ベルギーは立憲君主の下での議会制民主主義の国である。 内閣は正式には
閣僚評議会と呼ばれている。 実際には国王は、極めて僅かな権力しか持たず、
主な決定は閣僚によって行われる。 首相は閣僚評議会の議長であり、閣僚評議会は
ベルギー国会の信任がある限り、その権限を行使出来る。 国王は連立政権の成立に
ついて大きな発言権を持ち、また首相の承認の下に閣僚評議会のメンバーを
指名する。

20071012a_3

国会は下院と上院から成り、立法権を行使する、 国会議員の選挙は少なくとも
4年に1回行われる。 国民は定員212名の下院議員を直接選挙によって選ぶ。
下院は上院より権限が強い。 上院議員の定員は183名で、うち106名は直接選挙に
よって選ばれ、51人は州議会で選出され、26人は同僚の上院議員によって任命
される。 ベルギー王位の継承者は上院議員でもある。

20071012a_5

ベルギーの司法制度の最高法廷は最高裁判所である。 最高裁判所の裁判長は、
内閣によって専任される。 高等裁判所は州レベルで職務を行い、民事および
刑事上の大きな事件を扱う。 高等裁判所は、ベルギーでは唯一の陪審法廷である。
上訴院は地方裁判所の事件の再審にあたる他、公務員の犯罪の審理にあたる。
地方裁判所は治安判事を裁判長として、比較的、重要度の低い民事および刑事の
事件の審理にあたる。

20071012a_4

ベルギーの3つの地域圏、フラマン、ワロン、ブリュッセルは、それぞれの地域圏の
人々によって選ばれた強力な政府を持っている。 地域圏の指導者達は経済、社会、
行政上の事柄については大きな権限を持っているが、ベルギーの9つの州政府内では
公務員と協力している。

各州にはそれぞれの議会と知事が居て、知事は閣僚議会によって専任される。

【お勧めの一冊】


>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村