国際オリンピック委員会(IOC)からロシア選手を称えるための式典が
全て禁止され、その代替としての式典もIOCによって禁止されたため、
ロシア・オリンピック委員会(ROC)は、『ロシア』としてのホスピタリティー
ハウスの設置を拒否した。



その代替として、ピョンチャン・オリンピックの江稜には、ロシアの
ホスピタリティーハウス『スポーツハウス』が設置された。 尚、この施設は
ROCは一切関与していない。

4645261

ピョンチャン・オリンピックでは、ロシアの国旗、紋章、国歌は一切使用出来ず、
基本的に、ロシアの事も紹介出来ないため、『スポーツハウス』のシンボルは、
マトリョーシカとなっており、このハウスの紹介内容は、古き良き時代の
ソヴィエト時代のスポーツの歴史紹介等となっている。 スポーツハウスは、
江稜駅から車で約10分の場所に設置された。

>>トップページに戻る





クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村