの準備資金のみである。

    SOKのトップ&タレントプログラムを通じて、アスリートの本格的な強化
    サポートを行うために費やされるされる年間予算は、全て民間企業からの
    資金提供のみとなっている。

    97003758743

    SOKの最も重要な活動内容は、競技力の高いオリンピック選手をスウェーデン
    代表として国際競技大会へと出場させるため、タレント選手の強化活動を
    サポートし、オリンピックにおいて、個々の選手の目標を達成出来るように
    することである。

    オリンピックの基本概念に基づき、スウェーデン・オリンピック委員会
    (SOK)では、以下の活動を行なっている。

    ● 青少年のためのより良いロールモデルを作成する。
    ● スポーツの活動強化を推し進める。
    ● 学歴、性別、資金力に縛られず、選手に対して、活躍の場を創造する。
    ● 博愛、尊重、競技力向上というオリンピックの考え方を広める。

    しかし、これらの活動費の大部分は政府予算外で行われている。 SOKは、
    オリンピックのための準備費用と遠征費用のみを行っており、近年、年間
    約4,000万クローナの国家予算があるが、選手の強化やオリンピックで記録を
    残すための資金提供は特に行なってはいない。

    imagefgh

    【各メダルの結果】
    90年代半ば、スウェーデンはオリンピックでは弱小であった。 リレハンメルと
    アトランタ大会は、スウェーデンのオリンピックにおける底辺となっており、
    長野ではスウェーデンチームは3つのメダルしか獲得出来ずに帰国した。
    スウェーデン全体での取り組みが必要となり、1年後、トップ&タレントの
    サポートプログラムが開始された。 それぞれの個人に合わせ、ニーズに見合った
    これらのプログラムにより、スウェーデンのアスリートを支援するため、大企業に
    よる予算支援と能力的なサポートが受けられるようになった。 「計画を実行に
    移すことが最も重要」と「獲得した栄冠には、必ず良い結果が伴う」がスローガンと
    なっており、これまでの活動は着実に実を結んでいる。

    しかし、近年、SOKの様々なサポートプログラムは、パートナー企業からの民間
    資金のみで完全に運営されていることは、ほとんど知られていない。 また、
    企業側には、これらのプログラムへの参加は許されておらず、資金提供を行う
    企業側にはこのような権利が与えられていない。 SOKは、各競技団体の優先
    順位を決定し、どの企業がサポートプログラムに参入することが出来るかに
    関する評価を行っている。

    SOK_cent4F

    【年間8,000~9,000万クローナ】
    SOKとそのパートナー企業は、「トップ選手」と「タレント選手」双方に対して、
    トップ競技大会におけるその競技内容や経済状況に関係なく、アスリートが完全に
    実力を出し切れる環境を創り出し、世界大会で上位入賞が果たせるようにするための
    場を提供している。 オリンピックにおける結果は、全てのスポーツ競技において
    同等の価値を持っている。

    2019年度、SOKは年間8,000〜9,000万クローナの資金提供を行うが、アスリートと
    コーチに対するハイパフォーマンス・スポーツ戦略に関して、長期的でより幅広い
    支援活動を行う計画となっている。 この資金提供により、アスリートは、必要な
    トレーニングを全て行えるようになると共に、競技大会への参加費や収入審査による
    奨学金を得ることが出来る。 また、トレーニングアドバイザー、栄養士、医師、
    心理学者、アナリストなど、SOKには多数の専門家が在籍しているため、
    アスリートやコーチに対して、サポートや情報提供を行っている。

    オリンピックとの関係を積極的に開拓し、この活動を成功に導いたたことはSOKの
    成果と言える。 チームの競技能力を向上させるためには、オリンピック開催前の
    十分な準備活動が不可欠となるが、予算獲得能力とメダル獲得能力を共に強化する
    ためには、スキルと能力の組み合わせと持続的なサポートが不可欠である。
    この強化支援により、SOKはパートナー企業と共に、積極的にスポーツ活動を
    応援している。

    >>トップページに戻る





    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    スウェーデンのナショナルトレニングセンターであるBosönは、エリート
    スポーツに特化したトレーニングセンターであり、各種テストや
    トレーニングを行っている施設である。 この施設は、ストックホルム
    中心部からは15分の場所にあり、スポーツ施設、会議場、ホテル、
    レストランを備えている。 

