海南航空で北京からアルマアタへと向かいます。 北京ーアルマアタの
フライト時間は、約5時間半で、3時間の時差があります。

カザフスタンのアルマアタは、現在は遷都され、カザフ語のアルマトイへと
改名されましたが、ロシア語では、今でもアルマアタと呼ばれています。
アルマアタの意味は「りんごの父親」で、要約すると、「りんごの里」と言う
意味になります。

IMG_3993

IMG_3995

【アルマアタ】
IMG_3994
IMG_4004
IMG_4005
IMG_4006
IMG_4007
IMG_4009
IMG_4011
IMG_4013
IMG_4014

カザフスタン共和国は、旧ソ連邦加盟国で、独立国家共同体にも加盟しており、
ロシアとは、最も友好的な同盟国として、様々な経済協力や関税協定を結んで
います。 中央アジア諸国は、2018度から、タジキスタンとトゥルクメニスタンを
除き、ビザが免除となりました。 独立国家共同体内でも、ベラルーシと
並んで、最もロシア寄りの国であるため、カザフ人の人口の約60%強がロシア語
ネイティブです。 ロシア語しか喋れない、ロシア語も喋れる、カザフ語でも
喋れる、カザフ語しか喋れないの合計4パターンがおりますが、ロシア語理解率は
100%であるため、カザフでは、ロシア語で話し掛けて何ら問題はありません。

IMG_3996

IMG_4000

尚、この日は、アルマアタ空港に到着したのが午後11時半過ぎで、そのまま宿の方に
向かったところ、既に施設自体が閉まっていたため、急遽、Booking.comで他の
施設を予約しました。 アルマアタ中心部にあるこのホステルは24時間営業で、
1泊600円程度でした。 受付のおねえさんはロシア語ネイティブだったので、
最後に、記念撮影をお願いしますと言われたため、とりあえず、写真に
おさまりましたw

【アルマアタ】
IMG_4016
IMG_4017
IMG_4018
IMG_4019
IMG_4020
IMG_4021
IMG_4023
IMG_4037
IMG_4039

アルマアタでホステルに到着したのは午前0時30分過ぎであったものの、日本とは
4時間の時差があるため、現地時間午前6時にはもう目が覚めました。 よって、
早朝からデニス・テン選手の殺害現場へと向かいます。 元々、予約を入れていた
ホステルの方が、その現場には近かったものの、到着時に既に夜中であったため、
閉鎖されており、約1.5km離れた別の施設に泊まりました。 よって、その施設に
泊まっていなければ、これらの景色は見れなかった事になります。

ソ連からの独立後は、路上の表示も、カザフ語にみになった場所が多く、パッと見
では、何を書いてあるのかが分かりません。。 ロシア語も併記してくれないと、
ロシア語しか分からない人も多いため、困ると思います。。

>>トップページに戻る





クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村