多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    カテゴリ: 南北アメリカ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    カナダは、旧大英帝国植民地の一つで、現在もイギリス連邦の構成国の一つ。
    そのため、国家元首は英国の国王/女王であると定められており、カナダ総督が
    その代理として実務を行っている。 尚、カナダでは、英国国王/女王とは呼ばず
    カナダ国王/女王と呼ぶ。
    59fdcc46.gif

    国の番号は、アメリカと同じ1番。 アメリカとは異なり、フィートやマイル等、独自の
    縮尺単位を使用しておらず、日本と同じキロや摂氏を用いているため、日本人の
    側から見ると、非常に親しみやすいのが特徴。 アメリカ合衆国本土の北、北米大陸の
    北半分を占め、言語もアメリカとほぼ同じだが、綴りは、イギリス英語とほぼ同じ。
    公用語は、英語とフランス語。 英語話者はフランス語を、フランス語話者は英語を
    必修科目として選択しなければならない。 州ごとに見ると、ケベック州ではフランス語
    のみ、ニューブランズウィック州では英仏両言語、その他の州では、英語のみが
    公用語となっている。

    国家を挙げて、マルチカルチャーとダイバーシティーを推奨しており、それぞれのエスニック
    コミュニティーがお互いを尊重し合いながら、明確に分かれているのが、アメリカとは明確に
    異なる点のひとつ。 銃は基本的に持ち歩く事が出来ないのも、アメリカとは異なる点。
    年間20万人超の移民を受け入れ続けているが、その殆どが、カナダ最大の都市である
    トロントを目指してやって来る。 そのため、メトロポリタン・トロントの人口は、急激な増加を
    続けている。

    殆どのトロント市民は、移民とその子孫であるため、トロント市内では、通常英語ではなく、
    それぞれの言語で喋っており、皆で会話をする時だけ英語とフランス語が使用される。
    それぞれのサービス窓口には、各言語を操れる職員が常駐しているが、その語学
    レベルは千差万別。
    29346570.jpg

    国土面積は日本の約27倍となっており、ロシアに次いで世界第2位の面積を誇っている。
    但し、このうち半分以上が森林で、その国土の多くは北極圏内であるため、居住が可能な
    地域が少ないため、カナダ人の殆どは都市部で生活をしている。 人口は日本の約1/4程度。
    連邦制国家で、カナダ連邦政府の下にそれぞれの州政府が存在する。 アメリカ合衆国と
    比べると、それぞれの州の権力は小さい。 カナダでは、それぞれの州はStateではなく
    Provinceと呼ぶ。

    ケベック州は、元々フランスの入植地だったため、住民の大半がフランス系で、長らく
    連邦政府からの独立問題がくすぶっている。 1970年10月には、『オクトーバー・
    クライシス』と呼ばれるケベック独立過激派による要人拉致事件が発生した。 過去2回の
    住民投票では、いずれも独立は否決されたが、1995年に行われた2回目の住民投票
    では、独立反対が約50.6%と、反対派と賛成派がほぼ拮抗した状態であった。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    世界でも有数の移民の国、カナダでは、毎年約25万人の移民を世界中から受け
    入れています。 様々なバックグラウンド、価値観を持つ人たちがお互いの違いを
    尊重し合いながら平和に共存しています。 その中でも、国をあげて力を入れている
    のが、多文化と多様性の推進。



    カナダ憲法第15条では、いかなる個人も人種、国籍、民族、肌の色、宗教、性別、
    肉体的・精神的障害の有無によって差別を受けず、法の下では皆平等であると
    うたわれています。 この原則はカナダ社会のあらゆる側面において徹底しており、
    カナダが国際社会に対して最も誇りにしている点でもあります。 典型的な例としては、
    カナダでは同性のカップルにも結婚が認められており、相続権をはじめとして、異性の
    カップルと全く同様の権利が与えられています。 カナダではセクシャルマイノリティーに
    対する差別は一切許されません。



    また、移民の増加により、カナダは白人の国という概念は既に過去のものになりつつ
    あります。 非白人系の人口は、カナダ建国150周年の2017年までには、人口の20%
    以上、トロント、バンクーバーでは50%に達すると予想されています。 カナダ最大の
    都市、トロントでは、様々な人種、民族、肌の色の異なる者同士が、極自然に交流を
    しています。 人種ごとに比較的分かれてしまっているニューヨークなどのアメリカの
    大都市とは異なり、多民族がそれぞれのコミュニティーを維持しつつ、共存をしています。



