東日本大震災の津波で死亡した七十七銀行女川支店(宮城県女川町)の
元行員田村健太さん=当時(25)=の両親が2016年6月18日、初めて企業
関係者を前に講演した。 銀行を相手に訴訟に至った経緯や、長男の健太さんに
対する思いを語り、従業員の命を守る企業防災の大切さを訴えた。

父孝行さん(55)と母弘美さん(53)が、カシオ計算機グループの労働組合で
つくるカシオ関連労働組合連合会(東京)の要請で講演。 宮城県松島町の
ホテルで15人が耳を傾けた。

孝行さんは『企業管理下では勝手な行動ができない。 息子は銀行や仲間を
信じて行動し、高台に逃げたかったのに支店屋上にとどまったのだと思う』と
説明。 原因究明や改善策、謝罪を求め訴訟に臨んだものの、2月に敗訴が
確定したことに触れ『息子らの身に起きたことを語り継ぎ、安全な社会を
つくりたい』と語った。

49890267.jpg

田村さん夫妻は女川町で語り部活動を続けている。 弘美さんは『企業が真正面
から惨事と向き合わなければ、真相は明らかにならない。 息子の経験を伝え
教訓にしてもらうことが、せめてもの供養になると思い、震災からの5年3カ月を
生きてきた』と話した。

カシオ労連は17日に女川町の復興状況も視察した。事務局長の熊谷浩伸さん
(45)は『震災に対する意識が薄れてきていると感じる。 震災の教訓を企業
防災に生かし、災害に備えなければいけない』と語った。

出典:河北新報

【お勧めの一冊】


>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村