東京通詞 ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の多言語翻訳『東京通詞』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    カテゴリ:東南アジア > ベトナム

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    1840年代のフランスの商人たちは、ベトナムの経済資源の開発に熱心だった。
    彼らはフランス皇帝ナポレオン3世に対して、ベトナムを侵攻するよう圧力を
    掛けた。 フランス艦隊は1858年に、ダナン港の攻撃を繰り返したが、制圧
    することが出来なかった。 翌年、フランス軍はサイゴンを占領すると、
    グエン王朝にメコンデルタを放棄させ、1867年には、この地域をフランス直轄
    殖民地にコーチシナにした。

    フランス軍は1880年代初めに更に北に進軍し、フエと紅河デルタを攻撃した。
    80年代末には、アンナン(ベトナム中部)とトンキン(ベトナム北部)が
    フランスの手に落ちた。 フランスはこの2地域とコートシナに加えて、やはり
    フランスが支配していたカンボジアとラオスを合わせて、フランス領インドシナ
    連邦を形成した。 フエのグエン王朝は内政だけは行う名ばかりの支配者に
    過ぎず、フランス政府が任命する総督が連邦全体を統治した。

    36543411

    植民地の統治者たちは、ベトナムの天然資源を開発して行った。 フランス人は
    メコンデルタの米を増産するために、湿地を干拓し、灌漑設も整えた。 植民地
    政府は、カンボジア国境沿いの土地をフランス人入植者に与え、大規模な農場や
    ゴム園を造らせた。 人口の希薄な中部高原地帯の土地所有者たちは、茶等、
    輸出でお金になる作物を栽培した。 北部では、フランス人は石炭と鉱物を
    採掘した。

    フランス人は、生産物を市場に出荷するために、ベトナム人労働者を使って港湾、
    道路、橋、鉄道を建設した。 だが、ベトナムの経済開発は現地の人々を潤さ
    なかった。 大抵の農民は、所有地の農場に住んでいない不在地主のために
    働いた。 不在地主は、収穫した穀物を現地で売らないで輸出した。 土地を
    失った大勢のベトナム人は、賃金も安く厳しい労働条件の下で、炭鉱やゴム園で
    働かなくてはならなかった。

    【抵抗運動と第二次世界大戦】
    フランスの厳しい植民地支配のため、インドシナ連邦に対するベトナム人の反対が
    強くなった。 貧しい農民たちは、高い税金、官吏の腐敗や、不在地主の権力の
    増大に抗議した。 20世紀初めには、ベトナム人の知識人グループが民族主義運動を
    起こし、フランスの支配を覆して立憲政治を打ち立てようとした。

    1920年代になると、ソ連の指導者レーニンの共産主義が、ベトナムの新しい世代の
    民族主義者に影響を与えた。 その中に、ホー・チ・ミンという若い活動家が居た。
    共産主義者たちは、農場、工場、鉱山等、全ての生産手段の国有化を唱えた。
    フランス滞在中に、ホー・チ・ミンはフランス共産党で活動するようになり、故国に
    戻って共産主義運動を始め、1930年にはインドシナ共産党を組織した。

    1930年代には、ベトナム人は、世界大恐慌を乗り切るのに必死で、政治不安も
    起きなかった。 インドシナ共産党は、不況で反仏感情を一層高めていたアンナンと
    トンキンで、特に運動を成功させた。 1930年代の終わりには、民族主義、
    非共産主義政党も沢山組織された。 これらの政党とインドシナ共産党は、フランス
    植民地政府によって強く反抗した。

    やがて、強力な日本帝国が東南アジアを脅かして来た。 第二次世界大戦で
    日本はアメリカとイギリスと戦い、1942年までにインドシナ半島全体を占領して
    しまった。 日本はベトナムに日本軍を進駐し、ベトナムの軍事施設を使用する
    権利と引き換えに、フランスのインドシナ連邦における主権を認めた。
    インドシナ共産党をはじめ、民族主義諸政党の指導者たちは、中国南部に亡命
    していた。 日本に反抗してベトナムの独立を勝ち取るために、亡命先で統一
    戦線を結成した。 この組織はベトミン(ベトナム独立同盟)と言われ、戦争が
    終わった後、フランスに対して反乱を起こす準備をした。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    1497年にレタイントンが死ぬと、後の皇帝は力が弱くて治世も皆短く、良く組織
    されていた政治制度を無視したので無政府状態を招いた。 16世紀になると、
    政府高官たちが互いに争い、1527年にそのひとり、マツクダンズン将軍が9代
    100年続いたレ王朝を倒し、遂に長年に渡る内乱が始まる。

