第一次世界大戦勃発の地である『ラテン橋』。 この橋のたもとで、
オーストリア=ハンガリー二重帝国の皇太子が暗殺され、第一次世界大戦が
始まりました。 第一次世界大戦での敗北により、オーストリア=ハンガリー
二重帝国は崩壊、それと共に、ハプスブルグ家の支配が終わり、オーストリアは、
ドイツ民族以外の土地を全て失い、共和制へと生まれ変わりました。

元々、ドイツ民族の中心国家は、オーストリアであり、このため、現在の
ドイツの国歌は、オーストリアのお古w よって、オーストリア人は、今でも
頻繁に、『帝国時代は良かった』と言います。

【ラテン橋】
IMG_1824
IMG_1826
IMG_1828
IMG_1829
IMG_1830
IMG_1832
IMG_1833
IMG_1834
IMG_1823

ラテン橋は、『ヨーロッパ側』にあるものの、ものの数分も歩くと、また
イスラムの景色に戻ります。 数百メートルおきに、モスクが大量に乱立して
いるため、歩いている間に見飽きて来ました。 以前、タタールスタンの
ニジェネカムスクで、ヨーロッパ化したモスクに入った際には、1時間ほど、
ロシア語でコーランの説明を受けたため、今回は、モスクには入らないことに
しましたw

基本的に、食べ物には関心がないため、旅先では、余り食事と言う物を取り
ませんが、この日は朝ごはんを食べずに歩き回ったため、お昼は、ボスニア名物の
ケバブとトルコ・コーヒーにしました。 正確に言うと、ボスニア風ケバブと
ボスニア風コーヒーらしい。

バシチャルシアの水飲み場付近
IMG_1839
IMG_1840
IMG_1841
IMG_1835
IMG_1837
IMG_1846
IMG_1847
IMG_1848
IMG_1816

モンテネグロの現在の首都の名前は、ポドゴリツァですが、旧名は、チトー
大統領に因んで、『チトーグラード』と言う名前でした。 ベオグラードに
埋葬されているのも知っていたものの、そこまでチトーが好きな訳でもないので、
次回ベオグラードに行く時に持ち越しました(←既に行く気満々♪)。

ひとつひとつが手作りのトルコ・コーヒーのカップ。 このコーヒーセットが
結構欲しかったのですが、予想外に高かったたのと、リュック1つしか持参して
いないため購入を断念。 次回は、しっかりとトランクを持参して、コーヒー
セットとイスラムランプを購入したいと思います。 こういう自分の常識に
囚われないエキゾチックな場所が大好きなので、サラエヴォには、また来たいと
思いました。

【ムスリム人居住区】
IMG_1849
IMG_1850
IMG_1852
IMG_1853
IMG_1854
IMG_1855
IMG_1856
IMG_1820
IMG_1838

サラエヴォのムスリム人居住区。 内戦時、サラエヴォはセルビア軍に包囲された
ため、完全に孤立し、これらの建物の多くが破壊されました。 セルビア人、
クロアチア人、ムスリム人による血で血を洗う戦争は、民族浄化まで引き起こし、
最終的には、国連の指導の下、3民族が分かれて住み分けを行うことで最終的に
合意しました。 セルビア人、クロアチア人、ムスリム人は、元々は同じ
南スラヴ人で、同じセルボ・クロアチア語を話す民族ですが、支配されていた国が、
オスマン・トルコとオーストリアに分かれていたため、一部の人たちがイスラム化
してムスリム人に、セルビア正教を受け入れた人達がセルビア人に、カトリックを
受け入れた人達がクロアチア人へと完全に分化しました。 この3民族を分けて
いるのは宗教だけ。 セルボ・クロアチア語は、ブルガリア語と非常に似て
いますが、イントネーションが完全にイタリア語寄りのため、ロシア語からは、
非常に聞き取りづらいのが特徴。

>>トップページに戻る





クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村