    カナダの食は、移民の国ならではの豊かさがあり、例えば、トロントではチャイナタウン、
    コリアタウン、リトルイタリー、リトルインディア、グリークタウンなど様々なエスニックコ
    ミュニティーがあり、本場の味を比較的安い価格で楽しむ事が出来ます。 一般的に、
    食料品は豊富で安く、生鮮食品には消費税は掛かりません。



    世界中を旅した人間が、最後に行きつく場所が、カナダだと言われている程、外国人に
    対して、寛容的な国が、カナダ。 『カナダ』とは、ネイティブ・インディアンの言葉で、
    『村』を表しています。 同じ英語圏でありながら、アメリカとは異なる国。 街中を回る
    だけで、それぞれのコミュニティーが分かれているため、世界一周気分を味わえるのも、
    カナダの醍醐味です。



    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ブログネタ
    旅に出よう! に参加中!

    世界でも有数の移民の国、カナダでは、毎年約25万人の移民を世界中から受け
    入れています。 様々なバックグラウンド、価値観を持つ人たちがお互いの違いを
    尊重し合いながら平和に共存しています。 その中でも、国をあげて力を入れている
    のが、多文化と多様性の推進。



    カナダ憲法第15条では、いかなる個人も人種、国籍、民族、肌の色、宗教、性別、
    肉体的・精神的障害の有無によって差別を受けず、法の下では皆平等であると
    うたわれています。 この原則はカナダ社会のあらゆる側面において徹底しており、
    カナダが国際社会に対して最も誇りにしている点でもあります。 典型的な例としては、
    カナダでは同性のカップルにも結婚が認められており、相続権をはじめとして、異性の
    カップルと全く同様の権利が与えられています。 カナダではセクシャルマイノリティーに
    対する差別は一切許されません。



    また、移民の増加により、カナダは白人の国という概念は既に過去のものになりつつ
    あります。 非白人系の人口は、カナダ建国150周年の2017年までには、人口の20%
    以上、トロント、バンクーバーでは50%に達すると予想されています。 カナダ最大の
    都市、トロントでは、様々な人種、民族、肌の色の異なる者同士が、極自然に交流を
    しています。 人種ごとに比較的分かれてしまっているニューヨークなどのアメリカの
    大都市とは異なり、多民族がそれぞれのコミュニティーを維持しつつ、共存をしています。



    カナダの食は、移民の国ならではの豊かさがあり、例えば、トロントではチャイナタウン、
    コリアタウン、リトルイタリー、リトルインディア、グリークタウンなど様々なエスニックコ
    ミュニティーがあり、本場の味を比較的安い価格で楽しむ事が出来ます。 一般的に、
    食料品は豊富で安く、生鮮食品には消費税は掛かりません。



    世界中を旅した人間が、最後に行きつく場所が、カナダだと言われている程、外国人に
    対して、寛容的な国が、カナダ。 『カナダ』とは、ネイティブ・インディアンの言葉で、
    『村』を表しています。 同じ英語圏でありながら、アメリカとは異なる国。 街中を回る
    だけで、それぞれのコミュニティーが分かれているため、世界一周気分を味わえるのも、
    カナダの醍醐味です。



    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    Ottawa is the capital city of Canada and it's totally bilingual city, because
    it's located on the border of the languages between English and French.

    Ottawa est la capitale du Canada et la ville est totalement bilingue,
    car elle est situé à la frontière des langues entre l'anglais et le français.

    カナダの首都のオタワは、英語圏とフランス語圏の境界線上にあるため、完全
    バイリンガル都市です。

     

    Differences between French in Quebec and France: accent, attitude & curse words.
    It is very difficult to understand Quebecois French for me.

    Les différences entre le français au Québec et en France: l'accent, attitude &
    malédiction mots. C'est très difficile de comprendre le français québecois pour moi.

    フランスとカナダで使用しているフランス語の違いは、アクセント、態度、罵り言葉です。

     

    Yellowknife is the best spot to see the northern lights. It's really mysterious natural phenomena.

    Yellowknife est le meilleur endroit pour voir les aurores boréales.
    C'est vraiment mystérieux phénomènes naturels.

    イエローナイフは、オーロラ観測に最適な場所で、とても幻想的な自然現象です。

     

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    アメリカ・バージニア州出身のテイラー・アンダーソンさん(当時24歳)は、英語の非常勤講師
    として、2008年に来日し、宮城県石巻市の小・中学校で英語を教えていました。

    Taylor Anderson (at the time 24 years old) was born in Virginia, in the U.S., and
    she came to Japan in 2008 as a part-time teacher of English. She had been teaching
    English in elementary and junior high schools in the city of Ishinomaki, Miyagi Prefecture.
    4836118a.jpg
    2011年3月11日、東日本大震災が起きた際、彼女は、津波警報がけたたましく鳴る中、教え子
    全ての子供達を親に引き渡すまで、津波の恐怖から逃げる事はありませんでした。

    On March 11, 2011, when the Great East Japan Earthquake occurred, she did not
    run away from fear of tsunami to make sure that all the children were delivered to their
    parents even the tsunami warning loudly sounded.