    16世紀も後半になると、2大氏族が権力を分割して統治した。 北部ではティン氏が
    実権を握ったが、名目的な君主としてレ王朝を再興した。 南部で支配権を確立した
    グエン氏も、表向きはレ王朝を唯一の正統な君主とみなした。

    グエン氏は同時に、クメール帝国(カンボジア)に軍隊を進め、勢力を広めて
    行った。 クメール族は肥沃なメコンデルタをはじめ、広くインドシナ半島を
    支配していた。 グエン氏は、農民をクメール領に送り込んだ。 1690年までに
    ベトナム人は、メコンデルタのクメール族入植地、サイゴンに入り込んでいた。

    グエン氏はまた、絹や貴金属を中国、日本、および、ヨーロッパの商人たちに
    売って、対外貿易を伸ばした。 グエン氏の農園では、農民は国際市場を対象に
    して砂糖等を栽培した。 一方、ローマカトリック教会の宣教師に同行して来た
    ヨーロッパの商人たちは、懸命になって貿易を軌道に乗せ、またベトナム人を
    キリスト教徒に改宗させて行った。

    グエン氏の勢力は拡大して行ったが、メコンデルタに入植したベトナム人たちは、
    圧制に悩んだ。 1771年、ベトナム中部の山村、西山に反乱が起き、同村の
    グエン3兄弟が民衆を率いた。 1780年代に数年間の戦いの後、西山軍が
    メコンデルタからグエン氏の勢力を追い払い、次いで北部のティン氏の軍隊も
    破った。

    3兄弟はベトナムの北部、中部、南部を陥れると、統一政府の西山朝を設立した。
    だが、西山朝は、戦争のために農地が荒れ、収穫が衰えて飢餓になるという
    問題を解決出来なかった。

    map-1r

    隣国のタイに亡命していたグエン氏一族の若い後継者、グエン・ツアクアインは、
    ベトナムを再び征服しようとした。 アジアに通商の拠点を作り始めていた
    フランス等外国の援助を得て、軍隊をメコンデルタから北へと進め、1802年に
    西山軍を破り、今日のベトナム領の殆んど全部を征服した。 そこでグエン・
    フツクアインはグエン王朝を建てて、自らゼーロン皇帝と称した。

    ゼーロン皇帝はベトナム中部のフエを首都とし、中国風の官僚制を強め、反政府
    勢力を全て潰した。 フランス人のカトリック宣教師が、多くのベトナム人を
    キリスト教徒に変えただけではなく、宮廷政治に干渉したために、ゼーロン皇帝は
    宣教師を弾圧し、フランス人の活動を制限し、国民のキリスト教信仰を禁じた。

    1830年代には、ゼーロン皇帝を継いだ息子のミンマン帝も父帝と同じように
    フランス人の影響に反発した。 皇帝はフランス人宣教師を大勢処刑したが、
    なお布教を続けながら、ベトナムをフランスが取得してしまうことを呼び掛ける
    宣教師も居た。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    10世紀、唐の崩壊後に起きた中国の内部抗争は、ベトナム人に中国の支配を覆す
    機会を与えた。 愛国的な武将、誤権が率いる反乱軍は中国軍を破り、939年に
    ベトナムの成立を宣言した。

    誤権は、中国に占領される前の王国の首都であったコーロアを都と定めたが、
    短命だったので、強力な国家を建設出来なかった。 944年に誤権が死ぬと、
    財力のある土豪たちが権力争いに走った。

    1009年に、土豪のひとり、李太祖は全土を平定して李王朝を打ち立て、翌年、
    首都を現在のハノイに移した。 国名は後に大越(ダイヴェト)と改めた。
    李王朝は中国の儒学に基づいて、行政制度を組織し直した。 学生は儒学を
    勉強して厳格な採用試験(科挙の制度)に合格しなければ、中央政府の官僚には
    なれなかった。

    tonan13a

    李王朝時代にベトナム人は、新しい水田が欲しくて南へと移動し始めた。 ベトナム
    中部には、チャム族がまだ耕していない土地があったので、チャム族のチャンバ
    王国を攻め、その領土を奪って行った。 ベトナム人農民は、沿岸の低地で米を
    植えはじめ、技師たちは堤防や運河を建設して洪水を防いだ。

