ウクライナの英雄という大嘘
2019年5月第6代ウクライナ大統領就任~2022年4月(現在3年間
国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)が「パナマ文書」を発表し明らかになった
ことがある。 パナマ文書とは、世界の政治家や経営者らによる租税回避地
(タックスヘイブン)の利用実態を明らかにしたもの。

この他、2021年に「パンドラ文書」により国外のタックスヘイブン(資産隠し)も
明らかになった。 この中にゼレンスキー大統領の名前があり、大統領選挙の直前に
国外のタックスヘイブンに会社を作り、秘密銀行口座、プライベートジェット、ヨット、
大邸宅、高価な絵画などの資産を隠していた。 
これらの資産はアメリカが渡した
資金の他、スポンサーのイーホル・コロモスキー氏が渡したものと考えられる。

ロシア侵攻により国土は破壊され、多くの国民が血を流し死者が続出し550万人が
国外に逃れ500万人が国内に避難し難民となるなか、ゼレンスキーはアメリカに守られ
安全な所で私腹を肥やしている。

国民のしもべ(ゼレンスキー主演のプロパガンダドラマ)

アシュラフ・ガニ傀儡政権(アフガニスタン)
2014年9月大統領就任~2021年8月国外に亡命(7年間)
ロシアの報道機関によると、昨年8月にアメリカ軍が撤退し逃亡する際に私物を含め
多額の現金など自動車3台分を積み込み、アメリカが用意した飛行機で亡命した。
これらはアメリカが渡した資金の他、公金を横領したものと考えられる。
アメリカが作った傀儡の大統領は、このように金で動いている。

9041177

イーホル・コロモイスキー
ウクライナの陰の大物実力者、総資産1,400億円を所有する新興財閥でゼレンスキーの
スポンサー。 石油、ガス、金融、航空、鉄鋼、投資、メディア、エネルギー等の
分野に進出。 
ウクライナのTV局「1+1」のオーナーで、ゼレンスキーがコメディアン
時代に出演させ、
連続ドラマ「国民のしもべ」で大統領役をやらせ人気番組だった。
ゼレンスキーの
タニマチとして支援した。 このイーホル・コロモイスキーは民兵で
過激派グループ
「アゾフ大隊」もバックアップし支援していた。 この民兵アゾフを
アメリカも
支援していたが、ロシア系住民殺害など暴力がひどくて、アメリカの議会が
支援を
中断した過去がある。

また2022年1月にアメリカ政府系シンクタンク「ランド研究所」が「ロシア系住民を
殺害している反乱軍はウクライナの民兵だ」と報告している。 ところが2月に
ウクライナ戦争が始まると、ウクライナ民兵(アゾフ大隊)のロシア系住民殺害を
否定している。 
そのウクライナ民兵の軍事訓練をしていたのが、イラク戦争で活躍した
アメリカの民間軍事会社ブラックウオーター(今は改名してアカデミ)だ。

イーホル・コモロイスキーと繫がりの深い人物
ゼレンスキーを芸人時代から支援していたコモロイスキーは、ロシアとウクライナを
戦争へと誘導した下記の人物とつながっていた。

・ジョージ・ソロス(投資家、ウクライナの親ロ政権転覆を支援)
・バイデン一家(次男が自社の天然ガス会社の役員)
・ジョン・マケイン元上院議員(故人)
・ビクトリア・ヌーランド国務省次官補

ゼレンスキーの選挙公約
・ロシアのプーチン大統領と対話します。
・ロシアとの緊張関係を平和にして、安心して暮らせるようにします →ロシア語を禁止
・暴力的な民兵をすべて一掃します →当選すると真逆の政治を行った

ゼレンスキーの独裁制
・ゼレンスキーは「すべての野党の活動を禁止する大統領令」を出した。
・すべてのテレビ局を統合して管理し、情報統制した。
・ウクライナでは国民は偏った情報しか知らず、野党の反対意見も封じられている。
・ドンバス住民をテロリスト扱いし、対話にも応じない。

20220425171320

この他、コカインを常習しているため、時々ろれつが回らないことがある。

>>
トップページに戻る

クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村