    スウェーデン・スポーツ連合は、世界クラスのアスリートを育成する
    ための環境づくりに努めており、主に連合に加盟しているエリート選手の
    サポートを行っている。この施設は、スウェーデン・スポーツ連合の
    強化センターであり、テスト、トレーニング、リハビリ、カウンセリング、
    教育、強化プロジェクトは、全てこのBosönで行われている。

    内部組織は、スポーツ生理学、医学、心理学、栄養学の4つの専門分野に
    分かれている。 個人での利用は、トレーニング施設、レストラン、
    ホテルに限り、利用することが出来る。



    Bosön オリンピックハウス(Bosön Olympiahuset)

    【運営組織】
    ● Bosön財団は1938年に設立され、スウェーデンスポーツ連合が所有している。
    ● スウェーデン・スポーツ教育機関(SISU Idrottsutbildarna)は、
      スポーツ国民大学のための基本財団であり、約150人の学生が現在ここで
      学んでいる。
    ● スウェーデン・スポーツ連合のエリートスポーツ強化部門が、エリート
      スポーツセンターの運営を担当している。
    ● 2011年以来、Stockholm Meeting Selection AB社が、ホテル、会議室、
      レストラン、スポーツセンターの全てのサービスを運営している。

    Bosönでは、最初のサイクリングコースが1939年に建設されたが、第二次
    世界大戦により、占領されてしまった。 戦後の1940年代、Bosönは拡張され、
    水泳プールと野外陸上施設、体育館が建設された。1940年代、50年代、
    60年代には、Bosönで多くの激しいトレーニングが行われた。

    スウェーデン国内のアスリートのほとんどが、Bosönを1回以上は訪問した
    ことがあると言われている。 1983年には、陸上競技場が建設された。

    1978年、Bosönは国民高等学校となり、1990年代初めには、大学としての
    教育活動が開始され、学生は140人に増加した。 その中には、スポーツ競技
    団体との150の協力関係が含まれていた。 1990年代初頭、スウェーデン・
    スポーツ連合はVålådalenとLillsvedにあった施設をBosönに集中させた。
    その後、エリートスポーツセンターが拡張・改装され、水泳プールが近代化
    された。 大学のキャンパスがこのエリアに建設され、学生の宿泊施設も
    建設された。

    omrdeskarta-1215856

    【屋内体育館】
    アメリカンフットボール、ゴルフ(レンジ)、アーチェリー、サッカーに
    対応した体育館。 屋内総面積:9,000m2 / 運動エリア:6,825m2(65x105m)

    【ジョギングトラック】
    1km、1,2km、2,7km、5km、7km、10km


    【屋内陸上競技場】
    ランニング、高飛び、棒高跳び、ソリ競技、砲丸投げ、走り幅跳び等、ほぼ
    全ての陸上競技の練習が可能。ホール内には200mトラック、100mトラック、
    ボクシングリング、短距離走のための電子測定器、トレーニングジム他がある。
    また、屋内競技場内には、ハンドボール、ボーリング、サッカー、
    バドミントンのためのコートもある。 屋内総面積:約5000m2

    【球技場】
    バスケットボール、バスケットボール、ハンドボールに対応した体育館。
    ここでは、あらゆる種類の球技のトレーニングを行う事が出来る。
    屋内総面積:720m²

    【サッカー場】
    FIFA認定の人工芝を使ったフルサイズのサッカー場
    総面積:7140m2

    【ディスクゴルフ】
    9ホール

    【水泳プール】
    27度の小型温水プール。サウナ付き
    長さ:16m 幅:6m

    【天然芝グランド】
    照明なし。総面積:6,825m2

    【アイスホール】
    ノルディック・アイス・ホールは、スウェーデン初の人工降雪機を使用した
    屋内ホール。 リンクは2面あり、スピードトラックとショートショットに
    対応している。

    【ペタンク・ブール】
    5つの専用レーンがあり、ペタンクの公式競技会が開催されている。
    総面積:60m2

    >>トップページに戻る





    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    スウェーデンオリンピック委員会は長年に渡り、スペイン・カナリア諸島の
    フエルテベントゥラ島にあるApollo社と協力関係を結んでおり、その
    スポーツリゾート施設であるPlayitas Resortは、スウェーデン・オリンピック
    委員会から公式なナショナルトレーニングセンターとして指定を受けている。
    Playitasのトレーニング施設は、オリンピック選手、エリート選手、タレント
    選手の高いパフォーマンスに対応するため、以下の最新鋭の専門設備を取り
    揃えている。