    李王朝は、宮廷の高官、陳一族が、一族の幼い男子を李王家継承者の幼女と結婚
    させて、陳王朝を築いた1225年まで続いた。 陳王朝は、ベトナムの政治を
    発展させた。 洪水から水田を守る公共事業によって、農民は穀物の収穫を
    増やしたので、経済は豊かになった。 官僚が行政を握り、仏教が盛んになった。

    13世紀後半に、モンゴル(元朝)軍がアジア大陸東部を伝って、大越に攻め入った。
    この侵略者を追い返したのが、陳興道将軍だった。 14世紀には陳王朝は、ベトナム
    中部のチャンバ王国と軍事衝突を繰り返した。 チャンバ国王が中国に助けを
    求めたために、大越は中国に攻撃されて1407年までに独立を失い、中国(明)の
    直轄地になってしまった。

    430808385jpg

    中国の皇帝は上流のベトナム人に中国服を着用するように命じ、また、ベトナム語を
    教えることを禁じた。 過酷な中国同化政策は、既にベトナムの反抗を引き
    起こした。 金持ちの土豪であるレロイは、抵抗運動を組織し、1427年に
    中国人を追い払った。 レロイは大越の皇帝に即位し、ハノイを首都に定めて
    黎王朝を打ち立てた。

    黎王朝が治めた大越は、政治が安定し、儒教文化の黄金時代だった。 黎王朝で
    最も偉大な皇帝黎聖宗は、新たな法律体系を確立し、15巻の大越史の編纂を命じて
    いる。 1470年代にはチャンバ王国を併合して、ベトナム領土を南方へ広げて
    行った。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    ベトナムの歴史は、現代ベトナム人の祖先が少なくとも4000年前に住んでいた
    紅河デルタから始まる。 彼らはやがて耕作地を求めて南へと移動し、現在
    ベトナム中部とされている地域で、チャム族、クメール族と接触する。

    チャム族は現代カンボジア人と人種的に関係が深い種族であり、クメール族は
    メコンデルタを支配していた。 ベトナム人は結局、この2つの種族と紛争を
    引き起こし、18世紀半ばまでに敵対する種族を破って、現代ベトナムを
    形作くっている国土の全部を支配した。

    shutterstock

    【初期の諸王国】
    遺跡の発掘で分かったことだが、紅河デルタに最初の大きな中央集権の国が
    現れたのは紀元前800年ごろだった。 当時を『ドンソン文化期』と言う。
    人々はデルタの河川の治水のため、堀や運河を掘った。 また、らく田と
    呼ばれる稲作水田の灌漑に、南シナ海の潮の干満を利用した。 洪水や日照りから
    土地を守り、また、灌漑をすることによって、ドンソン文化期には必要な
    だけ収穫をあげていた。

    ドンソン人たちは、丸木舟など小舟を使って旅や交易をした。 インドシナ
    半島での交易を通じて冶金の知識を広げ、青銅器の制作を学んで工具、武器、
    鼓、器や装飾品を作った。

    紀元前250年前に、ベトナムの支配者、安陽王は、デルタ地帯のドンソン人たちと
    近隣の高地の人々を統合して、オウラク王国を打ち立てた。 その首都は、
    ハノイの32km北にあるコーロアだった。 王国の人々は大概、現地の土豪の
    所有地である稲作水田で働く農民だった。

    紀元前207年になると、中国の将軍、趙佗が紅河デルタを征服し、自ら王に
    なって独立国、南越を打ち立て、中国の承認を得た。 紀元前111年には、
    中国(前漢)の武帝の軍隊が南越を襲って滅ぼし、中国領にしてしまった。

    中後くの文化はベトナム社会を変えた。 例えば、中国の儒教哲学が、
    ベトナムにおける政治と日常生活の厳格な規範となった。 また、ベトナム人は
    中国の官吏や教育者が読み書きに使っていた漢字を採用した。