    地震が起きた時、テイラー・アンダーソンさんと共にいた小学校の関係者によると、
    テイラーさんは、児童達を親に引き渡すまで学校に待機し、最後の子供を親御さんに
    手渡し終わってから、自転車に乗って高台に避難する途中で津波に巻き込まれたという事です。

    According to the person most nearly concerned with Taylor, she stayed at the school
    in order to hand the children to the parents, waited until completing the transfer of
    the last children to their parents, and then she took a bike and evacuated to the hill,
    but the tsunami attacked her on the way to the higher ground.

    テイラーさんの死亡が確認された場所

    石巻市は、テイラーさんの写真などから、今回の震災で亡くなった被災者である可能性が
    あるとして、アメリカ・バージニア州に暮らすテイラーさんの両親と連絡を取り、
    2011年3月23日、父親のアンディーさんたちが急きょ来日。 残念なことに、テイラーさんの
    死亡を確認しまし た。

    The city of Ishinomaki contacted Taylor's parents who live in the United States,
    Virginia, based on the information of the  photograph, and on March 23, 2011,
    her father came to Japan in a hurry. Unfortunately, it has confirmed the death
    of Taylor.

    駐日アメリカ大使のキャロライン・ケネディー女史が、東日本大震災最大の被災地である、
    石巻を積極的に訪れるのは、このためです。 石巻市の災害による犠牲者は、テイラーさんを
    含めて、約3,700名が死亡しています。

    Ms.Caroline Kennedy, the U.S. Ambassador to Japan, actively visits Ishinomaki,
    one of the hardest hit area, because of this tragic affair. About 3,700 people, including
    Taylor, have died by the tsunami in the city of Ishinomaki.

    Refer to the details below
    “To Be a Bridge Between Our Two Nations” 〜The Taylor Anderson Memorial Fund〜



    テイラーさんが、津波に巻き込まれて死亡した現場付近を訪れ、花を手向けた父親の
    アンディーさんは、『津波が想像を超えるものだった事がよく分かりました。 娘が仕事を
    していた場所を見ることができて良かった』と話していました。

    また、この後、テイラーさんが教えていた市内の小学校も訪れ、学校での様子を聞いたり、
    テイラーさんが作った折り鶴を受け取ったりしました。

    アメリカでの報道  CNN report

    テイラーさんの父親・アンディーさんと、母親のジーンさんは声明を発表し、『娘の無事を祈り、
    支援してくださった皆さまに心から感謝します。 多くの人びとの祈りと支援によって、私達は
    この危機を乗り越える事が出来ました。 どうか、その同じお気持ちを、今まだ行方不明に
    なっている多くの方たちに振り向けてくださるようお願い致します。 そして、日本の人々の
    ために祈ってください』と述べた。

    テイラーさんが使っていたポットと鍋、それに衣服は、被災者の人達に寄贈されました。
    テイラーさん家族は、余震が続き、福島原発危機がいまだ去る事のない日本の復興を支援
    するために、『テイラー・アンダーソン基金』を設立し、今でも義捐金活動を続けています。


    2014年7月、アメリカの高校生が、石巻を訪れた

    『それは、妹が望んでいた事だからです。 彼女は、自分が魅せられた日本で、自分の望んだ
    世界に住んでいたと思います。 彼女なら、この美しい日本が復興する事を何より願っている
    はずです。 私達は、彼女の名に懸けて、日本が元に戻るように働き掛けて行きたいと思います』
    と姉のジュリアさんは述べました。

    『娘の死に方は、彼女の人生観を象徴しています。 娘は人に対して深い思いやりを持った
    温かい性格です。 彼女が、この世で行なった最期の行いは人を救う事でした。 それは
    何より、彼女の人柄を物語っています。 テイラーは、生徒たちから、大好きな先生として
    慕われていたようです。 私は、娘を誇りに思っています』と母親のジーンさんは、テレビの
    取材に答えました。

