東日本大震災の被災地では、校庭に仮設住宅が立ち並ぶ学校がある。
震災の発生から4カ月が過ぎた今も、体育館で被災者が避難生活を送る
学校もある。 子どもたちが思う存分、体を動かせない状況だ。

津波で大きな被害を受けた宮城県南三陸町の小中学校では、限られた
スペースと時間の中で、やりくりを強いられている。

467bb855.jpg

学校で何が 半分の校庭(宮城・南三陸町)
出展:河北新報 2011年7月13日

市街地が津波の被害を受ける中、高台にあって難を逃れた歌津中(生徒136人)。

午後4時すぎ、校庭で部活動が始まった。 校庭の約半分は37戸の
仮設住宅で占められている。 残った縦60メートル、横80メートルほどで
野球部とサッカー部の計30人ほどが練習する。 キャッチボールやノックを
する野球部員のすぐ隣で、サッカー部員がドリブルを繰り返す。 「ノックも
加減しなければならない」。 野球部監督の長野孝志教諭(25)は漏らす。

仮設住宅と校庭の境目には防護ネットが張られたが、打撃練習はミート中心
になる。 3年の後藤寛飛君(14)は「思い切ってスイングしたい」と言う。
歌津中は校庭の半分だけでなく、体育館も使用できない状態だ。 避難所として
使われ、24人が身を寄せる。

屋内競技のバレーボール部や剣道部などは、隣接する伊里前小(児童139人)の
体育館や多目的ホールを借りて練習する。 「コートがあるので、試合形式の
練習ができる」。 バスケットボール部監督の小野寺孝夫教諭(50)は
感謝する。

校舎と校庭の間の舗装路も貴重な練習スペースだ。 小学校のリングが
ミニバスケット仕様で低いため、ボランティア有志が資金を募って提供して
くれたリング2基が設置されている。

ランニングの場所でもあるが、練習が時折、中断される。 「はい、後ろから
車が来たよ」。 仮設住宅や避難所の住民の車が舗装路を通行する。 伊里前小
では、被災で校舎が使えなくなった名足小の児童74人が、間借りして授業を
受けている。校庭は、やはり仮設住宅が建ち、従来の約半分の広さになった。

時間も制約されている。 「鉄棒とか、みんなともっと一緒に遊んでいたいな」。
午後3時すぎ、帰りの会を終えた伊里前小4年の及川萌さん(10)はバスに
乗り込むと、物足りなさげに、見送りの先生に手を振った。

0020size3

本来、夏場の最終下校時刻は午後4時半。 今は安全面を考慮し、スクール
バスで午後3時半には一斉下校する。 伊里前小、名足小とも、児童が校庭で
遊ぶ時間は少なくなった。

伊里前小の兵藤文隆校長(57)は「帰宅してもがれきで広場は使えない。
子どもの運動量は間違いなく減っている」と懸念する。

歌津中の生徒も状況は同じだ。 「はい、じゃあ今からシュート練習」。
バスケットボール部の部員が舗装路で走り込みを終え、ボールを持ち出して
間もなくの午後6時前。 下校のスクールバスが滑り込んで来た。
「えっ早いよ」「シュート練習、もうちょっとしたい」

部活は終了。 生徒たちはジャージー姿のまま、慌ただしくバスに乗り込んだ。
仮設住宅の建設が進めば、体育館は避難所の役割を終え、使用が可能になる。
一方で仮設住宅の入居期間は原則2年。 子どもたちの不自由な学校生活は続く。

伊里前小の兵藤校長は「体を動かすことで、つらい現実をひとときでも忘れ
られる。 ストレスも発散できる。 工夫をして運動の機会を増やしていきたい」
と語る。

【お勧めの一冊】


>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村