広州市(繁体字: 廣州市、簡体字: 广州市)は、北京市、上海市と共に、
中国の三大都市の一つに数えられており、人口約1,270万人で、広東省のみ
ならず、華南地域全体の経済、文化、教育、交通などの中心都市となっている。
また、隣りの深圳市を含めた四大都市が中国の『一線都市』に分類されている。



広州では、共通語である北京語も通用しない訳ではないが、広東語の中心地であり、
広州方言は、広東語の標準語として扱われている。 中国国内の他の地域と同様に
簡体字を用いているが、香港の影響を受けているため、一部で繁体字を用いようと
する傾向が強い。 広東語を話す地元住民の間で、普通話に対する反発が広がって
おり、1997年の中国への返還以後急速に標準語の普及が進む香港でも同様の反発が
起こっている。



広州市では他地域からの移住制限を設けていないため、移住者が実質市内人口の
約半数を占めるようになり、普通語しか話せない移住者が増加の一途を辿っている。
上海の事例同様、普通語のみでの教育となっており、両親が広東語話者でも、
子供は普通語しか話せないケースが増加している。 それに対し、学校教育側で
広東語の時間を設けるなどし、広東語離れに歯止めをかけようとの試みが続いて
いる。

【お勧めの一冊】


>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村