ノボシビルスク郊外には、世界最大規模の学術研究都市アカデムゴロドクが
ある。 ノボシビルスク市中心部からアカデムゴロドクへの行き方は、大きく
2通りあるのだが、どちらの行き方も、「行き先」なる便利なものは記載されて
いないため、運転手か周りの人達にロシア語で行き先を尋ねるしかない。

第1の方法は、ノボシビルスク中央駅から8番の路線バスに乗って、終点まで
行く方法。 第2の方法は、地下鉄のレチノイ・ヴォグザール駅から35番の
乗り合いタクシー『マルシルートカ』に乗って終点まで行く方法。 どちらも
終点の停留所は同じで、このバス停がノボシビルスク国立大学への最寄のバス停。
今回は、35番の乗り合いタクシーで行った(この方法が最も一般的)ため、
地下鉄レチノイ・ヴォグザール駅で乗り換えをした。 料金は、地下鉄が
どこまで乗っても20ルーブル(約40円)と乗り合いタクシーが途中の
セーヤチェリまでが40ルーブル(約80円)、終点のツヴェトノイ・リャート
までが45ルーブル(約90)であった。

【アカデムゴロドクへの行き方
IMG_0848
IMG_0849
IMG_0850
IMG_0851
IMG_0853
IMG_0857
IMG_0882
IMG_0858
IMG_0879

ロシアの地下鉄は、ソ連時代までは、25コカペイカコインをそのまま自動改札口に
入れるタイプだったのだが、その後のハイパーインフレの時代を経て、トークン
(ロシア語ではジェトンと言う)を使用するようになった。 これは、中国も
同じで、モスクワの地下鉄では、カード式になったが、以前は、モスクワでも
このトークンを使用してハイパーインフレに対応していた。

レチノイ・ヴォグザール駅での乗り換えは意外と複雑で、反対方向の出口に出て
しまったため、バス乗り場まで3回ほど通りを歩いている人達にバス乗り場を尋ねた
のだが、皆嫌な顔ひとつせずに、親切に道を教えてくれた。 25年前は、
このルートを毎週通っていたものの、何せ25年ぶりなので、懐かしいを通し越して、
何も思い出せない状態であったw

地下鉄レチノイ・ヴォグザール駅から、乗り合いタクシーで約1時間ほどで、
アカデムゴロドクのツヴェトノイ・リャートに到着。 そこから、白樺林を
10分ほど歩くと、ロシア国立ノボシビルスク大学の校舎が見えて来ます。
私が学んでいた時代は、新校舎はまだなく、旧校舎のみでしたが、すぐ隣りに
大規模な新校舎が建設されており、度肝を抜かれました。 尚、ノボシビルスク
大学のレベルは、ロシア国内では、モスクワ大学に次いで第2位、サンクト・
ペテルブルグ大学よりもレベルが上とされているため、私の学歴は、あの
プーチン氏を上回っていることになりますw 尚、ノボシビルスク大学には
人文学部があり、ここに日本語専門コースもあるため、極々稀に日本語で話し
掛けられる事もあります。

【国立ノボシビルスク大学
IMG_0859
IMG_0860
IMG_0861
IMG_0862
IMG_0863
IMG_0864
IMG_0865
IMG_0866
IMG_0867

ノボシビルスク大学は、理工系が強い理系の大学であるため、現在は、日本の
東北大学の姉妹校となっている。 世界で初めての学術研究都市となっており、
日本の筑波の見本となったアカデムゴロドクは、その名の通り、ロシアの頭脳と
呼ばれており、様々な研究機関が集まった、世界最高峰の研究都市となっている。

アカデムゴロドクで唯一のメインストリートにあるショッピングセンター
(ロシア語ではテー・ツェーと言う)。 25年前は、本当に何も物が売って
いなかったのだが、今では、商品であふれかえっていた。 ノボシビルスクは、
ロシアの中でも、最も外国から遠い場所にあるため、国内で物を生産せずに、
ほぼ全てを中国からの輸入に頼っているロシアでは、外国から遠い事は、
当然ながら、物不足を意味していた。

2000年過ぎ頃までは、ロシア・ルーブルは、完全に国外には持ち出し禁止の
時代で、ルーブルが国外に自由に持ち出せるようになったのは、2000年以降
となっている。 それ以前は、ロシア出国時に税関で財布を開けさせられて、
残ったルーブルは全て没収、その後、コインだけは見逃されるようになった。

【アカデムゴロドク
IMG_0868
IMG_0869
IMG_0870
IMG_0871
IMG_0872
IMG_0873
IMG_0874
IMG_0875
IMG_0876

ノボシビルスクでは、よくミルクカクテルなる飲み物を飲むのだが、道端に
あった美人のおねえさん(後姿だけで残念w)が働いているお店で、
ミルクカクテル(しかもカップが巨大)を作ってもらった。 その後、
そのおねえさんに食堂がある場所を教えてもらい、午前9時(日本時間午後12時)
にちょっと遅めの朝食を取る事にした。

ロシアで主に食べられているのは、じゃがいものピュレー、ソーセージ、
ブリヌィ等で、この日は、ボルシチが品切れだっため、キャベツスープを
頂いた。 アカデムゴロドクは、その昔、ノボシビルスクとは別都市とされて
いたのだが、今では、ノボシビルスク市内のソヴィエツキー地区に分類されて
いる模様。

学術研究都市のアカデムゴロドクにあるのは、大学と研究機関のみであるため、
ここを訪れる外国人はまずいない。 ノボシビルスク大学は、学生以外は一切
中には入れないのだが、係員と交渉して、強引にトイレだけ借りて、校内へと
入ってやったw

アカデムゴロドクの始発停留所であるツヴェトノイ・リャートから1時間掛けて、
ノボシビルスクへと戻らなければならないのだが、「行き先」は書いておらず、
「35」としか書いていないため、ロシア語を喋れないと、ほぼ確実にアカデムには
行けない事となるw

【お勧めの一冊】


>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村