ノボシビルスク・トルマチョーヴォ空港からモスクワ・ドモデドヴォ空港へと
移動。 約4時間半のフライト時間で、ノボシビルスクとモスクワの時差は3時間。
ドモデドヴォ空港は、モスクワに6つある空港の中でも最大規模の空港で、
日本からは、JALで飛んだ場合のみ、このドモデドヴォ空港に到着する。

モスクワ・ドモデドヴォ空港からは、30分間隔で運転されているアエロエクス
プレスに乗った。 モスクワ中心部から3つの空港に向けて、このアエロ
エクスプレスが運行されているのだが、ドモデドヴォ空港は、そのうちの一路線。
空港から地下鉄のパヴァレツカヤ駅までは、約45分の旅で、料金は500ルーブル
(約1,000円)。 エクスプレスと言う割には、運行速度が50キロ前後と妙に
遅いため、もっとまともな速度で走れば、パヴァレツカヤ駅までは、恐らく
20分弱で到着すると思う。 全車両2階建てなので、さほど混まずにゆっくりと
旅が出来るので、お勧め。 逆に、モスクワのタクシーは、交渉性の挙句の果てに、
極端に高いため、公共交通以外は余りお勧め出来ない。

ノボシビルスク出発が、案の定40分弱遅れたため、モスクワ観光を全てタクシー
からの車窓のみにして、そのままタクシーで、シェレメーチェヴォ空港へと
向かった。 運転手のおじさんが親切なタタール人だったので、パヴァレツカヤ
駅からルジニキ・スタジアム、モスクワ大学を経由して、シェレメーチェヴォ
空港まで1,800ルーブル(約3,600円)で行ってくれた。 ロシアのタクシーは、
基本的に交渉性なので、アプリでタクシーを呼ぶヤンデックス・タクシーの方が、
先に料金を表示しているため、騙されずに済むと思います。

【モスクワ・ドモデドヴォ空港】
IMG_0890
IMG_0891
IMG_0892
IMG_0894
IMG_0895
IMG_0896
IMG_0897
IMG_0898
IMG_0899

モスクワ・シェレメチェヴォ空港からベラルーシのミンスクへと飛び立ちます。
ロシアとベラルーシは、関税協定を結んでいるため、実は、『国内』扱いなのだが、
航空機の出発は『国際』扱いのため、シェレメチェヴォ空港Dターミナルからの
出発となった。 但し、シェレメチェヴォ空港Dターミナルでは良くある、
ターミナルを離れてからバスで延々と走って、旧シェレメチェヴォ第1空港
(国内線用)の方の滑走路から飛び立つというパターンであった。

前回、このシェレメチェヴォ空港からタタールスタンのニジネカムスクへ飛び
立った際も同じで、ターミナルからバスで15分以上も延々と走って飛行機に
たどり着くという意味不明な搭乗方法となっているため、この暗黙のルールを
知らないと、不安を煽られるというシェレメチェヴォあるあるであった。
元々、シェレメチェヴォ第1空港の方は国内専用で、シェレメチェヴォ第2空港の
方が国際ターミナルだった2つの空港が合併して、現在のシェレメチェヴォ空港
ターミナルDEFとかになっているため、この歴史を知らないと、とんでもない
目にあうのであった。

【モスクワ・シェレメーチェヴォ駅】
IMG_1270
IMG_1274
IMG_0901
IMG_0902
IMG_0903
IMG_0904
IMG_0906
IMG_0907
IMG_0908

ロシアからベラルーシに向かう際には、必ずビザが必要となるものの、あくまでも
国内の扱いのため、シェレメチェヴォ空港では一旦出国手続きをするものの、
ベラルーシのミンスク空港では、一切何もないという意味不明なフライトとなって
いる。 ロシア出国時に、ロシアの出入国カードを誤って取られてしまうと、
ベラルーシを出国する際に、死ぬほど困るという、嫌がらせのようなシステムを
かいくぐって旅をしておりますw しかも、ワールドカップ開催期間中は、72時間
以内に住所登録を内務省に出さなければならないため、ここで一旦ロシアを
出国して、時間を稼ぎました。 尚、ここから先は、アエロフロート・ロシア
国際航空で飛びます。

【お勧めの一冊】


>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村