オリンピック・サポート拠点(Olympiastützpunkt 以下OSP)ベルリンでは、
現在30以上のオリンピック競技から、約500名のA-C級のナショナル選手を
総合的にサポートしている。 OSPベルリンでは、ベルリンの主要な
ナショナル選手のサポート事業に加えて、ベルリン市内5カ所の施設、並びに、
キーンバウムでの協力協定に基づき、約20のスポーツ競技において、
ナショナル選手をサポートしている。

a22849ce51

【重点競技】
オリンピックセンターにおける重点競技の決定は、DOSBのハイパフォーマンス
スポーツ専門部門と各オリンピック競技連盟とが連携して決定する。
ベルリンでは、現在以下の23のオリンピック競技が主要なスポーツとして
認定されている。

バスケットボール男子、ビーチバレーボール、アーチェリー、ボクシング、
ホッケー、ハンドボール、フィギュアスケート、スピードスケート、ホッケー、
フェンシング、ウエイトリフティング、柔道、カヌー、空手、陸上競技、
近代五種競技、自転車競技、ボート、水泳、セーリング、体操、バレーボール、
水球男子

【その他の競技】
バドミントン、サッカー、レスリング、新体操、ラグビー、射撃、テニス、卓球

【障害者スポーツ】
カヌー、体操、車椅子バスケットボール、車椅子テニス、車椅子卓球、水泳、
セーリング

【OSPベルリンの主な施設】 
① Sportforum Berlin ④ Sportkomplex Olympiapark
Fritz-Lesch-Str. 29 Berlin Friedrich Friesen Allee Berlin
② Sportkomplex Europasportpark ⑤ Sportkomplex Hohenzollerndamm
Paul-Heyse-Str. 29 Berlin Jungfernheideweg 80 Berlin
③ Sportkomplex Grünau ⑥ Bundesleistungszentrum Kienbaum
Sportpromenade 3 Berlin Puschkinstraße 2 Kienbaum

2010年以来、連邦内務省は年間約3,000万ユーロの基金を拠出していおり、
2016年、OSPベルリンは最も多くの援助額である428万ユーロを受けた。
OSPバイエルンは403万ユーロ、OSP内で最低の補助金は、OSPフライブルグ・
シュワルツヴァルトで71万ユーロであった。 2016年度は、18拠点合計で
3,115万ユーロの資金調達が行われた。

OSPベルリンでは、ベルリンのナショナル選手全員に対して、スポーツ医療、
理学療法、科学トレーニング、スポーツ心理学、社会福祉サービスを提供している。
約35名の常勤スタッフと10名を超える名誉職員が、アスリートとコーチの競技力
向上のために最も適した方法を見つけられるようにします。 OSPベルリンでは、
20人以上のコーチが直接雇用されており、日々最高レベルのトレーニング方法に
より、アスリートを支えている。

ベルリン郊外にあるキーンバウム連邦トレーニングセンターは、ナショナルチームに
とって、特別な意味を持っている。 多くの場合、トップアスリート達は主要
競技大会の数週間前に「最終調整」を行う。 エリート選手、トレーナー、
アーチェリー選手、カヌー選手など、これらの競技には、OSPベルリンが主に
関与している。

>>トップページに戻る





クリックをお願いします☆
にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村