ロシアを代表するおみやげのひとつともなっているサモワール。 その名前の由来は、
『自分自身を熱湯にするもの』という意味から来ている。 この他にも、ロシア語には、
語頭にこの『サモ』が付くものが幾つかあのだが、これは、『自分で~する』『自分自身を
~する』という意味があります。 分かりやすい例としては、『飛行機』が、『サモリョート』
(自分自身で飛ぶもの)、『自衛隊・護身術』が『サモオボローナ』(自分自身を守るもの
これを省略して、『サンボ』と言う)、ポーランド語では、『車』の事を、『サモーホト』と
言うのだが、それは、『自分自身で歩き回るもの』という意味。
7c153535.jpg


25年も前のモスクワで購入したサモワールが実家に未だに保管してあるのだが、電圧が
200Vであるため、トランスを購入しなければ使えない。 このサモワールは、かなりの
勢いで水が沸騰するため、実は、かなり便利。

ロシアの鉄道には、お湯を使うためのサモワールが必ず付いており、車掌に頼めば、
コップと紅茶を貰えるのが、ロシアの旅の醍醐味。 尚、ロシアでは、ロシア語が話せ
ない場合、『帰れ!』と平気で言われるため、ロシアを旅する節には、是非とも、ロシア語を
学んでから行きたいところ。 尚、ロシア語では『コンドゥークトル』が、『車掌』なのだが、
英語の『コンダクター』と同じなので、覚え易いと思います。

>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村