19世紀の前半を通じて、アッパーカナダとローワーカナダは発展を続けた。
道路と運河が建設されて交通が便利になり、農耕地も増えた。 1809年に
カナダで建造された蒸気船がモントリオールとケベック間を運航するようになり、
7年後には五大湖でも航行が始まった。

人口が増加し、通商が発展するに連れて、植民地の統治方法への不満も高まった。
統治権は少数のイギリス人が握っていた。 通商の上で殆んど力のないフランス系
カナダ人は、19世紀の初期に移住して来た何千人というイギリス人によって、
自分たちの文化と生活様式が脅かされるという不安と抱いていた。

010546

イギリス系の支配に対抗して、政治改革を要求する気運が高まり、1837年に
2つの反乱が起こった。 1つは、ローワーカナダの政治家ルイ・ジョゼフ・
パピノーを指導者とするもので、もう1つはウィリアム・ライアン・
マッケンジーが率いるアッパーカナダの抵抗運動だった。 反乱は共に、
イギリス軍と民兵により、あっけなく鎮められ、2人の指導者と支援者たちは
アメリカ合衆国へ逃れた。

この2つの反乱が切っ掛けとなって、イギリス議会はカナダの状況を調べるために
ダラム伯ジョン・ラムトンを派遣した。 ダラム卿は、イギリス領北アメリカ
植民地に大幅な自治権を与えてはどうかと進言した。 イギリス内閣は、
この改革は拒んだものの、アッパー、ローワー両植民地のを統合すべきだという、
ダラム卿のもうひとつの勧告には賛成した。 1841年に統合された領土は、
『連合カナダ』と命名された。

1840年代になると、イギリス領北アメリカ植民地の諸州(その頃には連合カナダ、
プリンスエドワードアイランド、ノバスコシア、ニューブラウンズウィックが
含まれていた)は、責任政府である地方自治を目指した。 1850年頃までには、
その殆んどの州が責任政府を建てて、ある程度の自治を行うことをイギリス本国から
許されるようになった。

イギリス領北アメリカは、隣国アメリカと足並みを揃えて発展した。 通商が
始まり、互いを結ぶ鉄道も敷かれた。 イギリス領北アメリカはこの機会を
利用して、織物業、漁業、木材の伐採搬出業、製粉業などをはじめとする
経済活動を盛んにした。

【お勧めの一冊】


>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村