ima2523

現在、グルジア(ジョージア)で服役中のミハイル・サーカシビリ前グルジア
大統領が激やせした姿を現した。 これは彼の母親であるギウリ・アラサニアが
健康状態について語ったものである。 「息子は骨になってしまった。
彼が立ち上がると、背骨は完全にねじれ、ほとんど動くことが出来ず、
まるで100歳の老人のようだ。 食べ物に関しては、食べているが、どうやら
体が食べ物を吸収していない」と記者団に語った。

ima2623

グルジアの裁判所は、サーカシビリ受刑者の刑期を延期し、国外で治療を受ける
ことを拒否したため、弁護側がストラスブール人権裁判所に訴訟を起こした。
しかし、欧州裁判所がこの問題を解決するのに、どのくらいの時間が掛かるかに
ついては、正確には言えなかった。 アラサニア氏は、今回の訴訟は、息子が
治療を受け、健康状態を回復する機会であると語った。

ミハイル・サーカシビリ wikipedia
2003年11月のバラ革命で指導的役割を果たし、2004年から2期に渡って
ジョージアの大統領を務めた(2004年1月25日 – 2007年11月25日、2008年
1月20日 – 2013年11月27日)。 2013年に退任したのち、ペトロ・
ポロシェンコ大統領よりウクライナ国籍を付与され同国に事実上亡命、
ポロシェンコ大統領の顧問、および、オデッサ州知事を務めた。
2017年7月にウクライナ国籍を剥奪されたが、2019年5月28日に
ヴォロディミル・ゼレンスキー大統領により国籍剥奪が撤回された。

2021年10月1日にジョージアへの帰国を試みた際に身柄を拘束され、
裁判中の身となっている。

掲載元: СМИ

>>トップページに戻る

クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村