横浜通詞 ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

記事カテゴリーに CIS独立国家共同体(旧ソ連邦) 他を追加しました♪
    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    カテゴリ:アジア > 韓国

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    韓国の兵士は、四六時中、軍事境界線を監視している。 いつでも北朝鮮の
    侵略を撃退する用意が出来ている。 朝鮮は今も戦争中だと考えている人もいる。
    朝鮮戦争(1950~1953年)で韓国にはかろうじて国の存在を守ったが、この戦争は
    正式には終わっていない。 2つの国に分断された朝鮮の人々は、お互いの国を
    自由に行き来することは出来ない。 家族が離れ離れになってしまったままの人も
    多い。

    非武装地帯にある村、板門店に、ただひとつの非武装地帯がある、ここを通過する
    許可をもらうためには、たくさんの書類をそろえなければならない。 軍事境界線に
    めぐらされた塀と有刺鉄線は、朝鮮における過去の激しい戦いを常に思い出させる。
    それでもなお、南北朝鮮の多くの人々が、いつかまた、朝鮮はひとつになるという
    希望を持ち続けている。

    dims

    【非武装地帯】
    朝鮮半島で野生動物が手付かずのまま生息している数少ない場所が、非武装地帯
    である。 非武装地帯は、韓国と北朝鮮の軍事境界線上に延びる幅4キロの一帯で、
    1953年、朝鮮戦争停戦の時に儲けられた。 それから70年近くもここには誰も足を
    踏み入れたことがないが、その両側からは、およそ200万人もの兵士たちが互いに
    監視を続けている。 予想外だったのは、この非武装地帯が、野生動物が人間に
    邪魔されずに生きることの出来る安息の地になったことだった。 ツルやその他
    沢山の貴重な鳥が、ここで冬を越す。 もし朝鮮半島のどこかに今も野生の虎が
    いるとしたら(否定する専門かもいる)、住んでいるのは、この非武装地帯である。
    もし非武装地帯がこのまま続くのであれば、自然保護家たちは、ここを世界的に
    有名な自然保護区にしたいと考えている。

    5896

    【お勧めの一品】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    韓国の人口密度は1平方キロメートルあたり485人となっており、アメリカの人口
    密度は32人となっている。 この人口密度の差をサッカースタジアムを単位として
    考えてみると、アメリカならば1人で7つのサッカースタジアムを使えるが、韓国では
    逆に2人で1つのサッカースタジアムを一緒に使わねばならないという計算になる。

    韓国では5人に4人が都市に住んでいるので、農村に住んでいる人は少ない。
    山間の川の近くや海岸近くの低地に、村々が寄り集まるようにある。 韓国の
    都市人口4,000万人の半数は、ソウル、釜山、仁川、大邱、大田の5都市に集中して
    いる。 仕事を見つけようと都市に移り住む人は益々増えており、農村部の伝統ある
    暮らしは失われ始めている。

    newvol7241

    【新首都セジョン】
    韓国は非常に人口密度が高く、中でもソウルには最も人口が集中している。
    2004年に政府は、韓国の中心部に新しい首都を建設することを決定した。 新しい
    首都の名前はセジョンと名付けられ、ソウルほど人口が集中せず、政府関係で
    働く人々がそちらへ移れば、ソウルの人口密度も減ると思われる。 また、
    韓国の大部分の企業は、現在ソウルに本拠地を置いているが、その多くがソウルを
    出て、新首都へ移ると考えられる。

    新首都はソウルから南約160kmの高速鉄道と清州空港に近い農村部に建設される
    ことが決まり、2007年に工事が始まった。 計画通りに進めば、その都市は
    2030年には韓国の首都になる予定となっている。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