中国第四の都市である深圳は、経済特区にしていされており、香港に隣接している
ため、中国の中でも、最も活気がある街のひとつ。 1980年代に経済特区に指定
されて依頼、ものの数十年の間に爆発的な人口増加が起こり、農村から一気に
大都市へと変貌を遂げたため、広東省にある街にしては珍しく、普通話(北京語)が
使われている珍しい都市。 そぐ隣の香港では、100%広東語が使われているが、
川を越えて深圳へ入った途端、広東語の繁体字から北京語の簡体字へと言語表記が
一気に変わる。

深圳駅から地下鉄に乗り2つ目の駅である老街は、その名前とは裏腹に、若者の街と
なっており、夜でも非常に人通りが多い。 物価は、香港に比べると断然安く、
治安もそこそこ良いため、日本人には非常に住みやすい街だと思う。 香港ドルも
使用可能な場所が多いが、一部ではやはり、中国元しか使えないため、香港から
日帰りで行くにしても、両替は必須。 中国の両替場では、1回に付き800円前後の
手数料が必ず必要なため、中国でのこまめな両替はお勧め出来ない。

【深圳中心街の老街】
IMG_6363
IMG_6364
IMG_6365
IMG_6365
IMG_6366
IMG_6367
IMG_6368
IMG_6369
IMG_6370

深圳駅から老街までは、地下鉄で2駅であるため、歩けないことはないのだが、
中国の地下鉄の料金は、1区間2元(36円)であるため、特に歩く必要性がない。
但し、深圳駅から老街までは、繁華街が概ね続いているため、腹ごなしに2駅
程度であれば、歩いても良いかも知れない。

深圳駅自体は、国境駅であるため、特に何がある訳ではなく、高速列車の多くは、
深圳駅から更に30分程度行った深圳北駅から出ている場合が多いため、注意が必要。
そのため、深圳駅前は、中国第四の都市にしては意外とひっそりとしている。
地下鉄に乗ると余り分からないが、深圳は、至るところで建設ラッシュで、
そこかしこに高層ビルが出現しつつある、現在進行形の街。

住民票が確認出来ない住民を含めた周囲の推定人口は、1,200万人を超えており、
概ね東京都と同じ人口規模となっている。 隣の香港を人口でも抜いてしまった
ため、むしろ、深圳の方が勢いがあり、後10年もすれば、香港が北京語に飲み
込まれてしまう可能性がある。

【深圳から国境を越えて香港へ】
IMG_6375
IMG_6377
IMG_6378
IMG_6381
IMG_6384
IMG_6382
IMG_6376
IMG_6388
IMG_6390

深圳駅には、巨大なショッピングモールがあり、そこで半日程度時間を潰すことも
出来る。 特にお勧めなのが、『足浴』と書かれたフットマッサージで、60分間で
25元(約450円)と香港と比較すると、4分の1程度と、非常に安い。

深圳は、香港に隣接しているため、英語がある程度通じる。 通じない場合でも、
その周囲の人が通訳を買って出てくれる場合があるため、中国が話せないからと
言って、ものおじする必要性はない。 香港からはMTRで約45分ほどで行くことが
出来るのと、街の看板やメニューも漢字で書かれているため、日本人には比較的
行きやすい場所なのかも知れない。 尚、香港と中国の国境を通過する際には、
パスポートが必ず必要で、国境自体は歩いて渡る。

【お勧めの一冊】


>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村