ロシア軍が原発を攻撃?
2022年3月4日午前2時頃、ウクライナ南東部にある欧州最大のザポリージャ原発
火災が発生し、「ロシア軍が原発に砲撃を加えた」との衝撃的なニュースが
世界を駆け巡った。 ウクライナのドミトロ・クレバ外相は、ロシア軍が
ザポリージャ原発に向けて「全方位から砲撃している」とした。 

ウクライナ当局によると、その日の午後には同原発はロシア軍によって制圧されたと
なっているが、その後、この原発からの危機的な情報は一切入っていない。 一方、
イギリスのロイター紙は、「ウクライナ軍による攻撃」とし、ウクライナを
全面的に非難した。



ソ連時代の原発
この原発は元々、ソ連時代の1980年ごろから建設が開始され、1985年~1996年に
掛けて、順次稼働が始まった原発であるため、1号機~5号機までは、ロシアの
援助により建設されたことになるのだが、実は、この原発への攻撃は、ウクライナの
工作員がロシア軍の服を着て火を放ったことが、その後の調査で明らかになって
いるが、日本の偏向報道は、その事実を一切報道しなかったばかりか、訂正すら
しなかった。

ロシア軍はチェルノブイリ原発も既に鎮圧
ロシア軍は、ザポリージャ原発の他にも、1986年4月に大規模事故を引き起こした
チェルノブイリ原発も既に制圧しているが、そちらでも特に何の問題も起きていない
どころか、慢性的な財政難により、全く何もしていないウクライナ政府がこのまま
大規模原発を管理出来るとも思えないため、元々の建設者であるロシア軍がこれらの
原発を守ってくれた方が、より安全と言える。

94115026

虚偽の報道を行った場合の刑罰
ロシア議会では、「虚偽の報道を行った場合は禁錮刑」という法案が可決され
たため、これまでは、数々のロシアに対する偏向報道を行って来たロイターも
いよいよ本当のことを言わざるを得なくなった模様。

世界中のメディアが、虚偽の報道が出来なくなれば、ロシア軍やプーチン大統領が
行っているウクライナの極右勢力のネオナチを狙い撃ちした「特別軍事作戦」が
正しく世界へ報道される日がやって来るかも知れない。

いずれにしても、一切何も考えない「脳死」の状態でウクライナを一方的に
支持すべきではない。

ウクライナ反戦デモにはためく「ネオナチ」の旗
971094981

>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村