    テイラー・アンダーソンさんは、今回の東日本大震災の外国人被災者のうち、安否確認が
    取れた最初の外国人です。 『未曾有の大震災。 亡骸を確認出来ただけでも幸運』というのは、
    ご遺族にとって余りにも残酷な仕打ちです。 果たして、『どうか、安らかに眠って下さい』と
    いう、お決まりの言葉で、その御霊を鎮める事が出来るのでしょうか。

    少なくとも、私たち日本人は、自分の命も顧みず、多くの日本の子供の命を救ったテイラー・
    アンダーソンさんの名前は忘れる事はないでしょう。 三陸の紺碧の海の町に
    『青い目のおなご先生』先生がいた事を。

    当時のNHKニュース

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    Winter, cold, snow, and people! This is a winter skating rink in front
    of Toronto city hall!! It's one of the winter traditions in the city of Toronto. 

    L’hiver, le froid, la neige et nos gens ! C'est une patinoire d'hiver en face de
    l'hôtel de ville de Toronto !! C'est l'une des traditions d'hiver à Toronto. 
    a499ce7e.jpg

    2e80b6c3.jpg

    60e276b2.jpg

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログへ


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    「バンクーバーの朝日」は、2014年12月20日よりロードショー。 戦前のカナダで活躍し、
    2003年にカナダ野球の殿堂入りを果たした日系移民の野球チーム「バンクーバー朝日」の
    実話を映画化したもの。

    1900年代初頭、新天地を夢見てカナダへと渡った多くの日本人が、過酷な肉体労働や
    貧困、差別という厳しい現実に直面する。 そんな中、日本人街に誕生した野球チーム
    「バンクーバー朝日」は、フェアプレーの精神でひたむきに戦い抜き、そんな彼らの姿は
    日系移民たちに勇気や希望をもたらし、白人社会からも賞賛と人気を勝ち取って行く。

    バンクーバーは、トロントからは、飛行機で5時間、バスで5日掛かるため、行った事は
    ないのだが、その昔、カナダに留学を決めた際に、このバンクーバーだけはとりあえず
    外した。 その理由は、日本人が多過ぎるため。 話によると、このバンクーバーには、
    約2万人の日本人、並びに、日系人が住んでいるとか。

    日本人にとっては、確かに、仕事が見つかり易いのかもしれないが、そんな楽をして
    しまっては、語学習得にはならないと考えたため、あえて、日本人の比率がさほど高くない、
    カナダ最大の都市、トロントを選んだ。 今でも、その選択は、間違っていないと思う。
    7e6d76a2.jpg



    >>トップページに戻る

    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログへ



      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    本日、セブ〇イレブンに立ち寄ったところ、「生姜炭酸」なる商品が置いてあった。
    一件韓国風で、何となく不味そうと思ったものの、良く考えてみると、単なる
    「ジンジャーエール」である事に思い当たった。 単に名前を代えただけで、200円弱の
    お値段とは、かなり強気な値段設定。
    pic_item03
    カナディアン・ドライは、近所のダ〇エーに行けば、一本34円程度で販売をしているが、
    このカナディアン・ドライ、実は、カナダでは販売をしておりませんw 100%日本の商品
    なのだが、最近では、カナダの極一部でも、取り扱いを始めたとか。 以前は、カナダ人に、
    カナディアン・ドライと言うと、何それ?と言われたものだが、今エゲレスで大流行の
    「極乾燥(しなさい)」とほぼ同じレベルの話。

    尚、カナダは、イギリス連邦所属の国で、国家元首は、エリザベス女王、但し、国の
    番号は、アメリカと同じ1番と言う、かなり意味不明な国となっている。 カナダは、
    前々から、このイギリス連邦から離脱すると言っているものの、その後の進展は、
    どうなっているのか。 逆に、オーストラリアは、イギリス連邦に残留を決定している。

    >>トップページに戻る

    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログへ
    にほんブログ村


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    アメリカのくびきからいつまで経っても脱出出来ない日本は、今でも戦後が終ってはいない。
    戦後自分の見方に付けた国々を全て『白痴』という状態にし、今最も横暴な政治を
    行っているのは、冷戦に勝利したアメリカ。
    2013123102410281d
    カナダ人は、基本的にアメリカが嫌いなため、アメリカが言い出した事に対して、真っ先に
    異を唱える国は、その大概においてカナダとなっているのだが、カナダに移民して来る
    人たちの中で、アメリカ人の割合がかなり高いという事も、日本では伝えてはいない。
    カナダとアメリカは、一見同じに見えるのだが、全く違うという点においては、ロシアと
    ウクライナとの関係に似ている。