    【主なスポーツ施設】
    ● 体育館(バドミントン、ハンドボール、サッカー、バスケットボール、
     テニスに対応)
    ● オリンピック対応の50m温水プール
    ● ボクシングリング
    ● クライミングウォール
    ● フィットネスジム
    ● ウォータースポーツセンター
    ● ゴルフコース

    「トップ選手とタレント選手」プログラムによる夏季5競技(マウンテンバイク、
    セーリング、カヌー、ボート)のトレーニング活動は、このPlayitasで定期的に
    行なわれており、スウェーデン・オリンピック委員会のフィジカル
    アドバイザーらと協力し、本格的なトレーニングが行なわれている。

    81209134953

    異なる5競技が同一の場所で共同でトレーニングを行うことにより、経費や
    時間の節約となり、それぞれのマイナス面を補い合うことにより、トレーニングの
    質が向上する。更には、トレーニング計画、モチベーショントレーニング、
    栄養相談、スポーツ心理学など、異なる競技におけるそれぞれの考え方を
    共有することが出来る。

    >>トップページに戻る





    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    中部スウェーデン大学(Mittuniversitetet)はスウェーデンの国立大学であり、
    キャンパスがスウェーデン中部の ①Östersundと ②Sundsvallという2つの
    場所にある。 1993年7月1日に設立されたこの大学は、元々は150年以上の
    歴史を持つ「中部スウェーデン学校(Mitthögskolan)」と呼ばれ、Sundsvall/
    HärnösandカレッジとÖstersundカレッジが合併したもので、2001年に
    中部スウェーデン大学としてITを含む自然科学系の大学として、国から公式の
    認定を取得した。

    【Östersund】

    【Sundsvall】


    2005年1月1日、スウェーデン政府は、大学側に正式に「大学」と名乗る権利を
    与え、学校名が中部スウェーデン大学へと変更された。 Östersundキャンパス
    内には、スウェーデン冬季スポーツ研究センター(NVC)とスポーツ・テック・
    リサーチ・センターがあるため、ここでは、健康とスポーツ・テクノロジー
    分野の研究が日々行なわれている。

    【スウェーデン冬季スポーツ研究センター】
    中部スウェーデン大学Östersundキャンパス内にあるスウェーデン冬季
    スポーツ研究センター(Nationellt vintersportcentrum- NVC)は、スキーに
    おける学術研究の世界的な研究機関となっており、スウェーデンの
    オリンピック冬季競技のテストセンターとして、スポーツやアウトドア
    用品の有名企業と多数協力関係を結んでいる。

    この研究センターの研究目的は、スポーツパフォーマンスと健康に特化
    しており、主に冬季競技の研究が行われている。エリート選手の強化と評価、
    並びに、トレーニングに必要なテストを行っているため、平昌オリンピックに
    おけるスウェーデンのメダリスト達のほとんどが、この冬季スポーツ研究
    センターとの関わりを持っている。競技選手以外にも、トレーニングを
    受けていない個人がこの施設内で身体的なテストを受ける事が出来る。 また、
    スポーツ用新機材の開発を行なっている企業とも協力関係を結んでいる。

    MI7A0438

    スウェーデン冬季スポーツ研究センターと強力な協力関係を持つ
    中部スウェーデン大学では、スポーツ医科学の教育が行なわれており、
    大学内にはスキー大学があり、スウェーデン・バイアスロン協会、スウェーデン・
    スキー協会とも協力関係を結んでいるため、ナショナルチームのスキー選手は
    大学での学業とスポーツを両立することが出来る。 また、エリート監督養成
    講座等の特定の教育プログラムも実施している。

    >>トップページに戻る





    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    2017年11月22日、ローラ・フレセル スポーツ省長官は、記念すべき
    第100回目の市会議との相互交流行事の際、スポーツガバナンスに関する
    運営委員会を立ち上げた。

    広くスポーツ活動を展開することは、フランスにおけるスポーツプロジェクトの
    中心的な取り組みであり、スポーツ庁長官は、この目的を達成するため、
    フランス大統領、並びに、首相との国家としての役割を明確化し、スポーツ活動を
    更に増進し、地方自治体におけるスポーツ組織を再考するとした。 そのためには、
    国、スポーツ協会、地方自治体、民間パートナー企業との間で生じる責任を
    明確化するためのガバナンスモデルを構築する必要性がある。

