2018年3月12日 ストックホルム

ストックホルム市は、2026年の冬季オリンピック開催に関心を示していたが、
危機を迎えている。 ストックホルム市長で社会民主労働党のカリン・
ヴァンゴルド女史は、冬季オリンピックの話を進めるための政治的な支援が
ないと述べている。

昨年11月、スウェーデン・オリンピック委員会は、ストックホルムでの
2026年冬季オリンピック開催に意欲を示したが、IOCへの正式申請期限は
2018年3月31日となっており、ストックホルムが立候補することはかなり
絶望的となっている。
2014262145
スウェーデン・オリンピック委員会のストックホルム・オリンピック開催
担当者は、ストックホルムでのオリンピック開催を諦めないとしながらも、
1994年に冬季オリンピックを開催したリレハンメルを応援するとも語った。

現在の状況は、ストックホルム市長が所属する社会民主労働党のみが、
オリンピックとパラリンピックの開催に対して明確に賛成していることが
分かっており、ストックホルム市内のいくつかの団体とストックホルム郡の
他の自治体や有識者達らがオリンピック開催に対して肯定的であるに過ぎない。
EsportsDecision
IOCからのオリンピック開催の条件を要約すると、開催都市にもっとお金を
使うことが暗示されており、オリンピック開催のための施設が既に整っている
都市の方がより高く評価されている。

>>トップページに戻る





クリックをお願いします☆
にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
にほんブログ村