多言語翻訳GoWest ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の『多言語翻訳GoWest』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    カテゴリ:アジア > 中国・香港・台湾

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    イギリス人は、香港を自由貿易港とし、一切関税を掛けなかったため、香港は
    アヘン貿易の中継地としての役割を果たすようになり、それまで広州、マカオで
    中国との交易に従事していた多くの商社が香港に拠点を構えた。 更に中国大陸
    からも、沿岸部を荒らしまわっていた海賊や、アヘン戦争の際にイギリス軍へ
    食料を提供したために、清朝側から敵視された人々等、多くの人達が香港へと
    移り住んだ。 このように、イギリスへの割譲初期の香港は、にわか作りの
    移民社会といった様相を呈していた。

    cf8e86a9

    1850年代に入ると、香港社会は、中国内外の新しい動向に大きな影響を受ける
    ようになる。 当時、中国国内では大勢の人達が、太平天国による戦乱を避ける
    ために住み慣れた土地から離れることを余儀なくされていた。 一方、アメリカ
    西海岸やオーストラリアでは、ゴールドラッシュにより、鉱山経営者が安価な
    労働力を大量に求めていた。 こうした事情が重なり、中国から香港を経由して
    アメリカやオーストラリアへ移住する人が急増した。

    移民の大半は、男性の肉体労働者であり、欧米の商社が運行する輸送船で渡航先
    まで運ばれて行った。 こうした移民の中には、斡旋業者によって騙された者も
    多く、輸送中の死亡率も高かったことから、香港政庁は1860年代に入ると、
    移民船への監視体制を強化したが、実情はなかなか改善しなかった。

    香港を通じた移民の流れは、1870年代後半以降、北米やオーストラリアにおける
    排華運動の高まりや、華人の移民に対する規制の強化に伴い、当時欧米列強の
    植民地開発が進行していた東南アジアへと向かうようになる。 そして、華人の
    活動範囲が広がるにつれて、香港は北米、および、東南アジア各地と中国との
    間の人、物、金の流れを結ぶ結節点としての役割を果たすようになった。

    0f5f141d

    1930年代には、日中間の武力衝突が香港社会にも影響を与えるようになり、
    とりわけ、1937年に始まった日中戦争の拡大は、中国大陸から香港へ避難する
    人々の数を増加させた。 太平洋戦争が勃発すると、日本軍は香港にも侵攻し、
    同地を1941年12月25日に陥落させた。 以後3年8ヶ月に渡り、香港は、日本軍の
    統治下に置かれた。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    18世紀後半から、広州で交易を行うようになっていたイギリス東インド会社は、
    やがてインド産アヘンを中国に密貿易するようになり、三角貿易が行われる
    ようになった。 1810年代には、中国沿岸にイギリスの貿易拠点となる地を獲得
    するべきだとする声がイギリス東インド会社の中から上げるようになった。
    同時に、1830年代までには、香港島と九龍半島の間の海峡は、天然の良港を
    推する外国商船の格好の停泊地として承認されるようになる。

    以後、イギリスの貿易拠点ないし、植民地としては、他の島々の名前も取り沙汰
    されるが、1830年代には、広州で貿易に携わる商人達の間で、香港島の獲得を
    望む声が高まっていた。 そして、清朝によるアヘン戦争の最中、イギリス軍は、
    香港島を占領するのである。 ここから、香港としての歴史が始まる事となる。

    rrtyu

    香港島に初めてイギリスの旗が翻ったのは、アヘン戦争の最中である1841年の事で
    あるが、翌年に締結された南京条約により、香港はイギリスへ割譲される事が
    決まり、1943年には、イギリスの直轄植民地となった。 この時にイギリスの
    植民地となったのは、実は、香港島のみで、九龍半島が先端部の割譲は、第二次
    アヘン戦争後に英中間で北京条約が結ばれた1860年の事であった。

    但し、この時点で、香港特別行政区の過半を構成する新界と香港島周辺は、まだ
    清朝の統治下にあった。 これらの領域がイギリス領に編入され、現在の香港が
    形成されたのは、1898年の事であった。

    maptop

    香港島、および、九龍半島先端部とは異なり、イギリスは、新界、および、香港島
    周辺の島々を清朝から99年間に渡り租借しただけだった。 よって、その99年後の
    1997年に香港は、イギリスから中国へと返還された。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブログネタ
    行った場所や気になる場所 に参加中!

    台湾には、幾つかの怪奇なスポットがあるのだが、今回は、高雄周辺にある
    2つのお勧めスポットをご紹介します。 この両スポットは、偶然にも、
    高鐵左営駅からどちらも行くことが出来ます。 台北から新幹線で到着するのが、
    左営駅なので、ちょっと足を伸ばして、怪奇スポットへの小旅行も良いかも
    知れません。

    IMG_9889

    【仏光山仏陀紀念館】

    台湾4大仏教宗派のひとつである仏光山の総本山にある、『仏光山仏陀紀念館』は、
    見るからに怪しい、非常に魅惑的なスポット。 高鐵左営駅から、バスで、
    50分前後掛かるのだが、一度はその目で実際に見る価値があると思う。 広大な
    敷地の中には、八塔、大仏、霊山、祇園があり、本館では、『仏陀の一生』を
    11分で紹介する飛び出す4D映画(全て中国語)や、写経をする場所などがある。
    本館の先には、台座を含めて、総高108メートル、総重量1,780トンもの巨大な
    大仏が鎮座しており、その姿は、正に荘厳。 礼敬大庁内には、台湾唯一の
    ベジタリアン向けセブン-イレブンとスターバックスも入っている。

     

    【左営蓮池潭】
    市街地から北に約10キロの左営区にある面積約7ヘクタールの淡水湖。 バスを
    降りると、すぐに龍虎塔が見えてくる。 トンネルになっている龍と虎の内部には、
    仏教伝説の壁画が描かれている。 湖岸に沿って更に歩くと、中華風な塔や寺廟
    (孔子廟・龍虎塔・春秋閣等)が立ち並んでいる。

    IMG_9965

    左営蓮池潭は、周囲約1.4キロの湖で、高雄では、有名な観光スポットの一つ。
    湖の北側にあるのが、孔子廟。 タクシーでこの場所へ行く際には、高鐵
    左営駅側から降りると、かなり遠回りをするため、タクシー代がかなり割高
    となる。 高鐵駅側の一階からタクシーに乗ることをお勧めします。 台湾では、
    一番良い動物=龍、一番悪い動物=虎と信じられているため、龍の口から入り、
    虎の口から出てくると、災いがなくなり、福が来るのだとか。





    台湾 高雄の思い出
    IMG_9687
    IMG_9692
    IMG_9709
    IMG_9712
    IMG_9720
    IMG_9721
    IMG_9730
    IMG_9734
    IMG_9754
    IMG_9776
    IMG_9812
    IMG_9847
    IMG_9865
    IMG_9896
    IMG_9913
    IMG_9926
    IMG_9934
    IMG_9950



    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