    【運営委員会の対象】
    - 行政: スポーツ省、厚生省、財務省、教育省、社会省
    - 地方自治体: フランス地域協会、フランス地方会議、フランス市長・
      地方自治体長協会
    - スポーツ協会: オリンピック委員会、パラリンピック委員会、
      オリンピック連盟代表、並びに、非オリンピック連盟代表
    - その他、競技大会出場資格者数名
     
    ローラ・フレセル スポーツ省長官
    laura1606172

    スポーツ省長官が議長を務めるこの運営委員会は、スポーツ界から選ばれた
    代表者らが登壇し、2018年1月から6月まで、6つのテーマに沿ったセミナーを
    開催する。 このセミナーは、フランスのスポーツ界にとって、新たな制度と
    組織的な枠組みを作るための礎となり、社会におけるスポーツの発展に
    寄与するだろう。

    >>トップページに戻る





    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    カナリア諸島州政府とスペイン・オリンピック委員会(COE)は、2018年
    7月30日、eスポーツの強化促進のための共同研究に関する契約を締結した。
    ラス・パルマス市の高等科学技術博物館で開催された式典には、フェルナンド・
    クラビホ カナリア諸島州知事とスペイン・オリンピック委員会会長である
    アレハンドロ・ブランコ氏が出席した。

    fad55214690

    スペイン・ビデオゲーム&eスポーツクラブ最高責任者のモイセス・イスラエル・
    ガルゾン氏、カナリア諸島eスポーツタレントプロジェクトのミゲル・
    ベタンコル氏らが出席し、両氏は、カナリア諸島がこのような取り組みを
    促進するための最初の独立したコミュニティとして位置付けられ、スペイン・
    オリンピック委員会がeスポーツを統括するようになるとした。

    この締結は、オリンピックにおける新たな動きを分析・対応するために、スペイン・
    オリンピック委員会とスペイン・ビデオゲーム&eスポーツクラブ(FEVES)が
    合意に達したため、締結されたものである。 COEとFEVESは、近年、
    国際オリンピック委員会(IOC)が制定した流れに追い付いて 行きたいと
    考えており、IOCは、最近、eスポーツの代表らと初めて会合を開き、 まずは、
    様々な意見を話し合うワーキンググループの設置を目指し、オリンピックに
    競技をリンクさせる方法を模索するとしている。 有名なゲーマーも参加した
    このイベントでは、eスポーツに関連したデモンストレーションも開催された。

    b0322525470

    【カナリア諸島の今後のeスポーツに対する取り組み】
    カナリア諸島州政府は、eスポーツのプラットフォームとして島を発展させる
    ためには、 COEとの協定締結に先駆けて、この分野で先行しているロンドン・
    スクール・オブ・エコノミクス、日刊スポーツ紙マルカ、更には、他の
    ヨーロッパのゲーマーらとeスポーツのワークセッションを行ったマンチェスター・
    シティなどとも強化戦略に関する関係構築を模索しており、マドリードにある
    ハイパフォーマンスセンターでは、つい先日、カナリア諸島のeスポーツ
    プロジェクトに関する会合が開かれたばかりだ。

    >>トップページに戻る





    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    2018年3月12日 ストックホルム

    ストックホルム市は、2026年の冬季オリンピック開催に関心を示していたが、
    危機を迎えている。 ストックホルム市長で社会民主労働党のカリン・
    ヴァンゴルド女史は、冬季オリンピックの話を進めるための政治的な支援が
    ないと述べている。

    昨年11月、スウェーデン・オリンピック委員会は、ストックホルムでの
    2026年冬季オリンピック開催に意欲を示したが、IOCへの正式申請期限は
    2018年3月31日となっており、ストックホルムが立候補することはかなり
    絶望的となっている。
    2014262145
    スウェーデン・オリンピック委員会のストックホルム・オリンピック開催
    担当者は、ストックホルムでのオリンピック開催を諦めないとしながらも、
    1994年に冬季オリンピックを開催したリレハンメルを応援するとも語った。

    現在の状況は、ストックホルム市長が所属する社会民主労働党のみが、
    オリンピックとパラリンピックの開催に対して明確に賛成していることが
    分かっており、ストックホルム市内のいくつかの団体とストックホルム郡の
    他の自治体や有識者達らがオリンピック開催に対して肯定的であるに過ぎない。
    EsportsDecision
    IOCからのオリンピック開催の条件を要約すると、開催都市にもっとお金を
    使うことが暗示されており、オリンピック開催のための施設が既に整っている
    都市の方がより高く評価されている。

    >>トップページに戻る





    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