    ドイツとオーストリアの関係も、これと似ているが、オーストリア人は、そこまで、ドイツが嫌い
    ではない。 隣同士の国は、大体どこも仲が悪いのだが、それは、似て非なるものを許せない
    ため。 日本とアメリカのように、全く似ても似つかないものであれば、諦めどころか、
    憧れに変わるのだが、日本と韓国のように、端から見ていると同じ、但し、中身は全く異なる
    場合は、『同属嫌悪』となるため、許せなくなる確率が大幅に上がると言える。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    アメリカ国家安全保障局 NSAの職員が『日常業務の一環』で傍受したヌード写真をみんなで
    回覧していた事が判明した。 現在、世界中に張り巡らされているインターネット環境は、全て
    アメリカを通して提供されており、世界各地にアメリカによる情報網が貼りめぐされているため、
    インターネットを使っている限りは、全ての情報が筒抜け。 アメリカを介さないネット網の
    構築を早急に進める必要性が浮き彫りにされた。
    4c263ef7.jpg


    『The Guardian』紙のインタヴューによると、エドワード・スノーデン氏は、NSA職員
    たちが『日常業務の一環』で傍受した一般人のヌード写真をみんなで回覧していた
    場面に『何度も遭遇』したという。 
    『The Guardian』紙は7月17日、モスクワのホテルで、米国家安全保障局(NSA)の

    内部告発者であるエドワード・スノーデンのインタヴューを行い、その様子を17分の
    動画にまとめて公開した。
     
    それによれば同氏は、NSAの職員が『日常業務の一環』で傍受したヌード写真を
    みんなで回覧していた場面に『何度も遭遇』したという。
     
    この取材の中で、スノーデン氏はさまざまな点について語っており、キューバにある
    米国の収容所グアンタナモ湾収容キャンプに自分が送られる可能性は常にあると
    述べた。 また、自身がロシアのスパイやエージェントだという説をきっぱりと否定し、
    そうした主張を『でたらめ』だと一蹴した。
     
    NSAは2013年9月、ジョージ・エラード監察官がチャック・グラスリー上院議員
    (共和党、アイオワ州選出)に宛てた書簡の中で、NSA職員が自分の恋人や配偶者
    などの通信を傍受していたことを認めたケースが少数あることを明らかにしている。

    『(NSAに)やって来るのは18~22歳くらいの若い人々だ』とスノーデン氏は言う。
    『彼らが突然、あなたの個人情報のすべてにアクセスできるという、とてつもなく
    大きな責任のあるポジションを与えられる。そして、彼らは日常業務の中で、どう
    見ても仕事とまったく関係のないものに出くわすことになる。たとえば、性的に親しい
    関係の人が撮影した、誰かの裸の写真などだ』
     
    魅力的な写真だった場合、『彼らは椅子を回転させ、同僚にそれを見せる。同僚は、
    わあ、これはすごい。ビルにも送れよと言う。ビルはジョージに送り、ジョージは
    トムに送る。そしてほどなく、この人物のすべての生活が、たくさんの職員に
    よって覗かれることになる』
     
    『こうした活動は決して報告されない。システム内部の監視は信じられないほど
    脆弱なため、誰もこうした活動について知ることがないのだ。あなたのプライベート
    画像、私生活の記録、恋人と過ごしているときの記録が、特定の人とあなたが
    やり取りした通信記録から抜き取られ、特に必要性がないのに政府に渡されて
    いるという事実は、それ自体が権利の侵害だ』
     
    『一緒に働く同僚にもよるが、こうしたことは日常的に行われている。監視する
    立場にいる人間ならではの特典だと考えられているのだ』
     
    NSAの女性広報担当者ヴァニー・ヴァインは、Arstechnicaに宛てた電子メールの
    中で次のように述べている。『NSAは、意図的な職権乱用や職業規範の違反を
    決して容認しておらず、不正行為に関する信憑性の高い報告があれば、適切に
    対処していく』
     
    ただしヴァイン氏は、スノーデン氏の主張がどの程度真実なのか、あるいは過去に
    そうした行為への関与によって懲戒免職などの処分を受けたNSAの職員が
    いるのかという質問には回答していない。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村



      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ウクライナの内戦が、一気に激化したのは、ロシアで開催された、ソチオリンピックの期間中
    だったのだが、平和の祭典の開催期間中に、ウクライナで内戦が勃発した事に関して、
    『世界の警察』を自称してやまないアメリカが、ソチオリンピック開催期間中に勃発した、
    『ユーロマイダン』での一連の出来事に関して、一切何も言わななかったのは、
    アメリカがウクライナに対して、政治的に関与しているためと見て間違いなのでは。



    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