香港の中心部である中環には、全長800mを合計23基のエスカレーターで
約23分を掛けて乗り継げる世界一の長さのエスカレーターがある。 1基の
長さは約30秒程度で終わるのだが、行けども行けどもエスカレーターが
続くため、なかなか頂上が見えない。 途中で力尽きてあきらめる観光客も
多いらしく、頂上に近づくに従って、人気が減って行く。

元々、香港島は急な坂道の多い地形で、その傾斜もきついことから、昔から
富裕層が多かったこのエリア周辺の人たちの日常生活は決して便利とは言えず、
地域住民の足として1993年に『ヒルサイド・エスカレーター』が建設された。

この施設の建設者および管理者は、香港政府運輸署(日本の国土交通省に当たる)
であり、法的には、交通機関という位置づけになっている。

【ヒルサイド エスカレーター】
IMG_6480
IMG_6478
IMG_6479
IMG_6477
IMG_6476
IMG_6474
IMG_6469
IMG_6468
IMG_6467
IMG_6465
IMG_6464
IMG_6462
IMG_6458
IMG_6461
IMG_6459

映画『恋する惑星』『ポリス・ストーリー/香港国際警察』などの舞台として
このエスカレーターが映画に登場すると、観光名所として脚光を浴びるようになり、
このエスカレーターそのものが旅行ガイドに掲載されるようになっただけでなく、
中途にソーホーなどの観光資源があることから、観光客の利用が多くなっている。

このエスカレーター沿いは、所狭しと商店や住宅が密集し、中国に返還されて
からも西洋風の町並みが広がり、独特の景観を見せている。 メキシコ風の店、
インド料理店、足つぼマッサージの店、レコード店などが軒を連ねている。”
 
【利用時間】 6:00~10:00:下り 10:00~0:00:上り
エスカレーター自体は24時間利用可能で、運行時間は決まっており、また時間に
よって運行方向が異なる。 逆方方向のエスカレーターはないため、
エスカレーター横にある階段を利用して中環へと帰るしかない。

行けども行けども、終点にはなかなかたどり着かず、終点付近に特に何かがある
訳でもない。 あくまでも、地域住民の足である。 その終点からヴィクトリア・
ピークス行きのケーブルカー乗り場までは、徒歩で約20分掛かるため、途中で
引き返すのもあり。 因みに、ヴィクトリア・ピークスは、ケーブルカーで
行くよりも、路線バスで行った方が遥かに安い。

【お勧めの一冊】


>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村