時代は移り変わり、様々な品物でごった返すノボシビルスク。 25年が経過しても、
街の要所部分は変わってはおらず。 当時から地下鉄はありましたが、3駅ぐらい
しか延伸していなかった。ロシアの地下鉄は、『M』のマークが入り口の印。
『メトロポリテン』の省略形である『メトロ』がロシア語では地下鉄という意味。
よって、語尾が『o』で終わっていても、男性名詞。 地下鉄の入り口のドアは、
どこも非常に重いのが特徴。 手を離すと、凄まじい勢いで後ろの人に
ぶつかるので、次の人が来るまでドアを持っていてあげるのがロシアでの慣わし。

基本的に、ロシア人の趣味は散歩なので、皆1日で数キロ程度であれば、平気で
歩きます。 ノボシビルスクの数少ない観光名所は、全てこの通り沿いにあるため、
この日は頑張って、かなり歩いた。

ノボシビルスク
IMG_0828
IMG_0829
IMG_0842
IMG_0830
IMG_0832
IMG_0833
IMG_0834
IMG_0836
IMG_0839

ノボシビルスク大学留学中は、学業が忙し過ぎて全く時間がなかったため、
一度も観光というものをしたことがなかったのだが、今回は余裕があるので、
ノボシビルスクで見るべきスポットを全て周って見た・・・と言っても、
ノボシビルスクで見るべき物は、全て赤の大通りにあるため、全て歩いて見て回る
ことが出来る。

まず、1つ目は、ロシア国立ノボシビルスク・オペラ・バレエ劇場。 今回は時間の
都合でバレエを見ることが出来なかったが、その昔、バレエのプロデューサーを
していた時に、遥々ロシアから呼び寄せたのが、このノボシビルスクバレエ団。
劇場の規模は北半球一で、南半球のどこかに更に大きな劇場がある模様。

2つ目は聖ニコラス礼拝堂、3つ目は建築家クラチコフの記念碑、4つ目は、
アレクサンドル・ネフスキー大聖堂、5つ目は、革命英雄記念碑。 革命英雄
記念碑は、大昔に習ったロシア語の教科書に載っていたため、どうしても行きたい
場所であった。

ノボシビルスク
IMG_0843
IMG_0844
IMG_0845
IMG_0846
IMG_0847
IMG_0884
IMG_0887
IMG_0888
IMG_0892

ノボシビルスクに到着した日は、たまたま、ノボシビルスク生誕125周年際の日で
あったが、白夜により、夜11時まで日が全く沈まなかったため、夜の11時から
花火が打ち上げられた。 いつまで経っても日が沈まないため、お子ちゃまも
夜中なのに、普通に通りを歩いていました。 この晩は、近所のカフェでロシア
料理を堪能したのだが、何故かデジカメで撮影するのを忘れたため、ロシア料理を
見たいお方は、Google Photoをご覧くだされ。

【お勧めの一冊


>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村