ヨーロッパ南部は鉄道がない
スペイン南部の中心都市セビリアからポルトガルの首都であるリスボンまでの間は、
鉄道が全く通っていないため、現地の乗り合いタクシー(いわゆる白タクw)を
5人でシェアして移動することとなった。 ヨーロッパでは、乗り合いタクシーが
移動手段として合法化されており、乗り合いタクシー専用のスマホアプリも複数
存在する。

まずは、セビリア市内のマクドナルド前に集合
IMG_3365

乗り合いタクシーは、この様な風景の場所を通り抜けた
IMG_3371

IMG_3374

IMG_3376

IMG_3377

テージョ川を渡ると、もうすぐリスボン到着
IMG_3380

セビリアからリスボンまでの総移動距離は約450km、移動時間は5時間弱となって
おり、車内は運転手のスペイン人、リスボン在住のスペイン人、韓国からの旅行客
2名と私の合計5人であった。 日本では全面的に禁止されている白タクも、
ヨーロッパでは、アプリで普通に誰も開業できるアルバイト的な仕事であるため、
この様な交通の便が悪い場所では大活躍。 移動ルートは、Google Mapで確認した
ところ、スペイン内陸部を通り、途中のポルトガル国境にあるBadajoz(バダホス)で
休憩時間を取るという経路であった。

【リスボン】
IMG_3382
IMG_3383
IMG_3384
IMG_3385
IMG_3386
IMG_3387
IMG_3393
IMG_3394
IMG_3399

今回の旅は、ポルトガルのリスボンを基点としているため、リスボンに来るのは、
これで3回目となるため、リスボンのゲストハウスに荷物をずっと預けており、
移動が非常に楽であった♪

>>トップページに戻る





クリックをお願いします☆
にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村