カウナスは、第二次世界大戦、すなわち、ソ連邦への併合以前までは、
リトアニアの首都であったため、『杉原千畝記念館』は、元々は、
日本大使館であった。 1939年9月1日、ドイツ軍のポーランド侵攻により、
多くのユダヤ人たちは隣国リトアニアへ逃げ込んだが、ソ連によるリトアニア
併合が確実となり、彼らには日本通過ビザを得て、第三国へ逃げるという
方法しか残されていなかった。

>>杉原千畝 ~六千人の命のビザ~

杉原は、苦悩の末、外務省の訓命に反し、『人道上、どうしても拒否出来ない』
という理由で、受給要件を満たしていない者に対しても、独断で通過査証を
発給した。 それは、人道、博愛精神第一という大きな決断であった。 その後、
戦況が悪化したため、日本大使館は閉鎖、カウナス市内を転々としながら、更に
ビザの発給を続けた。 合計で約2,000枚のビザを発給したものの、本国からの
命令に逆らったとして、その後は、ルーマニアヘと送られ、後に、外務省をも
追われる事となる。

IMG_1094
IMG_1111
IMG_1102
IMG_1106
IMG_1097
IMG_1099
IMG_1100
IMG_1105
IMG_1101

カウナス駅に今でも杉原千畝のプレート残されている。 日本大使館が閉鎖され、
最後の最後までビザを書き続けたのがカウナス駅。 千畝は、その後、汽車で
ベルリンへと向かった。 ユダヤ人たちが日本の通過ビザを欲しがったのは、日本へ
行きたかったからではなく、日本を経由して、第三国へ脱出しかたったためで、
当時は、シベリア鉄道に乗って、日本を経由して、オランダ領のキュラソーに
行くしか残された道はなかったのである。

その後、杉原は、ユダヤ人たちからは非常に感謝されたが、日本での扱いは、
外務省に無断で勝手にビザを発給したとして、名誉剥奪のまま無念の死を遂げた。
2000年に日本政府から正式に名誉回復がなされたのは、杉原の没後14年目、
そして生誕100年という節目のことであった。

【お勧めの一枚】


>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村