    中国のベトナム支配は1000年間続いた。 その間、ベトナムの知識階層は
    、中国の仏教信仰をはじめ、中国文化を受け入れて行った。 中国人はまた、
    ベトナム人に養蚕、貨幣の鋳造、磁器の生産を教えた。 ベトナムの海岸沿いに、
    対外貿易を推し進めるために港もいくつか建設した。 貿易が発展するにつれて、
    富と力を蓄えたベトナム人の一族も出て来た。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    ベトナムの人口(7,180万人)の約20%は、都市部に住んでいる。 大都市は
    ホーチミン市、次いでハノイ、ハイフォンとなっている。 この次に重要なのは、
    ダナン、フエ、ニャチャンで、このこの3都市は全て中部の海外沿いにある。

    vietnam

    【ホーチミン】(旧サイゴン)
    サイゴンとその周辺のメコンデルタ地区には、400万人が住んでいる。 滅多に
    使われることがないこの街の正式名称『ホーチミン市』は、フランスから
    ベトナム独立を勝ち取った戦争の指導者である共産主義者を記念したもの。

    サイゴンは、6世紀にカンボジアのクメール族が築き、南進を続けていた
    ベトナム人が、サイゴン周辺に定住し始める17世紀まで、クメール帝国に属して
    いた。 次第に大きな港町になり、それがフランス人の目に留まって、19世紀に
    植民地にされてしまう。 フランス人は幅の広い大通りをつくり、住宅地には
    ヨーロッパ・スタイルの家屋を建て、今でもフランス風の様相を見せている。

    ベトナム戦争の間、アメリカ軍部隊、ジャーナリスト、一般外国人がサイゴン市内の
    ホテル、ナイトクラブ、喫茶店にあふれ、サイゴンの経済は戦時活動に密着して
    いた。 戦争が終わると、サイゴンの経済は低下し、多くの企業は潰れ、あるいは、
    政府に接収された。 だが最近は経済が回復して、ナイトクラブも再開し、新しい
    ホテルや事業所がたくさん建設されている。 道筋に並ぶ露店商人たちも景気が
    良くなっており、シクロ(三輪自動車のタクシー)が街中にあふれている。

    ベトナム南部の金融、商業の中心地であるサイゴンは、ゆっくりだが戦争の痛手から
    立ち直っている。 市内の工場では、食品を加工し、家具やカーペットを生産して
    いる。 家族経営の小企業が栄え、一時は売り物がなかった露店の食品市場は、
    果物や野菜で一杯になっている。

    【ハノイ】
    ベトナム第二の都市ハノイは、11区から成る大ハノイ(人口約300万人)で、
    そのうち4区が首都ハノイ(人口92.5万人)となっている。 北部の工業の
    中心地で、自転車、たばこ、農耕機械、木製品を生産している。 最近の経済
    改革で、ハノイに対する外国の投資を奨励し、多くの私企業が開業した。

    トンキン湾から紅河を72キロ遡った地点にあるハノイは、1010年に李王朝(最初の
    ベトナム人統治者一族)の王都となった。 19世紀にベトナム王国が首都をフエに
    移すまで、ハノイは文化と教育の中心だった。

    ハノイの繁華街の真ん中にホアン・キエム湖がある。 その周りの公園では、
    市民たちは祭りやバイクレース、ハトレースが開催されている。 湖の南側は、
    近代的な商業地区で、フランス植民地時代に建てられたホテルや大きなストアが
    並んでいる。 また、北側はハノイの旧市街地区で、古い寺や故ホーチミンの
    霊廟がある。

    【ハイフォン】
    ハノイから東へ100キロ余り、トンキン湾に面しているのが、ハノイの外港であり、
    ベトナム北部の最も重要な港であるハイフォン(人口150万人)で、ハイフォン港で
    陸上げされた荷は、鉄道でハノイに運ばれる。 港内では無数の小舟が荷船や
    タッグボート、貨物船ともみ合うようにして走っている。 大型船が入港、停泊
    出来るように、港湾の改良、拡大の計画が進められている。

    19世紀末にフランス人が開港したハイフォンは、第二次世界大戦中に日本軍に占領
    された。 ベトナム戦争中、北ベトナムが輸入する軍事物資の大半は、ハイフォン港
    で積み荷を降ろしていた。 その結果、港はアメリカ軍機の猛烈な爆撃の標的と
    なった。 戦争で受けた被害の修復工事が、まだ市内の各地で行われている。

    ハイフォンの主な産業は、造船、魚介類の缶詰、ガラス製品、純毛カーペットで
    ある。 リン酸塩で肥料を生産している工場もある。 近くにある水力発電所から、
    ハイフォン市内の工場に送る電気の変電所もある。 港湾都市の伝統から、海軍の
    学校が2校ある。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