東日本大震災で学校管理下の児童74人と教職員10人が犠牲となった宮城県
石巻市立大川小学校の惨事を巡り、23人の児童の遺族19家族が市や県に国賠
請求を求めた裁判は、2016年1月22日、仙台地裁(高宮健二裁判長)で
口頭弁論が開かれ、同校の当時の校長ら5人の証人尋問を4月中に行うことが
決まった。

引き渡し時に校庭の様子を目撃した保護者が証人として採用され、教職員で唯一、
学校現場から生還したA教諭の証人申請については引き続き『留保』となり、
5人の尋問の後、裁判所が採否を決める。

85fa18e5.jpg

この裁判は、子どもたちの遺族が同校に津波が襲来するまでの約50分間、児童らが
校庭に居続けたことについて、市側に詳細な経緯と原因を明らかにするよう求めて
提訴したもの。 これまでの5年間、未だ明らかにされてこなかった事実を目撃者ら
から得て、真相解明に近づくことができるか。 遺族は司法の場に期待している。



今回、新たに原告側から証人申請され、採用が決まったのは、地震後、学校に
当時小学6年の娘を迎えに行った保護者。 採用された5人の中でも、津波に
襲われる直前に、校庭での児童引き渡しの現場に立ち立った唯一の目撃者だ。

原告側の吉岡和弘弁護士(仙台弁護士会)によると、この保護者は、地元民放
ラジオの津波情報を聞きながら学校に娘を引き取りに向かい、14時52分頃から
15時10分頃まで校庭にいた。 この間、小学6年生の子どもたちが『山に逃げよう』
と言って、教諭と口論している光景を目撃。 ふだんは泣かない娘が泣いている
異常な状態を見て、『津波が来ますよ』と担任に伝えると、『お母さん、落ち
着いてください』などと、たしなめられたという。

また、娘を連れて帰る途中、学校とも深いつながりのあった地域住民が
『津波が来る』と言って学校に駆けつけてきた場面にも遭遇したという。
証人尋問は、2日に分けて行われる。

1日目の尋問は、震災当時は別の学校にいたが、かつて同小の教頭時代に災害
対応マニュアルの改訂などに携わり、震災後に指導主事として保護者や住民など
からの聞き取り調査にも携わった現校長と、震災当時の校長の2人。

2日目は、地震直後に広報車で2度にわたり大川小前を通った市役所の支所職員の
他、前出の校庭の様子を目撃した保護者と、『山さ逃げよう』と主張したと
される当時6年の男児の父親で原告団長の今野浩行さんの計3人が証言する。



また、原告が申請していた、震災当時、同市内の中学教諭であり、小学6年の娘を
亡くした遺族でもある母親の証人尋問については、採用されなかった。

原告の遺族たちは、震災直後から『目の前に裏山があるのに、なぜ避難でき
なかったのか?』『広報車の“河川に近づかないでください”という呼びかけを
認識している筈なのに、なぜ避難先に選んだのが河川のすぐそば(堤防上の
三角地帯)だったのか?』などの観点から、真実の解明を求め、これまで20人
くらいから聴き取りをしてきた。

現場で児童らと共にいて唯一生還した当時の教務主任だった男性教諭については、
地裁は引き続き『留保』とした。 この教諭については、遺族たちから証人
として採用するよう裁判所に対して強い要請が出されているものの、主治医が、
体調や精神状態を悪化させると尋問に反対している。

裁判所側は、他の証言を聞いた上で、さらに教務主任の証言が必要かを判断する
方針だ。 一方、被告側の準備書面によれば、市は、当時、校庭から移動を始めた
児童らに向かって、教頭が、『津波が来ていますので皆さん急いでください』と
発言したことを、<『津波を目撃した』事実を裏付けるものではない>とし、
教職員が津波を予見できていたとする原告側の主張に反論した。

また県も、高知県でサッカーの試合中に落雷で亡くなった部活動事故の平成18年の
最高裁判決や、平成27年の宮城県山元町立東保育所の高裁判決(上告中)を
引き合いに出し、東日本大震災の特殊性を踏まえた上で予見可能性や予見義務の
判断すべきとし、『学校の校庭から避難することを選択することが法的に義務
づけられる程度の危険が迫っていることを予見するのは、尚のこと困難であった
とみるべきである』と主張した。

今後、A教諭の証人申請が採用されない場合は、6月頃に結審し、夏頃をめどに
判決が下される見込みだ。

出典:Haffpost

【お勧めの一冊】


>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
にほんブログ村